ランニング

2020年4月15日 (水)

室蘭・登別~探検ラン その1?

昔から地図を見るのが好きで、インターネットがない時代は地図を買ってきて眺めたりしてました。今はネットでGoogleマップとかで世界中の地図を見ることができるので便利な世の中になったものです。

室蘭に引っ越してきてからも、暇を見つけては地図を眺めて、その場所に実際に走って向かってみるのを楽しんでます。室蘭は地形が複雑でしかも、かつて道内一?の人口密度だったことから、山の奥まで住宅があり複雑な道がいっぱいあります。今は廃れていて廃道になっているところも少なくありません。

普段はGoogleマップを見ることが多いのですが、国土地理院の地図を眺めていたら、見慣れない道を発見

20041510地理院地図より、一部改変

赤で囲った破線の道はGoogleマップには存在しません。天神町の清滝不動尊の付近から、水元町の激坂(いつも練習している坂)の山頂につながる小道が存在していることになっています。他社の地図を確認すると、インクリメントPの地図にも

20041511

全部ではないですが、水元激坂側に一部、道路が描かれています。この道が本当に存在するのか確認してみました。

まずは、天神町側の入り口、Googleのストリートビューで見ると道路から階段が見えますが、これは個人宅への階段です。その横の木が茂っているところが入り口となりますが、どうみても存在しません。しかし、清滝不動尊側から回って鉄塔の横から入ると道が存在します。

 20041513

丁寧に笹が刈られており、誰かが整備している様子がわかります。ちなみに写真には写っていませんが、道路の両脇にはかなりのごみが不法投棄されてます。ちょっと残念な気分に。
 この道を進んでいくと、

20041514

最近付けられたであろう、階段と短管パイプでできた手すりがあります。あまりにも新しいので逆に不安になりながら階段を上り切ると、水道の施設らしきものがあり、そこで道が終わってました。不安的中です。あたりを見渡しましたが、先に続く道はわかりませんでした。

今度は反対側の入り口、水元激坂の山頂に行ってみました。ここは毎週のように坂道練習で走っているところなのでよく知っている道、地図にあるような道は存在しないはずですが、確かめてみると、ありました!

20041515

たしかに笹がなくなっていて、人(動物?)が通った跡が見えます。しかし、先に進むと、だんだんと笹が深くなっていき、

20041516

写真だとわかりにくいのですが、一直線に笹の背丈が低くなっていることがわかります。かつては道だったようですが自然に還りつつあるようです。以前、山頂で出会った人に聞いたところによると、かつては鷲別岳の登山道だったそうです。実際、激坂の山頂から、ダンパラに向かって道が伸びてます。この道も途中でだんだんと笹が深くなっていきますが、Googleマップの航空写真でもまだ、道が残っていることが確認できます。

笹を漕いでいけばいけなくもないのですが、マダニに刺されるリスクがあるのと、クマの出没地帯なので行く勇気はありません。

このコースの探検は終了。

2020年2月 4日 (火)

ナイキの噂のシューズ購入

年末年始の都道府県対抗駅伝、実業団駅伝に箱根駅伝にと、この時期は駅伝とかマラソンの最盛期ですが、大会記録が連発。それを陰・・いや表立って支えたのが話題のナイキの厚底シューズ。

箱根駅伝を見終わって、Facebookを見ていたら、ナイキの公式通販サイトで20%OFFのお年玉セールをやっていたので、思わず買ってしまいました。

20010501

「ナイキ ズームエックス ヴェイパーフライ ネクスト%」・・・もうちょっと短い名前にして欲しいんだけど。

箱根駅伝に合わせて登場した左右色違いではなく、去年から発売になっているピンクのやつです。ニュースではこの色のモデルが取り上げられることが多いですね。ナイキのシューズは型落ちになるとアウトレットとかでかなり値引きして売られることがありますが、このモデルはなんせ売れまくっているので、基本値引きなしです。なので、20%OFFはとってもお得。知り合いにもこれに合わせて買った人が何人も。

届いてサイズチェックのため足を入れてみましたが、とにかくすごい。下駄をはいているといえば大袈裟ですが、明らかに身長が伸びた感じ。厚さが4㎝弱もあるので、当然か。そして、その場で足踏みしただけで反発力を感じます。一応、ナイキの厚底系のズームペガサスを持っていますが、それとは全然違う感触です。

そして、購入してしばらくして持ち上がった、厚底禁止報道。慌てて外箱を捨てるのを中止して、タグも切らずに返品に備えていたのですが、数日前に「合法」との報道がありました。これで安心してレースに履けます。

とはいえ、今年は子育てに忙して全然走っていないのと、オリンピックの影響で出場予定だった北海道マラソンが中止。さらには登別こいのぼりマラソンと洞爺湖マラソンが同日開催と、参加予定の大会も少なくなりそうです。岩見沢トレランも終了してしまいましたが、さすがにトレランにはこのシューズは履けないので関係なし。

 

2019年10月19日 (土)

白老健康マラソン2019

秋のマラソンシーズン終盤、白老健康マラソンに参加してきました。

例年、サーモン駅伝、コーザングリーンレース、札幌マラソン、白老健康マラソンが秋に参加するレースの定番なのですが、今年はサーモン駅伝は出張と被り不参加、札幌マラソンはあまり魅力を感じなくなったため申し込みませんでした。

白老健康マラソンは基本的に毎年参加していますが、去年は白鳥大橋マラソンと時期が近かったため不参加。2年ぶりの参加です。距離は10マイル(16㎞)です。

AM6:30起床、AM8:00出発。朝なので道は空いていて50分ほどで到着。
前日は台風が接近して大荒れの天気でしたが、この日の予報は晴れ、ただし、気温が低い予想だったので、かなり寒いのかなぁって思ってウィンドブレーカーの中にフリースに着てきましたが、日差しがあり意外と暖かった。この大会は晴天率が高い気がします。

19101412

毎年、イブリジニーとか入江RCとかの地元チームが大勢参加しますが、今年は少なくて、ぎゃくにうちのチームが大所帯でした。ってことで、いつもより寂しい参加者かと思ったら、10マイルの参加者は多くて男女別のスタートとのこと。

名簿を見ていたら、なんと地元最速のKさんの名前が! 今年初参加とのことでした。さらには常連のちばりよ~のFさんの名前も。これで、今年は良くて3位かなぁ。

そんなこともあり2列目くらいからスタートしようかと思ったけど、結局最前列に並んじゃいました。隣はKさん。

19101411

10:15 よ~いがなくていきなりドン(^^)
1分前のアナウンスの後、いきなり号砲がなったので焦りました。

今年からトラックの周回数が1周減らされて1周半。それほど飛ばすつもりはなかったのですが、Kさんの後ろの2位~3位のポジション。最初の1㎞が3分半、ずいぶんゆっくりだなぁ~って思っていたら、徐々にペースアップ。2㎞付近で離され始めた。それと同時に3人ほどのランナーに抜かれて、単独5位に。
2㎞目も3分半ペースだったけど、それ以降ペースダウン。

上り区間に入り、2位集団の3人との距離は徐々に離されていく。一方、後ろからは息遣いが聞こえてきているのですぐ後ろにランナーがいる感じ。まだ、攻めのレースをしたかったので、後ろは振り返らず、前との距離に集中しました。上り区間は3分51~53秒/kmペースでした。

折り返し・・・いつもと同じ場所、つまりゴールまでの距離がトラック1周分短くなったようだ。まぁ非公認レースだからいいか。

5㎞付近から前の集団がばらけてきた。これは追いつけるチャンスかと思ったけど距離が縮まらない。
折り返し地点。先行する緑のウェアの人はかなり苦しそうな表情。これは後半チャンスあるなぁっと予想。Fさんは後半強いのがわかっているので厳しそう。そして、後ろにいたのが410さんだったことが判明。続いてコッシー。その後ろは少し離れていたので、後半はこのメンバーでの争いになる予感。

白老の下りは緩いのでブレーキをかけることなく気持ちよく走れるはずなのですが、ペースが上がらない。折り返し後最初の1㎞こそ3分40秒ほどでしたが、すぐに失速して3分50秒・・・これじゃ登りと同じペース(汗。 ちょっと気合を入れなおして、3分45秒/km前後で巡行。すると、予想通り、前のとの距離が縮まり始めた。でもまだかなり距離がある。平地に戻った地点で約1分差、残り3㎞、追いつくには厳しい。

19101410

白老はいつも残り2㎞が長く感じます。結果、4位の人まで20秒差まで追いつきましたが、今一歩届かなかった。

思ったほどペースが上がらなかったけど、最近の閾値走の結果からすると妥当なタイムなのかな。

10km付近で痛めている右足に嫌な痛みが出ましたが、その後痛みが消えて問題なく走れました。でも明日以降の状態が心配。
帰宅後、妻と一緒に石水亭で日帰り入浴、登別の紅葉が始まってました。

ちなみに1位、2位は55分台・・・異次元でした。私も60分は切りましたが、400mほど短くなったことを考えると、旧コースなら60分オーバー。かつては旧コースでも60分切れたのでかなり遅くなったなぁ。

来年は本調子で臨みたいです。今年は初参加となる黒松内駅伝が翌週に控えています。そのいい練習にはなったかな。

 

2019年10月 1日 (火)

コーザングリーンレース2019

今年も登別の鉱山町で開催されたコーザングリーンレースに参加しました。

9月は出張シーズンってこともあり、ひと月の1/3以上は出張していることが多く、今年もサーモン駅伝は参加できず。当然、練習する時間もとれずなかなか走れません。おまけに7月から発症している鵞足炎がまだ完治せず。

という状況だったので、DNSも考えました。なんせ、8月の岩見沢トレランで10㎞走ってから鵞足炎の症状が悪化したので、同じようなトレランコースであるこの大会を走ると、再び悪化する恐れがありました。

でも、結局様子を見ながら走ることにしました。

この大会、前日に大雨となることはあっても当日はいつも晴れ。ところが今年は大会始まって以来の雨天! 予報では曇だったのに朝から雨が降ってます。AM6:30起床で朝ご飯を食べているころからポツリポツリ。

8時に家を出発して会場に到着すると本格的に雨が降ってきました。

19092901

いつも開会式が行われる広場は人気がありません。建物中で開会式を行いました。参加者名簿を見ると、今年はやけに参加者が少なく100人強。去年までは200人近い参加者がいたと思ったのですが、特に地元以外の参加者が少ない感じです。この時期はいろいろな大会とバッティングしますしね。

私が参加する10㎞の名簿を見ると・・・地元最速のKさんは今年は20㎞。ってことで、3位以内は狙えそうな感じです。

気温はそれほど低くないので雨にぬれても寒くはないのですが、スタート10分前まで室内で待機。

10:10よーいどーん
ノーマークだったランナーさんが飛び出していきます。それに続きましたがすぐにTさんに抜かれて3位に。1㎞くらいでもう順位が確定した感じです。

上りはTさんを視界にとらえる距離をキープ。もしかしたら後半追いつけるかな?と思ったら、下りに入った途端、視界から消え去ってしまいました。もともと下りではTさんの方が速いし、やはり速かった。

ここからは一人旅。後ろもランナーの姿はなし。なので気楽にフォームをあれこれ考えながら、重心の下での着地と前傾姿勢を意識して走りました。去年は3分半/㎞までペースを上げた区間も今年は3分50秒/kmくらいでした。

いつもはラスト2㎞が辛くて、去年は脚が攣りそうになったのですが、今年は余裕でゴール。タイムを見たら去年より1分以上も遅かった。

19092902撮影:コータ君

ゴール前は手を上げて、まるで優勝したかのように・・・(^^)

3位の景品はなかなか豪華。

19092903

とうきびが高級品らしく、粒がしっかりしていて、とても美味しかった。

 

2019年8月 6日 (火)

岩見沢トレイルラン2019当日

岩見沢トレラン走ってきました。
実家に前泊、おいしい日本酒があったのでついついグビグビ・・でも飲みすぎないようにセーブしましたよ。

朝AM6:30起床、連日の真夏日ですが、朝は涼しい・・というかちょっと寒いくらい。
AM8時半ころに会場入り、でも、さすが夏の太陽! すでに暑くなってきた。

チームの参加者と一緒にパチリ・・・朝4:30に出発して札幌から走って応援に駆けつけてくれたメンバーも!

19080404

筋温も高いのでアップはちょっとで大丈夫な感じ。

今年の10㎞はゲストランナーの水澤さんが、旭川東川高校クロカン部の生徒たちを連れての参加・・・となると入賞できるかどうかの戦いが予想されてます。第1回から参加して今年で4回目、毎回4位でしたが、今年は厳しい感じです。

スタートの整列・・19080401

水澤さんと談笑~年に一度の再会ですが毎年覚えていてくれます。

10:00よーいどーん
ロードランナーとしては、アスファルトでは飛ばしたい!ってことでトップを快走っと思ったらすぐに山道へ。最初の坂はトップをキープ、苦手の階段ありの下りもだいぶうまく走れるようになりました。
再び平地に戻った地点でひとりに抜かれ、その後も続々に抜かれてしまった。

再び山道の上り坂へ。前方に第2集団を追いかける展開。さすがに最初飛ばしすぎたので、たまった乳酸を処理しながらちょっとペースコントロール。

萩の山スキー場の山頂を横断・・・

19080410撮影:ぐるちゃん

ここは景色が開けてきれいなのですが見ている余裕はありません。再び森の中に突入してしばらくほぼ平坦なアップダウンが続きます。前との距離はほぼキープ、でも追いつけない。後ろも振り返っていないけど一人くらいしかいない様子。

15㎞との分岐を超えて、下り坂セクションへ。あとでガーミンをチェックしたら3分台/㎞で走ってた。木陰とはいえ熱さでオーバーヒート気味。

いったん平地に戻って後半の最大の山場・・グリーンランドスキー場を一直線に駆け上る激坂、ここは最初っから歩くつもりだったので、歩きました。前を行く第2集団の3人は途中まで走っていた・・・やっぱ本物のトレランランナーはすごい!
でも、歩いてもそれほど離されることなく、なんとか頂上に到着。ここまでくるとゴールは近い。順位はほぼ確定した感じですが、スキー場を下っているときに後ろから音が聞こえたので油断できません。

グリーンランドの横を通って軽い上り坂を超えて、ゴールが見えてきました。この時点でもう暑くて限界。。。。なんとかゴール。

ゴール後フラフラ・・・日陰に倒れこむように座り込む・・ちょっと頭がクラクラして熱中症の症状がでてました。危なかった。

結果、7位でした。前の3人とは20秒差程度でしたが、実力差は歴然。事前の予想通り、高校生が優勝を含めて入賞者多数。大人だけで言えば4位でした。

3位以内だとお米がもらえるのですが、今年もダメだった。

最後に抽選会・・しかし、帰宅した人がおおくて、番号を読み上げても出てこない。ということで、途中から会場にいる人でじゃんけん大会になりました。

19080403

じゃんけんは子供のころからめちゃ弱いのに奇跡にもお米をゲットです!

19080402

 

1㎞毎のラップ
4'14", 5'28", 4'43", 4'27", 4'33"
3'55", 5'46", 5'55", 4'02", 1'16"(360m)

2019年5月20日 (月)

洞爺湖マラソン2019~当日

洞爺湖マラソン、2時間45分切りの目標達成ならず。
でもまぁ、ほぼ満足のいく走りをできました。

今年は湖畔亭に宿泊しました。参加賞引き換え、チェックイン、夕食、朝食で、室ランナーのYさん一家とバッタリ(^^)

AM5:50起床の予定が先日買い変えたスマホの設定ミスでアラームが鳴らず6:05起床・・寝坊しなくてよかった。
6:30朝食、7:40にホテルを出ました。外を見ると曇り~というか霧ような低い雲が垂れ込めています。

19051901

風はほぼ無風。でもこういう曇ってすぐに晴れるんだよなぁ~と思っていたら、やっぱりスタートするころには快晴・・ジリジリと日差しが照り付けます。

8:50頃にスタート地点に向かいましたが、Aブロックはガラガラ・・というより、だれも遠慮して並ぼうとしない(^^) ってことで、キングさんと一緒に最前列に、ちょっと遅れてRockyさん、そして私の隣には偶然にもM君が・・・

スタート10分くらい前にニップル保護絆創膏を張るのを忘れていたことに気が付く・・滝汗。マラソン走らない人には知られていないことですが、薄っぺらいぺらぺらのランシャツでもマラソンを走ると、乳首とシャツが擦れて出血するんです。もともと私はここが弱くて絆創膏を張らないと100%流血の大惨事に。朝のドタバタですっかり忘れてた。なんで忘れるかなぁ~。

幸い、左脚の腱鞘炎の痛み対策にロキソニンのシップを張っていたので、それを剥がして、歯で2分割しようと悪戦苦闘しているところに、イブリジニーの代表夫妻が応援にかけつけてくれて、しかも絆創膏を持っているという偶然!!
いやーめちゃ助かりました。命の恩人です。

9:30よーいどーん
5枚くらい引いてある計測マットの真ん中のマットのギリギリ手前で整列して、そこからスタートしたので、スタートロス1秒

最初の1㎞は3'40"を切っていたけど、まぁ想定通り。Rockyさんのすぐ後ろを走りました。それほど無理しない感じでリラックスを心がけて走りました。事前の計画通り、全車線規制している区間では積極的に右車線も使って走りました。そのおかげか、ガーミンのGPSとコースわきの距離表示とのずれはほとんどなかったです(リンゴのヘタ以降急にずれましたが)

5㎞通過18分42秒 00-05km ラップ18'41" (3'44"/km) 目標から-4秒

壮瞥分岐を左折してアップダウンのある区間へ。Rockyさんとの距離がジワジワ離されます。最初の坂を超えて下っているときに後ろから大集団の気配が!
下りきったところでその10人超の集団に飲み込まれました。この中に苫小牧のSさんもいらして声をかけてくれました。

10㎞通過37分35秒 05-10km ラップ18'53" (3'47"/km) 目標から-5秒

しばらく集団の中を走りましたが、人が多すぎてスポンジポイントでゲットできず。そこであえて集団から離れることにしました。それが幸いして、次の給水ではストレスなく水をとることができて、しかも集団に追いつくこともできました。このパターンを続けようとしたのですが、その次の給水でスポンジをとって、帽子をとって頭にスポンジの水を垂らそうとしたときに帽子を落とすミス。慌てて戻って拾ったけどタイムロス。これで集団との距離が離れてしまいました。そこからはほぼ単独走。

15㎞通過56分23秒 10-15km ラップ18'48" (3'46"/km) 目標から-27秒

想定より30秒近く早くなって余裕がでてきました。でも、「前半の貯金は後半の借金」油断はできません。

20㎞通過1時間15分46秒 15-20km ラップ19'23" (3'53"/km) 目標から-29秒

20㎞通過も30秒のアドバンテージ、こんなペースで走れるのが信じられないくらい。

中間点通過1時間20分7秒。

後半ペースを上げるネガティブスプリットのランナーなら2時間40分切りも狙えるタイム。でも、私は前半突っ込み型なので、その可能性はゼロです。

リンゴのヘタの上り坂・・追い風ってこともあり例年より楽に感じました。前を走るランナーとの距離も急激につまってきて、Rockyさんのゼッケンが読める距離まで追いついたところで、折り返し。 この辺で黒いランナーさんに抜かれたのですが、その後30㎞過ぎまで抜きつ抜かれつの状態が続きます。

25㎞通過1時間35分55秒 20-25km ラップ20'09" (4'02"/km) 目標から-35秒

ヘタを通り過ぎて平地区間へ。ここでも4分/kmを切っていたので安心していたのですが、想定ペースより遅かったようで、前半の貯金を一気に使い切ってしまいました。

30㎞通過1時間55分39秒 25-30km ラップ19'44" (3'57"/km) 目標から-1秒

30㎞通過も当初の設定どおり。これはいける!と思ったのですが、30→31㎞のラップが4分7秒・・当初計画では30㎞以降は3分50秒台で踏ん張る予定だったので、がっくり。31㎞付近で苫小牧のSさんが急減速して追いつきましたが、同時にM君にズバっと抜かれてしまいました。

35㎞通過2時間15分58秒 30-35km ラップ20'19" (4'04"/km) 目標から+28秒

目標から30秒も遅くなり、残りの距離でこのタイムを挽回するのは不可能・・再び3分台で走ればできなくもないけど、今の脚の状態では無理。例年と違い気力はあるのですが、脚が付いてきてくれません。でも、ここで、気を抜くことなく頑張ることにしました。

37㎞地点でのぐるさんを応援、さらに38㎞でのイブリジニーの応援を受けて必死で走りました。

40㎞通過2時間36分44秒 35-40km ラップ20'46" (4'09"/km) 目標から+39秒

ラスト1㎞、声援の様子から後ろにランナーが迫ってきていたことがわかったので必死でスパート。

19052101_1

撮影:こうじさん

抜かれずにゴールできました。40kmからゴールまでの平均ペースは4'09"/kmでした。

心配した左脚の痛みはほとんどなかったのですが、右足の親指の根元にでっかい水ぶくれができてしまいました。ターサーでこれだけでかいのができることはあまりないんだけどなぁ。

応援ありがとうございました。

2019年5月18日 (土)

洞爺湖マラソン2019~前日

洞爺湖マラソン前日になりました。

ここ数日室蘭は霧に包まれ、10℃前後と寒い日が続いてます。が、明日の洞爺湖は暑くなりそうです。

Windy.comによる予報によると、

19051801_1

午後11時で、室蘭は11℃予想と相変わらず寒いですが、洞爺湖周辺は20℃近い予報・・・マラソンにはかなり暑い気温です。

科座は幸いなことに2m/sと弱い風です。ただし、30㎞以降向かい風なのが気になります。

勝負服はTシャツではなくランシャツにしようと思います。

19051801

帽子はその日の天気をみて決めます。それ以外はいつものウェア。携帯するゼリーは一応2本。過去のレース日記を読むと、1.5kgくらい脱水しているようです。ここまで脱水するとパフォーマンスに影響するらしい~実際30㎞以降のペースダウンはこれも原因の一つかも。ということで、今年は積極的に給水をとっていこうと思ってます。あとは前半区間のラインどり、昭和新山分岐までは全車線規制されているので、積極的に右車線も使って回り道しないように心がけたいと思います。

レースプランですが、とりあえず目標2時間45分です。たとえばこんな感じ

19051802

今年は東京マラソンにピークを持っていき、それ以降は正直あまり走れていません。左脚の前脛骨筋の腱鞘炎のような症状がでてGWもロングできず。洞爺湖マジ練が最後のロングとなってます。ただ、この時の感触はよかったので、少なくとも去年よりは早くゴールできそうです。最近、レース途中でだらけてしまうことが多いので、久しぶりに手に上記の設定タイムを書いて臨もうかな。

 

2019年5月12日 (日)

登別こいのぼりマラソン2019

今年も隣町の登別のこいのぼりマラソンに参加してきました。第44回ということで歴史のある大会ですが、5年くらいまでは当日参加受付のローカル大会だったようです。私が参加したときからは計測チップを付けた本格的な大会になってます。

6:10起床、7:15出発、7:30に到着。

ここ数年雨天で寒い天気が続いてました今年は快晴! 風は少しありますが、ここ数年では最高の天気。

19051203
去年は雨もありスタート直前までだれも並んでなかったけど、今年は5分前にはもうたくさん並んでました。いつもは先頭に並ぶのですが今年は2列目からスタート。

9:00よーいどーん
トラックの混沌を抜けて、ロードに出ると順位が落ち着いてきます。下馬評通り、S嶋さんとRockyさんが先頭、ちばりよ~のTさんが続きます。そして、若そうなランナーが3人ほど前に。少し離れて私、背後には何人もの足音が・・・

1㎞通過3'27"(去年より±0秒),ラップ3'27"/km
順調なタイムです。前の3人組との距離をキープ

2㎞通過7'08"(去年より+2秒),ラップ3'41"/km
トップの3人との距離は離れていきますが、異次元のスピードなので観客モード。目の前の3人を追いかけます。3人ともTシャツとか普通の恰好~若い子なのかな。

3㎞通過10'47"(去年より+1秒),ラップ3'39"/km
去年はここから坂まで中だるみしましたが、今年は頑張りました。

4㎞通過14'24"(去年より-3秒),ラップ3'37"/km
刈田神社を超えて、岡志別公園に向かう直線で前を行く3人に追いついて前に出ました。ここからは追われる立場。前をみると、K嶋さんが先頭、続いてRockyさん、Tさん、3人とも単独走の様子。

5㎞通過18'15"(去年より-6秒),ラップ3'50"/km
坂道区間が始まります。あいかわらず背後から息遣いが聞こえてきます。前を行くランナーとの距離がちょっと縮まりました。

6㎞通過22'40"(去年より-6秒),ラップ4'24"/km
得意の上りってこともあり、坂の途中で背後からの息遣いが聞こえなくなりました。でも、セーフテーリードとは言えなさそうな感じ。上りのペースは去年と同じでした。

7㎞通過26'00"(去年より-6秒),ラップ3'20"/km
やっぱり下りは苦手、さっそく黄色いウェアのランナーに抜かれてしまいました。でも、距離はほとんど離れていないので後半勝負だと思ってついていきました。

8㎞通過29'29"(去年より-5秒),ラップ3'29"/km
坂が緩やかになって、抜いていった黄色いランナーさんとの距離がどんどん離れてしまいました。ちょっと追いつけそうもない感じ。単独走に。

9㎞通過33'08"(去年より+1秒),ラップ3'39"/km
単独走になってしまったこともあり、去年よりペースが落ちてしまいました。といっても通過タイムはほぼ同じ。

ということで、ガーミンの記録では9㎞までは去年とほぼ同じタイムでしたが、距離が伸びた分だけゴールタイムが遅くなってしまったようです。ガーミンのGPSの計測では去年は9.93㎞、今年10.06㎞でした。

距離が伸びたとはいえ、調子自体は悪くなかったのでもう少し良いタイムでゴールしたかったです。
年代別では3位でしたが、団体戦は3年越しの悲願の1位! やりました!!
イブリジニーの若手の台頭をヒシヒシと感じる大会となりましたが、中年パワーでまだまだ頑張ります。

2019年4月21日 (日)

洞爺湖マジ練習会2019

毎年恒例のチームぷっ主催の洞爺湖マジ(マゾ)練習に参加してきました。イブリジニーをはじめとする胆振地区のランナーさんもお誘いしていることもあり、20人ほどの大所帯。おまけにこの時期は他のチームも洞爺湖練習することもあり、集合場所の噴水公園にはRコンセプトの方々も。

19042101

この日の洞爺湖は快晴、羊蹄山がきれいでした。

19042102

天気は良かったのですが寒気が残っているのか気温は低め、風が吹くと肌寒かったです。スタートは想定ペースに合わせてウェーブスタート。

今年はRockyさんと二人で4分/km組・・9時50分スタートです。今年はレース用に使っていたターサージール5を履き、下はハーフパンツ、上はTシャツに薄手のウィンドブレーカーとほぼレース仕様に走りました。

最初の給水所まではRockyさんが先行、±1秒/kmの正確なペース!さすがです。その後、私が先行、アップダウンがあったとはいえ、ペースが上下してしまいました。すみません・・・そして、昨日の疲れもあって、あんまり余裕がありません。

キャンプ場を過ぎて、再びRockyさん先行、次第に4分/kmペースが厳しくなって、3分56秒/kmまでペースが上がった際に離されてしまいました。このときはすぐに追いつきましたが、リンゴのヘタ区間。上りは4分10秒/km前後のペースで登りましたが、離されてしまい、そこから単独走に。

去年は前半抑え気味だったにもかかわらず30㎞以降は4分10秒/kmくらいまでペースが落ちたのですが、今年は、30㎞過ぎても4分/kmをわずかに切るペースを維持できたのは収穫です。しかも、最初から最後まで4分/kmのイーブンペースで走れのは初めてかも。

もっとも、東京マラソンに向けて、2月に競技場で4分/kmで30㎞走れているので、難しい設定ではないのですが、アップダウンのあるロードで走れのはちょっと自信につながります。

今年も企画、計画、準備から完璧な給水サポートをチームぷっの副代表のぐるさんをはじめ、チームのサポート本当にありがとうございました。恩恵に甘えてばかりでしたが、ありがたいです。

 

2019年4月20日 (土)

市民健康マラソン2019

室蘭市の唯一のマラソン大会である、市民健康マラソン&ザ駅伝に今年も参加してきました。マラソンといっても最長で5㎞、参加費500円で当日受付というアットホームなローカル大会です。この日の天気は快晴! 気持ちよく走れそうです。

19042001

実はこの大会、不参加だった2017年を除いて、4連覇してました。ということで、今年はV5と行きたいところですが、地元最速のKさんにRockyさんが参加しているので、優勝は無理、3位が何とか狙えるところです。5㎞の参加者は20~30人程度ですが、サブ3ランナーが10人近く参加しる少数精鋭の意外とハイレベルな大会です。なので3位に厳しい~。おまけに翌日に洞爺湖マゾ練習会が控えているので、ちょっと手抜きして走りました。

3㎞のレースに引き続いて5㎞のスタート、予想通り、Kさんが先行してぶっちぎりです。つづいて私・・・2位集団を引っ張るつもりはなかったのですが、このポジションになってしまいました。すぐ後ろにはRockyさんとコータ君。ともに手加減してる様子。そのままペースをコントロールしながら、周回を重ねていきます。

5㎞は競技場を回ったのち、外周を4周します。3周目までは2位でしたが、ラスト1周でまずRockyさんがスパート、続いて残り半周でコータ君もスパート、私はこれについていけず、結果4位でした。

前半もう少し飛ばしていたら違った展開もあったかもしれませんが、実力通りの結果かな。今年は駅伝には不参加だったので、白熱した駅伝のレースを見学&応援してから帰りました。入江RCとイブリジニーのライバルチーム対決、来年以降も熱い戦いになりそうです。

 

より以前の記事一覧