携帯・デジカメ

2019年5月13日 (月)

スマホ更新~シャープSH-01L購入

連休中にスマホを買い換えました。

今まで使っていたのが富士通のARROWS NX F-01F、動作は安定しているし、一日数通のメールをやり取りするくらいなら1回の充電で一週間近く持つ「神スマホ」でした。そんなこともあり4年以上使続けてましたが、バッテリーのへたりもほとんどありませんでした。

ということで、今後も使い続けたかったのですが、OSであるAndroid4.4に対応していないアプリも増えていました。さらに、
半年くらい前から動作がやけに重たく感じるようになりました。ブラウジング中に極端に動作が遅くなりフリーズのような状態になったり、Googleマップの動作が重く、「応答しません」とのメッセージがたびたびでるようになってしまいました。先日京都出張中のこと、Googleマップで道案内させようとしたのですが、動作が重たいうえにバッテリーが恐ろしい勢いで減ってしまい、数時間でバッテリーが空になってしまいました。

同じ日に購入した妻のスマホ(シャープSH-01F)もやはり同様の症状とのことで、一緒に買い替えることにしました。

で買ってきたのがシャープのSH-01Lです。ドコモのミッドクラスのスマホで、毎月1500円引きになるdocomo with の対象機種です。妻も同じスマホで色違いにしました。

新旧スマホを並べてみると

19051301_1

手あかがついたままですみません~。大きさはおぼ同じですが、画面が少し縦に長くなっています。

主なスペックを表にしてみました。

19051301

サイズ、重量はほぼ同じ。旧機種は4年以上前のモデルとはいえ当時のハイエンド機種だったので、今でも見劣りしないスペックです。そんなこともあり、ほとんど互角の機種に乗り換えても大丈夫なのかな~と不安でしたが、実際に使ってみると、やっぱ全然違いますね。動作は軽快で重たいと感じることは皆無です。買い換えて正解でした。意外だったのが通話の音声がとてもよく聞こえることです。音の臨場感がとても良いです。電話機としての基本機能が優れているのはうれしいですね。

唯一? 残念なのが、バッテリーの持ちがちょっと悪いことです。3日くらいしか持たない感じです。

前回、機種変更したときは、データのコピーやら初期設定にかなり苦労した記憶があったのですが、今回はほとんど何も設定せずにGoogleアカウントの設定をしただけで、ほとんどのデータや設定情報を移行できました。自分で移さないといけないのはおサイフケータイと、通話記録・ショートメッセージ(SMS)くらいでした。SMSの移行は専用のアプリをインストールして作業する必要があります(ドコモ提供のデータコピーでは移行してくれない)

購入はドコモショップで行ったのですが、私はほとんど自力で移行、妻はショップの店員さんにやってもらったのですが、妻のスマホはWi-Fiの設定情報もコピーできているのに対して、私はできていません。なので自宅の無線LANをはじめ、一から登録しなおしです。同じスマホなのに初日から差がでてきてしまいました。前回の買い替えではお互い違う機種にしたためにトラブルのときに対処に苦労したので、今回は同じ機種にしたんだけどなぁ。

Docomo with 対象機種なので、毎月の料金が約4500円から3000円になります。ほとんどWi-Fi運用で1GB/月も使わないので、6月から開始の新料金プランにするとさらに安くなって2000円/月ほどになる予定です。

 

2018年2月15日 (木)

ホワイトバランス

デジカメ Canon PowerShot S120を愛用してます。もうちょっと望遠が欲しいこともありますが
基本的な機能や画質には大満足してます。

お手軽な反面、すべてお任せで撮っていると、カラーバランスというかホワイトバランスが
大きくずれてしまうことがあります。

自室で撮ったBB-8缶・・・チョコレートの缶ですが
18021403
背景のフローリングが黄色っぽくなってしまいました。BB-8の白も青白くなってます。
少し型番が異なりますが、Panasonicのフローリングでいうと、「オーク色」のように見えますが、実際には「チェリー色」です。画像編集ソフトで修正して実物に近い色に変えてみると
18021501
こんな感じです(もう少し落ち着いた色ですが)。それにしてもどうしてこんなにも崩れるのかな? 人工光源のスペクトル分布と関係があるのかな。

少しカメラのカラーバランス機能をいじって見た感じと同じになるのか試してみましたが、なかなか難しいです。白熱電球や蛍光灯向けの設定はありますが、LED照明はさすがにありませんでした。今のLED照明は青色発光LED+黄色蛍光物質の組み合わせが主流ですが、こういうすこしいびつなスペクトル分布をしていると、カメラのRGBの特性と人間の目の特性にずれが生じるのでしょうか?


2018年2月 1日 (木)

TV、洗濯機、つづいてスマホが故障!?

年末にTVが故障し、先週末に洗濯機が故障・・・・

その翌日(日曜日)、しかたがないので電気屋さんに行って、新しい洗濯機の下見でもしようかということになって、出かける直前。いきなり妻が使っていたスマホの電源が落ちて、それっきり動かなくなってしまいました。停止する直前、使っていたアプリの応答が無くなって、終了させますか?とのダイヤログが出たとのことですが、その指示に従って強制終了させたところ、電源が落ちてしまったとのこと。

電源ボタンの長押しでも立ち上がらず、さらに充電をさせても、充電ランプが点灯しません。ということは完全に死亡しているようです。

とにかく、この状態ではどうにもならないので、予定を変更してドコモショップに駆け込むことに。

修理受付の順番待ちの最中に店員さんが状態をチェックしてくれたのですが、はやり壊れているだろうということでした。この機種(シャープSH-01F)は4年前から使っていますが、電源ボタンに弱点があり、一度基板を交換してます。とうことで、それほど古いわけではありません。

故障の際は5000円で交換できるサービスに入っているので、今回もそれを使うことができますが、思い切って新しい機種に交換して、去年から開始された、毎月1500円OFFになる「Docomo with」を使おうかと思ってました。

でも、これの対象機種って、今使っている携帯とほとんど機能は同じかやや劣っているんですね。

どうしよっかと~待合スペースで放送されていた大阪国際女子マラソンを見ながら、夫婦で話し合い。その合間に妻が故障したスマホをいじっていたら・・何事もなく起動!

ということで、修理or買い替えは中止して、とりあえず様子見することになりました。

・・・という出来事が日曜日にあったのですが、4日経過して今のところ無事に動作しているようです。 さすがに1か月の間にこうも立て続けに故障が起こると、何かあるんじゃないかと思ってしまいますが、とりあえず復旧したので良しとします。

2015年8月 8日 (土)

Canon PowerShot D30 画質チェック

先日購入してきた防水デジカメPowerShot D30と現在のメイン機であるS120と比較してみました。

基本性能は断然S120の方が上です。映像エンジンはD30がDiGic4、S120はDiGic6 で二世代も違いますし、センサーサイズも1/2.3と1/1.7とS120の方が大きいです。レンズも開放Fが3.9と1.8で全然違います~D30の暗いレンズが気になるところです。

夕方、少し薄暗い中で試し撮りしました。D30はAuto、S120はPモードです。どちらも4000×3000サイズです。

150808d3001
Power Shot D30 (800×600に縮小)、f3.9, 露出1/500秒、ISO-400です。

150808s12001
Power Shot S120 (800×600に縮小)、f2.8, 露出1/200秒、ISO-80です。

等倍で切り出してみると
150808d3002
D30

150808s12002
S120

シャッタースピードと感度が異なるので不公平な比較ですが・・でも、圧倒的にS120の方が綺麗ですよね。D30はISOとかの調整がすぐにできないし、水中とかではお任せ撮影になると思われるのであえてAutoモードで撮影しました。

どちらも裏面照射CMOSですが、D30の方は、この撮像素子の欠点といわれている眠たい画質ですね。晴天のときはどうなるか、後日検証してみたいと思います。

2015年8月 6日 (木)

Canon PowerShot D30 購入

現在愛用しているデジカメ Canon PowerShot S120は故障せずに元気に動いていますが、札幌に行ったついでに PowerShot D30をヨドバシで購入してきました。

最近、海でも使える防水デジカメが欲しくなっていたんです。去年ハワイに行ったときに、ハナウマ湾の綺麗なサンゴ礁とか熱帯魚とか、ビキニとか(^^) を撮れなかったので、防水デジカメが急に欲しくなりました。 候補としては、現在メインで使っているS120専用のウォータープルーフケースWP-DC51を購入する案、あるいは、防水デジカメを新たに購入する案、二つの案が考えられます。それぞれ長所・短所があって悩みました。

S120ウォータープルーフケースの利点
・愛用のデジカメがそのまま使えるので操作を新たに覚える必要がない
・水深40mまで使える(D30は25mまで)
・安い(2万円強)

S120ウォータープルーフケースの欠点
・カメラをすっぽり覆うケースなのででかい~ポケットに入らない
・万が一水没させると、カメラが使えなくなる(予備機がない)
・ケースの出し入れが面倒

一方、防水コンパクトデジカメは安いものでは1万円以下からありますが、水深10m超となると、CanonのD30くらいしかありません。この機のメリットは

PowerShotD30の利点
・S120とほぼ同じ操作体系、PCとの接続方法も同じ
・バッテリーもS120と共通
・ポケットに入る
・もしS120が壊れたときのサブ機としても使える

PowerShotD30の欠点
・値段が高い(2万5千円程度)
・レンズが暗く、画質もS120より劣る
・海中で落とすと海底に(浮力つきストラップで回避可能)

こんな感じで検討して、D30を購入してきました。ついでに32GBのSDカード、水に浮くストラップも合わせて購入しました。
15080602

S120との比較ですが、サイズは一回り大きい感じです。操作方法はS120をシンプルにした感じなのでマニュアルなしでもほぼ機能はわかりました。ファンクションボタンとかは、防水性のためか押しにくいですね。それと、レンズが本体に収納されたままなので、両手でカメラを持つと、左手の指でレンズをふさいでしまう恐れがあります。基本は右手だけの片手操作でしょうか。

さて、これの最初の出番ですが・・とりあえずナイショです。

2015年6月 5日 (金)

F-01F 半日から3日持つスマホに復活?

3日持つスマホがうたい文句のFujitu Arrows NX F-01Fを愛用してます。ところが、OSをAndroid4.4にVersionUpしてからバッテリーの持ちが半日程度まで短くなってしまいました

同じトラブルは他社スマホを含めて報告されていたので、そのうち原因となっているアプリが更新されるかな~と思って我慢して使っていたのですが、いつまで経っても改善されず(>_<)

これじゃ、出張や旅行のときに困るんだけど~と思っていたのですが、不思議なことに旅行に持っていくとバッテリーの持ちが改善されて2,3日、充電なしで持ってしまいます!?

最初はたまたまかなぁ~と思っていたのですが、それが何度も続いたので、何か理由があるはずと思って、理由を考える・・・旅行中は車内or機内等でWi-FiはほとんどOFF,一方普段の日常生活では自宅、職場共に無線LANで常時接続。

違いはこれしか思いつかなかったので、ためしにWi-FiをOFFにしてみたところ
15060401
3日経ってもまだ使えてます! 3日どころか4日使えるスマホになってました。途中バッテリー消費の激しい区間はWi-FiをONにしていた期間です。

ということで、激しいバッテリーの消費はWi-Fiが原因でした。
現在、2段階のパケット定額制のプランを使っているので、LTE/3G通信のパケット通信を抑えると月2千円以下になります。なので、データ通信は常時OFFにして、通信はもっぱらWi-Fi経由で行ってます。それもあって、スリープ中もWi-Fi接続を維持するように設定しています。

 でも、ドコモの場合、キャリアメールは、データ通信とWi-Fiを共にOFFにしても着信があった場合は通知が入るので、常時Wi-FiをONにしておく必要性はあまりないんですよね。アプリの更新をWi-Fi経由のみに設定しているので、その更新をスリープ中にバックグランドでできるかどうかの違いがあるくらいでしょうか?

OS更新前はWi-Fi常時ONでも電力を消費しなかったので、ハードウェアに近いレベルでの電力制御に問題があるのかな~。デバイスドライバレベルのデバックは、私のようなユーザーレベルではとても難しい・・・知識も環境もないので無理です。

ともかく、原因がわかってのでWi-Fiは使うとき以外はOFFにして運用しようかと思ってます。バッテリーの寿命を考えると、毎日充電するのと、3,4日間隔で充電するのとでは大違いですしね。

***後日談***

その後、1回の充電でどこまで使えるか試してみたところ・・・

15061303

1週間使えてしまいました。まぁ、一日にメールを数通送受信するだけにしか使っていないのもありますが・・・。 Wi-Fiの設定を変更して、画面を消灯しているときはWi-FiをOFFにすることにしました。

2015年3月 3日 (火)

3日持つスマホから半日持つスマホへ(>_<)

現在愛用のスマホ Fujitu Arrows NX F-01F 先月にOSのアップデート(Android 4.4へ)が公開されました。画面にアップデートを促す表示が出たので、私も更新したのですが・・・

その後、なんとなくバッテリーの持ちが悪くなったような。。。いや、明らかに持ちが悪くなった! このスマホ、3日持つことが売りで、充電後、実際3日目でも使うことができました。
 ところが、OSをアップデート後、一日しか持たないことが度々・・・

昨日も帰宅前にバッテリーが切れ、今朝、フル充電状態で出勤したのですが、帰宅してバッテリー容量を確認したところ、
15030301
(ピンボケ許して~)
稼働時間半日でバッテリー残量が22%しかありません。これじゃ一日持ちません!
しかも、この日は、メールを4,5通送受信しただけ。受信後はすぐに起動中のアプリを全部停止させて、画面もすぐに消しておきました。 使用割合をみると「しゃべってコンシェル」が6%使ってますが、この日は使った記憶も立ち上げた記憶もありません。

OSを4.4にVersion up してからバッテリーの消費が激しくなったという報告は価格.comのクチコミでもちらほら話題になってますし、他社のスマホでも同様の事例があるようです。Sony製品の場合は、「Google Play開発者サービス」の消費が激増する事象が発生するようですが、このスマホの場合は4%しか使っていないのでそれとは違うようです。

アップデート直後はストレージ内の最適化とかでしばらく電力消費が増えるらしいですが、私のスマホはアップデート後、すでに2週間は経ってます。なんだろうなぁ~。

2015年1月17日 (土)

Canon PowerShot S120 やっとリコール

昨年から夏ごろから電源トラブルが発生していたCanonのデジカメ(Power Shot S120)
自分で対策して一応トラブルはほとんど起きなくなっていたのですが,メーカーがようやく?不具合を認めて無料修理を開始しました。

コンパクトデジタルカメラ「IXY 120/ 140/ 630」「PowerShot SX280 HS/ S120/ S200」の無償点検・修理のご案内

同期に発売された兄弟機種でも同じトラブルが発生してましたので,リコール対象は6機種に及びます。もっともその前の機種でも同様のトラブルでリコールをかけてますね。

私のカメラもシリアルNoを確認したところ,リコール対象でした(当然かな)。早速修理して欲しいところですが,これだけの機種を一度にリコールをかけているので,修理に時間がかかりそうな気がします。当分様子見して,落ち着いた頃に申し込もうかな。

プレスリリースをみると,不具合があるのは一部のロッドだけのようにも見えますが,シリアルNoの特定の数字が0~1が対象ということで,初期生産分が全て該当していそうな気がします。バッテリーの接点の部品のロッド不良ではなく,設計ミスな気がするのですが・・・

2014年10月22日 (水)

PowerShot S120 電源が入らないトラブル~解決?編

今年の夏ごろから電源が入らなくなるトラブルが頻発していたCanon PowerShot S120ですが,9月の旅行ラッシュの前に対策をしてみました。

このカメラと同時期に発売された兄弟機種に共通して,電源を入れた際に,バッテリーが新品にもかかわらず,「バッテリーを充電してください」との表示が出て起動しなくトラブルが発生しているようです。バッテリーを何度か出し入れすると直るのですが・・・貴重なシャッターチャンスは当然逃してしまうわけでストレスたまりまくりでした。 トラブルが発生するのは電源ONのときだけ,しかも,レンズを起動せずに画像再生ボタンを押して液晶表示をさせるだけなら症状は起きません。 ということで,レンズ起動の大電流により,バッテリーと本体との接点抵抗のよる電圧降下が発生して,閾値電圧を下回ってエラー表示が出るようです。

バッテリー,本体ともに接点は金メッキされています。
14102102
写真の三つ並んだ突起が接点で板バネのようになっています。そして,バッテリーを差し込んで,オレンジ色のロックで固定することで,この接点に押さえつける仕組みになっています。
14102101
接点抵抗を減らすためには,より強い力で押し付ければ良いわけで,他機種(S200)ではふたのところにスポンジを入れたりして直している人がいるようです。

私はバッテリーの底(爪が当る部分)に梱包用のポリプロピレンテープを2重に貼ってみました。
14102103

効果はばっちりで,2回の海外旅行で数百枚の写真を撮りましたが,この対策以降,エラーが発生したのは1回きりでした。 バッテリーはNB-6L, NB-6LH どちらもこの対策で大丈夫なようです。

★追記! 2015年1月15日Canonからこの機種を含めて複数の機種で,このトラブルに関する無料修理を発表しました

2014年8月26日 (火)

PowerShot S120 電源が入らないトラブル(*_*)

今年の1月に購入したばかりのCanon のデジカメ PowerShot S120ですが,最近電源が入らないトラブルが頻発するようになりました。

最初のこの症状に気がついたのが,6月末にラジオ出演したとき。CM放送中に応援の人たちと一緒に写真を撮って貰おうと,カメラを局の人に渡したところ・・・バッテリー切れとのこと。少し前まで正常に動作していたので変だなぁ~とそのときは少し疑問に思っただけでした。

ところがその日以降も,たびたび電源を入れると「バッテリーを充電して下さい」との表示が現れて,電源が入りないトラブルが発生~もちろんバッテリーはしっかり充電されています。しかも,しばらく時間をおいてから再トライすると何事もなく起動したり,あるいはバッテリーを取り外して入れなおすと動作したり,電源が入ったかと思ったらすぐに電源が落ちてしまったり・・・どうやらバッテリーと本体側の電極の接点の接触不良が発生しているような感じです。 しかも,その頻度が日に日に高まっており,先日の日曜は2回に1回程度の頻度で発生しました。10回くらいON/OFFやバッテリーの出し入れをしてようやく起動する感じで,せっかくのシャッターチャンスを逃しまくりでした。これじゃ困るんだよな~。

Googleさんに聞いてみると,同様のトラブル事例があるようです。たとえば,価格.comの口コミ情報には同じ事例が報告されてます。 私の場合は他社製互換バッテリーは使用せず,純正のNB-6LHと,NB-6Lを使用してます。 また,兄弟機種のS200に関しても同様のトラブルの報告のブログがあります。この方はスポンジを入れて対策しているようです。

さらに,同世代のカメラ IXY 610F 620F でも同様の電源トラブルがあり,Canonが無償修理をしています。 Amazonのレビューを見ると,この修理をしても再発している人もいるようで・・・

バッテリー,カメラ側どちらも電極は金メッキされているので,接触不良は起こらなさそうに思えるのですが,起動時のレンズ駆動の大電流で電圧降下したときに,僅かな接触抵抗の影響で,電圧が規定値を下回ってしまうのでしょうか? この辺のマージンが少なすぎるのでしょうか。この頃のデジカメ共通の問題点がありそうです。少なくともS100ではこのトラブルは皆無でした。起動時の電圧降下が影響しているとすると,容量の小さい(内部抵抗が大きそうな)NB-6Lは使わない方が良い気がするので,しばらくNB-6LHだけを使ってみて様子をみるかな。

ここ数年のCanon製品への信頼性は???です。プリンタは昨年5月に故障,先代のデジカメPowerShotS100も昨年,旅行中にレンズエラーで電源が入らなくなるトラブルが発生してしまったり, 今回のS120も大事なときにトラブル発生。 来月は海外を含めて旅行が入っていて,もう修理に出す時間がないのは困ったものだ。

後日談:バッテリーでテープを貼って対症療法で改善しました!

★追記 2015年1月15日Canonはこの機種を含む複数の機種で,このトラブルに関する無料修理を発表しました