旅行・地域

2017年10月15日 (日)

定山渓ラン♪

土日に、アミノRC時代からのラン仲間に誘われて定山渓ランしてきました。

室蘭は紅葉はまだって感じですが、苫小牧を抜けて、千歳に入ると一気に紅葉がすすみ
ます。ここまで紅葉が進んでいるとは予想してませんでした。

天気予報は微妙な感じでしたので、上下ウィンドブレーカーで寒さ対策をしてきました。が、札幌に到着すると快晴。11時ころに札幌駅スタート、走り出すと暑くてすぐに汗が・・・

これはもっと薄着でもよかったかなぁ~と思ってましたが、真駒内を超えた付近から徐々に気温が下がってきました。2週間前に札マラで走った真駒内公園はすっかり紅葉していてびっくり。
17101401

さらに、藤野公園の紅葉はみごと! ピンクの葉が印象的でした。
17101402
17101403
こじんまりとした公園ですが、紅葉は綺麗だったので思わず足を止めて、みんなで撮影タイム。
17101405
インスタ映風?

途中の休憩を含めて、定山渓には3時過ぎに到着。ちょうど30㎞のラン~道マラ以来となるロング走でした・・・後半かなり脚が棒になってきましたが、ラスト1㎞はM好君とともに飛ばしてゴール! 一緒に飛ばしたのって北大ナイトラン以来かな?

定山渓の紅葉の最盛期
17101404
セイコマで大量に酒を買い込んで、夕食後はお約束の宴会~気が付いたら寝てました。
楽しい1泊2日でした。

2017年9月30日 (土)

果物狩り

今年も秋の果物狩りに行ってきました。
例年、札幌マラソンの翌週に行くことが多いのですが、今年はちょっと早めてマラソン前日に行ってきました。場所はもちろん壮瞥、車で1時間です。

壮瞥にはいくつもの果樹園がありますが、今年はメジャーでよく訪れているタカシナ果樹園にしました。ここもそうですが、せっかくホームページを開設しても、ほとんど更新されていないところが多くて、結局電話で問い合わせる必要があったりします。今日も朝に電話で目当てのプルーンがなっていることを確認してお出かけ。

さくらんぼとかいちご狩りの頃は駐車場に止めるところがないくらい混むのですが、今日は予想に反して空いていました。旬のブドウ園を貸し切り気分で楽しむことができました。
17093001
今日から解放したばかりの区画・・・ここまで鈴なりだとちょっと怖かったです。この写真のスチューベンが一番好みですね。なので、心行くまで味わいました。

プルーンも品種によって、旬の時期が異なりますが、この時期はベストかな?
17093002

そして、りんごも今年は当たり! というかさすがに大きくて1個しか食べられなかったので、よーく選んで取りました。
17093003

ナシはいつも外すことが多いのと、今年は台風の影響で9割がた落ちてしまったとのことだったので、パスしました。

もっともっと食べたかったけど胃袋が限界でした。

2017年9月15日 (金)

フランスへ

ここ最近、北海道マラソンを走り終えた週に旅行に出かけています。仕事だったり、プライベート旅行だったり・・・

今年はフランスに行ってきました。AM8:00千歳発の便で羽田に向かい、羽田到着が9:30(定刻)、そして、10:35発のJAL045便でパリ・シャルルドゴール空港に向かいました。これだと羽田の乗り継ぎ時間が65分しかありません。JALの規定では、羽田の自社便の乗り継ぎの最小乗り継ぎ時間が60分なので、ぎりぎりの設定です。でもって、羽田到着が少し遅れたため、急いで国際線ターミナルに向かいました。幸い、国際線の出発が遅れたため、免税店でショッピングする余裕がありました(事前予約してた)。

機材はB777、最近のJALのエコノミー座席はかなり余裕があって、隣との間隔も広いし、前の座席までのピッチも広めです。それと比べると、エールフランスとか、アメリカ航空はキチキチ、先日乗った、大韓航空の千歳→ソウル便は、国内線仕様の航空機だったらしくギチギチで最悪でした。

快適なのは、座席だけでなく、機内食も良かった。
17090201
若い料理人対象のコンペティション「RED U-35」の協賛企画で、歴代ファイナリストを監修シェフにした品々・・・これがめちゃ美味しかった。エコノミーでこれだけ美味しかったのは同じくJALのハワイ便以来です(こっちも有名シェフ監修)

パリには夕方に到着、日本の感覚だと、夕方6時を過ぎると暗くなるのですが、パリはサマータイムと緯度の関係から、8時を過ぎてもまだ明るいです。なので、ホテルにチェックイン後も余裕でショッピングを楽しむことができました。

シャルルドゴールから、パリ市内には「LE Bus Direct」(エールフランスバスから変わった)
を使ってみました。現地でもチケット買えますが、事前にネットで購入できますし、便利です。LINE2に乗り、凱旋門まで1時間かかりませんでした。

ホテルはそのバス停から歩いて1分ほどのめちゃ便利なロケーションにある「Hotel Belfast」を利用しました。日本語のサイトまであり、それをみると四つ星のようですが、実際には
17090202
三ツ星でした。ホームページで受ける印象とは違うのはよくあることですが、便利な場所にあるのは間違いないです。凱旋門がすぐ目の前ですし、シャンゼリゼ通りもすぐに行けます。
17090203
朝焼けの凱旋門、今回も気持ちの良い天気でした。

2017年7月16日 (日)

サクランボ狩り

ほぼ毎年行っているサクランボ狩り、今年も行ってきました。
今年はいろいろと土日に行事が重なり、行けるチャンスは今日か明日しかない。でも予報は雨・・・・

今日も朝はまだ雨が降ってませんでので、午前中のうちに行けばセーフだったかもしれませんが、あいかわらずの寝坊(^^)

ブランチを食べてから作戦会議・・雨でもカッパを着れば何とかなるしょ! ってことで行くことにしました。でも、外は土砂降りの雨。
とりあえず、営業しているかどうか確認するために、数ある壮瞥の果樹園の中から、「くだもの農家 浜田園」にTELしてみたところ、営業しているとのこと、しかもハウスがあるので雨の心配無用! これは助かりました。ということで、昼過ぎに出発。
17071601
タカシナのお隣にある果樹園でこれまでも何度かお世話になっています。さっそくハウスの中に入ってみましたが、
17071602
17071603
ちょうど旬ってことで、鈴なりでした。いくつか品種があるようですが、木に品種が書かれていないので、舌で美味しい木を探しながら食べました。途中で雨が上がりましたが、ハウスの中だけでお腹いっぱい。ハウスの外にもさくらんぼがあるそうなので、それはまた来年かなぁ。

ごちそうさまでした。

2017年5月28日 (日)

本輪西八幡神社・つつじ園

室蘭に住んでもう5年になりますが、まだ知らなかったこと、行ったことがない場所がいっぱい
数日前の新聞で、本輪西の八幡神社のつつじ園が見頃ってことを知って、行ってみました。

八幡神社はすごい階段があるってことで、トレーニングにいい場所ってことは知っていたのですが、つつじがあるとは知りませんでした。

17052801
予報では曇りだったのに日中冷たい雨が降った室蘭、午後には晴れて気温が上がってきたタイミングで訪れました。 色とりどりの花が綺麗!
17082802
この付近は神社・寺がいくつもあり、森に囲まれて、霊気というか心が落ち着く気を感じます。京都に似た雰囲気かなぁ。 高台にあるので、景色も良くていい場所ですね。

帰り道、甘い香りに誘われて老舗の中村屋へ
17082803
なんのお店か外見ではわかりませんが、ひっきりなしにお客が訪れる人気店です。
注文を受けてから焼くのもこだわりなんですって教えてもらえました。

ということで、たい焼きを美味しき頂きました。
17052804

2017年5月 4日 (木)

黒松内&寿都を堪能

今年のGWは特に遠出をすることなく、近場を日帰り旅行。

以前、札幌のデパートで偶然知った、黒松内のチーズやベーコン、地図で場所を調べてみると、室蘭から85㎞ほど・・札幌より近いじゃん! ってことで、以前から行こうと思ってました。

ついでに、美味しい牡蠣とか海産物食べたいなぁ~っと調べていたら、日本海側の寿都の牡蠣がまさにこの時期が旬とのこと・・・これまた地図で調べてみたら、なんと、黒松内の隣町!室蘭から100㎞ほどでした。 ということで、旅行先決定!

朝9時出発(本当は8:30予定が(汗)、途中、道の駅に立ち寄ったりして、寿都に11時過ぎに到着。寿都の牡蠣では、「かき小屋 吉野商店」がネットで検索するとヒットして有名店のようです。とりあえずそこを目指してみたところ・・・なんとものすごい行列。こりゃ、1時間以上またられるよなぁ~ってことで諦めました。事前に第2候補としていた、近くの海産物食堂、こっちは客待ちゼロですぐに入ることができました。

私はうにラーメン
17050401
スープは濃すぎることもなく、美味しかったです。妻はほたて定食
17050402

そして、これはメニューにはありませんので、ノーコメント
17050403

しっかり堪能したのち、寿都の中心街に移動して、直営市場&道の駅へ。ここでは期間限定で牡蠣やほたての蒸し焼きがありました!
17050405
生と比べると、身が締まって小さくなりますが、その分、味も凝縮されて濃厚!
17050404
この日は20℃超えの快晴、やっぱビールとかキンキンに冷えたワインが飲みたーい。

その後、黒松内に移動して、最初に向かったのが、トワ・ヴェール
チーズやソーセージとかを作っているところを見学できます。食堂もあり、ここのチーズフォンデュは次回絶対食べよっと。
17050408
さらにここからの景色が最高!
17050407
広大な新緑の牧草地にその先にはまだ残雪が残っている山々・・綺麗でした。
その後、道の駅(トワ・ヴェールII)へ。こっちは往路でも立ち寄りましたが、凄い人、人気のパン屋もレジ待ちですごい行列ができてました。 さらにピザはなんと45分待ち、それでも覚悟の上に注文したところ、
17050409
実際には20分ほどで出来上がり、地元のチーズをふんだんに使ったマルガリータ、美味しかったなぁ。次はソーセージとか入ったピザにしよっかな。

食後はやっぱりこれでしょう。
17050410

当初の予定では、帰りに洞爺湖温泉によるつもりでしたが、黒松内温泉があるとのことで行ってみました。
17050411
大人500円ですが、道の駅で配布していたパンフで割引された400円です。掃除が行き届いていて気持ちの良い温泉ですね。
近くの散策路には、かたくりの花が満開
17050412
秋には黒松内駅伝が開催されますが、空気も水も綺麗だし、それとは別に走りに来ても良いなぁ。

2017年2月25日 (土)

東京マラソン2017前日

東京マラソン前日

昼過ぎに東京入り、普段はJALしか乗らないのですが、旅費削減のため6千円で取れた道民の翼AirDoに久しぶりに乗りました。

羽田到着後、ビックサイトでゼッケン引き換え
17022501
ここを訪れるのも10年以上ぶりかな? この日は見ての通り天気は良かったのですが、少し肌寒さを感じる気温、やっぱりTシャツで走るのはきついかなぁ~。
ゼッケン受け取りはすぐに終わったのですが、
17022502
この参加者全員の名前が載っているボードで自分の名前を探すのに夢中・・途中からムキになって探しました。ゼッケン番号順に並んでいるのでそれほど難しくないかと思って軽い気持ちで探し出したのですが、なかなか見つからなかった。ちょうど背景が濃い色の場所だったので、見つけにくかった。

会場はスポンサーとかのブースがいっぱいあり、丹念に見ていたら半日くらい潰せそうな感じですね。規模の違いに圧倒。 

その後、銀座に移動し、別件で東京入りしていた妻と合流してプラプラ散策。
夕食は知る人ぞ知る、銀座の暗い裏通りにひっそりと店を構える麺屋
17022503
ここで濃厚酒粕ソバを頂きました。めちゃ美味かった!
17022504

宿泊場所は新宿駅近くの小田急サザンタワーホテル。かなり早い段階で予約したこともあり比較的安い値段で泊まることができました。
ですが、室内はめちゃ立派! 都内でこれだけの広さのホテルに泊まれるとは夢のようだわ
17022505
ホテルは20階以上なので、夜景もばっちり
17022506
夜景を眺めながらワインをチビリちびり飲むと最高なのですが、そこはレース前日、飲むわけにはいきません。

2016年12月17日 (土)

室蘭の土地

室蘭って住みやすいか?と聞かれると、うーん、難しいですね。魚介類は新鮮だし、札幌に日帰りで行けるし、雪は少ないし、夏は暑くないし。ちなみに今年は真夏日(30℃超え)はゼロでした。そして今現在の積雪はゼロ
16121701_2
アメダス観測点で積雪がゼロなのは室蘭市と根室だけでした。とはいえ、外を見ると1㎝くらい雪が積もってます。地形が複雑なので、市内でもかなり積雪が違います。
雪が少ないのはよいのですが、風が強いのが難点、今日も風速10mの強風が吹き荒れています。

そんな室蘭で土地探しをすると、結構大変です。かつては人口18万を抱え、道内一番の人口密度だったそうです。現在でも札幌市につぐ人口密度だそうです(Wikipediaより)。平地が少ないので、傾斜地にもたくさんの家が建ってます。8月には空き家対策特別措置法に基づく道内初の空き家の撤去が行われてニュースになってました。その対象となった空き家も傾斜地、なので解体費用が800万円にもなったそうです。場所は人気の東室蘭駅に近く、平地なら、それなりに高く売れるはずですが、傾斜地だと地価はほんのわずかだと思われます。実際、市内で売り出し中の土地を見ると、60~90坪の住宅用地で駅周辺なら1000万円近くするものもありますが、傾斜地では100万円でおつりがくるくらいです。

では、平地はよいかと言えば、室蘭の平地はほとんど地盤が軟弱です。おまけにハザードマップを見ると、ことごとく津波の浸水予想地区となってます。市役所、胆振振興局、室蘭駅がある中央町付近や、ショッピングセンターがある中島町、東室蘭駅周辺は軒並み2,3mの津波が予想されています。人口が増えている隣の登別市の鷲別付近も登別市のハザードマップを見ると最大4,5mの浸水が予想されています。

ちなみに、現在のハザードマップが公開される前に発行されていた平成19年版のハザードマップをみると、津波は海岸のごく限られた場所だけに限らられていて、人が住む地域はほとんどすべて浸水しない想定になってました。ということで、現在のハザードマップをあんまり信用できないんですけどね。

かつての人口が多かった名残で、古くからある住宅街はビックリするくらい住宅が並んでます。

通常の住宅街なら、どの家も公道に面するように建てますが、室蘭だと、ひとつの区画に4列、5列と住宅が並んでます。実際には乗用車一台がようやく通れるような狭い道路があるんですが、これだと、空き家の解体とか新築とか難しいですよね。おまけに、人口が減って地価が下がってしまったため、空き地になっても売ろうとしない地主さんが多いんだとか。そいうところはどんどん駐車場、広めの土地はアパートになってます。賃貸の需要は多いらしく、賃貸の家賃は札幌の地下鉄沿線並みです。

室蘭で唯一?津波の心配がなく、地価が安く、広い土地が余っている場所と言えば、八丁平がありますが、標高が100mほどあるので、買い物するにしても何をするにしても毎回坂を上り下りしないといけないのが大変です。おまけに雪が多いし、風も強い。
 やっぱり難しい土地ですね。

2016年11月26日 (土)

雪の東京

今月は出張が多くて、全然走り暇がありません。おまけにマイアミでかかった風邪が
良くならず、長引いてます・・・

23日は東京へ、この日は移動日だったので、東京をぷらぷら散策
16112302
青山某所の紅葉、天気予報では午後から雨でしたが幸い持ってくれました。
たまたま東京に滞在していた妻と合流して、ランチ&ディナー
16112303
新宿伊勢丹のあえん、お気に入りのお店です。
夜は銀座に移動して、ミシュランに掲載されたというカレー屋さん
16112304
16112305
たしかにうまい! でも、室蘭のネパールカレー屋さんも負けていないかなぁ~という印象です。

この日は10℃近くあったのですが、翌日一気に気温低下、東京で観測史上初の積雪だったそうです。私は群馬に移動していたのですが、
16112306
大宮付近でもう大粒の雪が・・・そして一面冬景色
16112307
翌日にはほとんど溶けましたが、この雪もあり、朝ランは断念・・・本当は飲み会で飲み過ぎて、起きれなかっただけなんですけどねー。

帰りは金曜日のJAL最終便で帰宅予定、すっかり天気も回復して、列車も遅れなし。飛行機も問題なく飛んでました。で、羽田に7時ころに到着して、のんびり夕食を取ってから、カウンターに荷物を預けようとしたら・・・、搭乗予定の便が30分遅れとのこと、となると、千歳到着が10:30頃になってしまい、室蘭行きの最終列車(すずらん)に間に合いません(>_<)。 

千歳泊は嫌だったのですが、ひとつ前の便も遅延でまだ出発しておらず、しかも空席待ち3人目だったので、何とか乗ることができました。ふと気が付くと、携帯に登場予定便が遅延するとのメールが届いてましたが、送られてきたのがカウンターで手続する直前・・あんまり意味がなかったな。今回は無事に振替できましたが、せっかく空港に早めに到着していたんだんだから、電光掲示でフライト情報をチェックしておくべきでした。

2016年11月20日 (日)

帰国

アメリカから帰国してきました。帰りはシカゴ経由
この日は天気が良く景色を楽しむことができました。

16112003
15年ほど昔、Microsoftのフライトシミュレーターで散々飛んだシカゴ上空、とっても見慣れた景色です。オヘア空港もよく着陸したものです。

16112004
計画的な都市計画があったんでしょうけど、見事な碁盤の目、そして地平線の彼方まで続く直線道路。札幌とかの国内とはスケールが違いすぎます。さすがアメリカです。

シカゴからアメリカン航空のAA153便、機材はB787でした。ただ・・・座席が3+3+3とやっぱりギチギチ仕様・・・狭いね~。
幸い前が前席がなくギャレーとなっていて足元広々な席を指定できたので、寝心地は悪くなかったです。この席とか、非常口座席では、前席がないので、個人モニタは自分のシートのひじ掛けの下に格納されています。ところが、このモニタが出てこない・・・いくら引っ張ってもびくともしない。隣の席の人も苦労していて、CAさんを呼んだんですが、この列の人は苦労していて、2,3人がかりで出しているようですよ~とのこと。で、ちょっとだけ引っ張り出すのを手伝ってくれましたが、すぐに私は手伝えませんが~と言って去ってしまった。この日本人CAさん、ちょっと冷たい感じでした。一方、アメリカ人CAさんのおばさんはフレンドリーで好印象でした。

ひじ掛けの横に黒いレーバーががあり、そこに「Release」と書かれているので、これを押すとモニタが出るようなのだけど、それが全然動かない。件のCAさんもこれを捻る必要があるんです。とは言っていたけど、少ししか動かない・・・あれこれ格闘してしていたところ、ふとした偶然でこのレバーが動き、あっさりとモニタを出すことができました。
 どうやら、格納されているモニタを少し押すと、レバーが動かせるようになるようです。「押してダメなら引いてみな」の逆パターンですね。

今日もあの機に乗った人は格闘しているのかなぁ~。

モニタが出てきて、無事に映画を堪能できるかと思ったら、今度はイヤホンの片方から音声が出ない・・・これはCAさんに言ったら、ポケットからすぐに代わりのイヤホンを出してくれました。いかにも安っぽいイヤホンだったから、おそらく故障率が高いんでしょうね。

機内食(これは日本→アメリカ便)
16112001
16112002
美味しくはないですが、食べられないレベルではないです。エコノミーとしてはこんなものでしょうか。
ワインは白が少し酸味が強かったものの、赤はなかなかなレベルでよかったです。
食事前、食中、そして食後にもお代わりいかがですか~と回ってくる上に、夜食のときにも頼めるので、4回飲めるのはうれしいですね(夜食はビールにしましたが)。 一時期、アメリカ系航空会社はアルコール有料化していたのがウソみたいです(今でも一部のアルコールは有料ですが)



より以前の記事一覧