ランニング

2017年7月23日 (日)

岩見沢トレラン2017~当日

第2回岩見沢トレラン当日。
朝は6時半過ぎに起床。携帯を忘れ、腕時計にもアラームがなかったので不安でしたが
寝坊せずに無事に起きることができました。外は曇りで少し肌寒い感じ。でも、天気予報は朝から晴れで、最高気温30℃・・・今年も暑くなりそうです。

8時45分頃に会場に到着。駐車場には多くの車が止まっており、去年より明らかに参加者が増えた感じです。でも、スタート・ゴール地点はまだ人がまばら。
17072502
このころからじわじわと雲が薄くなり、真夏の強い日差しが照り付け始めます。

開会式の後、さっそく10㎞のスタートです。2回目とあって、上位陣は見慣れたメンバー。そして北極星の速そうな人が二人参加しています。優勝争いはこの人たちなのかなぁ~と思いつつ、遠慮せず第一列目からスタート

10:00よーいどーん
マラソン大会だと3分半/kmを切るペースで飛び出すところですが、トレランはやっぱ違いますね。去年は張り切ってトップを走ったのですが、去年の反省から前半は体力温存。
スタートしてすぐにアップダウンがありますが、去年はそこの下りでいきなり離されましたが、今年はいい感じについていくことができました。それにしてももう暑い・・・それになんだか頭が重い、この先熱中症になりそうな予感。

2㎞付近から本格的な上り坂。Topは独走、少し離れて2位集団が3人、その後ろに
私が5位のポジション。その気になれば集団の中に入れたのですが、無理せず~後ろについて様子見。 しかし、100mほど登り、萩の山スキー場の頂上付近に達したころから、じわじわと離されていき、単独走になってしまいました。後ろとの距離も離れているようで、この時点では5位でもいいかなぁ~とちょっと弱気

登り切ってからややフラットな区間、去年はふかふかの草が気になりましたが、今年は草が刈ってあったこともあり、問題なく走ることができました。。

15㎞コースとの分岐を過ぎて、下り坂・・・前日までの雨の影響で濡れた路面が多く、何度か滑りましたが、果敢に攻めてみました。足元ばかりみてると、先のコースがわからず、分岐点で左右を間違るミスを1回。すぐに修正できましたが数秒のロス。

そしてやっぱり、トレランの上手い人は下りが速いですね。視界から前方集団が消えることが多くなってしまいました。

林を抜けて下り区間終了。とたんに強い日差しが襲い掛かってクラクラ。
でも、ロードはこっちが得意。前方の集団との距離をじわじわと詰めていきます。
そして、残り2kmからの地獄の上り坂。約100mほどの高低差を一気に登ります。普段走っている水元の激坂と同じくらいなので、余裕のはずが、8㎞ほど走ってすでに相当脚力を使っている状態登るのでかなりきついです。

当初からここの坂に脚力を残しておく作戦でした。実際、前方集団に追いついていきますし、去年より楽に感じます。そして、4位のランナーさんが故障をかかえていたそうで、歩いたりしてペースダウン、抜くことができました。

そして3位のゲストランナーの水澤さんの背中をとらえることができました。ここの登りが勝負とは思ってましたが、登っても登っても頂上になりません。前方のカーブを曲がると
下りかな~と思って曲がってみるとまだまだ坂道が続く・・・これは心が折れます。走行しているうちにピークに到着。水澤さんに追いつくことができませんでした。そしてここから一気の下り。階段もあり、かなりの傾斜です。もう順位はほぼ確定していたので無理せずくだります。そして、去年道を間違えたポイントも無事に通過。今年は表示が改善されていて、間違える心配はありませんでした。

結局3位には届かず、今年も4位でした。ゴールスパートする余裕があったので、もう少し攻めても良かったのかなぁ。
17072503
15秒前にゴールした水澤さんが出迎えてくれました。


2017年7月22日 (土)

岩見沢トレラン2017~前日

明日は人生2回目のトレラン大会である岩見沢トレランに参加してきます。
お約束の勝負服アップ
17072201
明日は蒸し暑い予報なので、ランシャツと行きたいところですが、そこはマラソン大会じゃないので、Tシャツにとどめておきます。シューズはゲルフジライトです。

10㎞と15㎞の2種目ありますが、私は10㎞に参加します。きっとトレランを本気でやっている速い人は15㎞を走りそうなので、10kmはいい勝負になるかな。

とにかく今年の目標は
・迷わないでゴール
・下りをもう少し速く走る

これを目指していきたいと思います。去年はゴール直前でまさかのコースミスで迷ってしまったので、今年はばっちり走りたいです。それと去年は下りで圧倒的に差を付けられたので、今年は食らいついていきたいです。春から、普段の練習でも下りを少し飛ばすようにして、感触はつかめてきました。

北海道はマラソンシーズン真っ最中。札幌ではドームリレーがありますし、トレラン界でも大雪山ウルトラトレイルが同日に開催です。ということで、今年ももしかしたら入賞狙えるかなあ。



2017年7月 6日 (木)

八雲ミルクロードレース2017

引っ越し直後でドタバタしていたのですが、八雲ミルクロードレース走ってきました。
やっとネットが使えるようになったので、1か月近く経過した今頃になって記事を書いてます。

が、正直いうとあんまり書きたくありません。
参加か不参加か直前まで迷って、前日の夜に参加を決定。
当日、7:15頃に出発。当初から高速道路で八雲まで移動する予定でした。室蘭→八雲は対面通行区間なので、制限速度は70km/hが基本です。基本的にそんなにスピードは出さないし、この区間は取り締まりが多いことは知っているので、バックミラーも頻繁にチェックしていたのですが、早朝ってこともあり、前後に車はなし・・・そして、黒松内ICでちょっと標識とかに気を取られているうちに・・・気が付くと赤ランプを付けた車が背後に・・・

免許取得から約四半世紀になりますが、初の違反です。
そんなわけで、気分が↓↓↓ 

スタート後、トップの招待選手はぶっちぎり。そして、10㎞のランナーとハーフのランナーが数人ずつ。どんどん離されていきます。
2㎞過ぎて坂道区間に入ったころにはすでに単独走になってしまいました。前方に作ACのNさんがいますが、50mから100mくらいの距離があり追いつくにはちょっと遠い。10㎞過ぎに少し距離が縮まったのですが、その後再び離れてしました。

ということで、レースというより単独ペース走って感じでゴール。タイムは1時間19分台。去年より悪いタイムですが、今年の伊達ハーフと同じくらいなので、まずまずかな。
運よく年代別では連覇できました。
17061101

2017年5月20日 (土)

洞爺湖マラソン2017~前日

春のレースの最大の山場、洞爺湖マラソンがいよいよ明日になりました。
冬から抱えていた故障もほぼ治って、調子は上向きです。左足の足底がまだ少し痛いですが走りに影響するほどではありません。

Windytyによると、明日の12:00頃の洞爺湖の気温は18℃
17052002
マラソンで走るには少し暑いですね。暑くなる前にゴールしたいところです。
去年は風に悩まされましたが、明日の風はほとんどなし
17052003
ここ数年ではかなり良いコンディションだと思われます。 となると、タイムを狙っていけるわけですが、去年とか一昨年のようなレベルにはまだ達していません。過去3年の洞爺湖マラソンのラップタイムを表にしてみました。
17052001
ゴールタイムは2014年は2時間44分台、2015年と2016年が2時間41分台でした。
2016年は前半が追い風だったのでPBペースだったのですが、35㎞以降失速して2015年よりも遅くなってしまいました。それ以外、特に20~35㎞の付近は3年間ほぼ同じペースですね。
さて、今の脚力では、20㎞まで3分45秒/kmペースで走るのは厳しいです~というよりこのペースは今のハーフのペースです。となると、2014年のペースが参考になりそうです。

20㎞までは3分50秒/kmを少し切るペース、リンゴのへたの坂はいつものペース。
そして、30㎞以降は4分/kmを超えないように頑張る! そんな感じのレースかな。

目標は2時間50分切り、できれば45分切りってところです。

勝負服は暑くなるそうなので迷わずランシャツをチョイスします。
17052001_2
シューズは無論、先週から投入のターサージール5です。携帯食はアスリチューンにしました。ゼリー状なので、飲むというよりすこし噛んで飲み込むって感じなので少し食べ辛いのが欠点ですが、東京マラソンに引き続き試してみたいと思います。

2017年5月14日 (日)

登別こいのぼりマラソン2017当日

登別こいのぼりマラソン走ってきました。

朝5時半起床、7時半前に家を出て会場に向かいました。20分ほどで会場に到着ですが、駐車場は会場から少し離れた幌別小になりました。会場近くの駐車場を狙うならもっと早い時間じゃないとダメですね。

予報通り気温は6~7℃、今にも雨が降りそうな天気。そんなわけで、皆さん冬のような重装備です。
17051412

会場のこいのぼりは元気よく空を泳いでいます。
17051413
ってことは風が強いってことですが、去年のような強風ではなく、レース中もそれほど風は気になりませんでした。

今年は過去最高の参加者約千人とのこと、札幌から速いランナーが遠征してきました。
のんびりアップとかしたり、直前までウェアを脱ぎたくなかったので、スタートに整列するのが遅れて3列目付近からスタート、

9:00 よーいどーんの合図なくいきなり号砲
トラックでは少し渋滞してタイムロスしましたが、競技場を出る頃には順位が安定してきました。トップは札幌から遠征してきた青いランナーさんがぶっちぎり、そしてN澤さん、それに続いてRockyさん、1位と同じチームの青いランナーさん、その次に私

最初のいきなりの急な下り坂、意外と気持ちよく下ることができました。しばらくRockyさんの後ろをピタリとマークして走りましたが、刈田神社を過ぎたころで二人の前に出て3位に浮上、しかし、背後にピタリとランナーが付いてきます。
しかも、足音が明らかに二人ではなく、もう一人いる! これは・・と思っていたら横に並びかけたランナーをちらっとみると、オレンジのユニ・・・凡人RCのNさんがきました。 やっぱ来ないわけないよなぁ。事前予想で年代別1位の最有力候補と予想してましたので、この地点まで後方にいたのがむしろ不思議でした。

しばらく4人での集団走、トップは独走、N澤さんは少し遅れてきたようで我々の集団との距離が縮まり始めます。彼は先行逃げ切りタイプなのでこれも予想通りです。

5㎞過ぎ、いよいよこいのぼり坂がスタート、ここは自称激坂マイスターとしては負けるわけにはいきません、じりじりと3人を引き離していきます。登りのペースは去年と同じ4分15秒/kmでした。

折り返し後、登りで脚力をかなり使ったというのもあり、思うようにペースがあがりません。Rockyさんと札幌からの刺客ランナーにあっさり抜かれて、どんどん離されていきます。下りは去年より遅く3分20秒/kmでした。

しばらく単独走でしたが、下り坂が終わるころから徐々に後ろから足音が迫ってきます。折り返しでかなり差をつけたはずの凡人RCのNさんが近づいてきました。
あー、やっぱりそう簡単には勝たせてくれないよな。

岡志別公園の前でついに抜かれてしまいましたが、しっかり食らいつきます。このまま引っ張っていってくれたら、前の二人にも追いつけそうな感じです。途中の橋のちょっとした上り坂では明らかに私の方が速いし、呼吸の余裕度を私の方がありそうな感じ、となると、競技場前の坂道でリードできそうなので、このまま逃げ切れそう! と作戦を立てます。

競技場に近づくにつれて、私が少しリード、前の二人はペースを上げたようで、追いつける位置ではありません。変わって、N澤さんとの距離が近づいています。

そして迎えた競技場前の最後の坂、予想通り私がリードしたのですが、坂の途中でNさんがまさかのスパート、一気に前に行かれます。

でもここで諦めるわけにはいきません。あとはトラック勝負。でも、最近の私、どうもスパート力がすっかり落ちてしまって、かなり背後まで迫ったのですが、ゴール直前に離されてしまってゴール勝負に負けました。

タイムは去年と全く同じでかろうじて35分台でした。でも、去年は強風の中のタイムでしたし、2年前は35分9秒だったことを考えると、やっぱり走力は落ちてますね。
17051414
Nさんが先に帰られたようで、見た目だけは一番高いところです。

優勝間違いなしと思っていた団体戦は青いユニの札幌のチームに29秒差で負けてこちらも2位でした。 2年前のタイムを出していれば・・・ ってタラレバはだめっすね。来年頑張ります。
17051415
実は10㎞の団体戦は3チームだけの出場でした。来年はもっと参加が増えそうな予感。

今日おろしたターサージール5 クッションと反発力のバランスがいいですね。やっぱ、いいシューズです。洞爺湖もこのシューズでガンパります。

2017年5月13日 (土)

登別こいのぼりマラソン2017前日~ターサージール5投入

明日は今季2レース目となる登別こいのぼりマラソンです。今年で4回目の出場かな。今年も10kmにでます。
いつもなら走り易い気候の頃ですが、去年は強風、そして今年は寒さが予想されます。

今日の胆振地方は曇予報でしたが、室蘭は朝から霧雨が降り出し・・・
17051302png
こんな感じに全道で室蘭と登別だけ雨の天気、海からの霧による雨なので、気象レーダーにも映りません。 まぁ、この時期にはよくある天気です。おまけに海で冷やされた空気なので、気温が見事に5~6℃と安定してます。
17051301
全然嬉しくない寒さです。明日も同じ感じだと思われるので、防寒対策は必須です。
なので、明日の服装は明日朝の様子をみて決めます。9時スタートなので暖かさは期待できません。

さて、現在の勝負用レースシューズはアシックスのターサージール3です。走行距離は300㎞は超えてきていますが、まだアウトソールのボツボツ(デュオソール)はそれなりに残っています。しかも、最近はあまり踵の外側が擦り減らなくなりました。
17051301_2
これなら、洞爺湖マラソンもいけるかなぁ~と思っていたのですが、下駄箱に入っているこのシューズを何気なく見てみると、
17051302
オーバープロネーションの癖があるので、着地の際に足首が内側に倒れこみます。そのせいでシューズも内側に倒れこんでます。赤丸で囲ったミッドソールもつぶされてしわが寄ってます。この状態のシューズを履き続けるのはよくないと考えて、新しく勝負靴を買ってきました。
17051303
ターサージール5です。ミッドソールが従来のソライトから、アシックスの新素材FlyteFoamに変わったそうです。これで軽量化を実現したそうなので、実測したところ、170、171gでした(27.5㎝)。ちなみにジール3が実測170、175gだったので、個体差の可能性もありますが、一応軽量化しているようです。

明日のレース、相変わらず全然走れていないので36分を切れたらよいかなぁ。そして、今年はインターネットでエントリーができるようになったこともあり、過去最高の参加者だそうで、入賞争いも厳しくなりそうです。とりあえず年代別3位以内を目指します。


2017年5月 2日 (火)

やっぱり足底筋膜炎?

日に日にあたたかくなってきて春本番ですね。
となると、体も雪解けというか、冬の間カチカチだった筋肉が徐々に緩んできました。そして、それに伴って、鵞足炎の痛みとか、ハムストの張りとかが収まってきました。

そーいえば、走り始めたころから毎年冬になると故障してたっけ。かつてはシンスプリントに悩んでましたが、ここ最近はならなくなったけど、その代わりに、鵞足炎だの足底だのが痛くなっているようです。

で、左足の足裏の小指根元の痛み・・・短腓骨筋腱付着部炎かなぁって思っていたのですが、どうもそれとも違うようです。
足の筋肉とか腱の付き方をみると・・
17050101
腓骨筋腱付着部炎であれば、図の赤丸の付近が痛くなるはずですし、腓骨筋が引っ張られたときに痛みがでるはず。でも、今痛いのはむしろ青丸で囲った付近です。そして、小指をギュッと丸めたりしたときに痛みが出ます。 となると、痛みの原因は図で水色で示した足底筋膜が原因かも??
通常の足底筋膜炎であれば、踵付近の痛みが多いですが、まれに小指側の痛みがでることもあるようですね。ただ、寝起きの朝一番の着地が痛いという典型的な症状はありません。
なのでよく言われる筋膜の癒着が原因ではなく、この付近の筋腱の付着部の痛みかのかなぁ。

幸い、痛みはそれほど出ていないので、ほとんど気にならないレベルです。
で、走りの方は相変わらず調子が上がってこないです。洞爺湖マラソンはとりあえず2時間50分切りが目標かな。

2017年4月23日 (日)

洞爺湖マジ練習2017

毎年、この時期恒例の洞爺湖マジ練習に参加してきました。
事前に開催日の打診があったのですが、この日が室蘭市民健康マラソンの日だと気が付かず、重複してしましました。 あぁ、4連覇の夢が・・・・ もっとも、今の脚力だとマラソン大会に出場していたとしても勝てなかったかなぁ。

マジ練の主催は札幌のチームですが、ご厚意で室蘭・登別ランナーもたくさん参加させてもらっています。
17042305
写真提供Shinsiさん

この日も好天、風もそれほどなく、湖水は鏡のように綺麗でした。
17042301
気温も10℃前後と、半そででは少し寒いですが、走るには絶好のコンディション。

今年は走力の差を考慮して時差スタート、私は4分15秒/km組ってことで、他のメンバー合わせて4人・・いずれも登別・室ランナーなのですが、9:45スタート!

最初の1㎞~少し抑えて4分25秒、で、そのタイムを確認してからいきなりペースアップすぐに4分10秒前後のペースにアップ。
17042306
写真提供Shinshiさん

最初の給水ポイントはスルーしてさらにペースアップ。Kingさんは4分15秒キープだったので、次第に離れていき、3人でのランになりました。途中、何度か先頭を交代しながらのラン。

21㎞地点をすぎて、リンゴのヘタの坂道に突入。ここで、Rockyさんが先頭になって飛ばし始めます。私も必死に追いかけます。そして、再び湖畔に戻ってきて平地区間、ここでもRockyさんが先頭、私も離されずについていきました。

もともと36㎞地点まで走る予定で、30㎞地点通過後はペースアップする予定でした。がしかし、頑張っても4分/kmまでしか上がりません。一方、Rockyさんは3分50秒台に入れて、どんどん離れていきます。 そして、そのままゴール。

36㎞ 2時間28分17秒 (4'07"/km)

でした。去年のタイムと比較すると30秒しか遅くないのは意外とというか、ここまで脚力が戻ってきたのは嬉しいかも。

さすがに脚を使い切ったので、スタート地点までの残り約6㎞はジョグで帰りました。脚の疲労感は半端じゃなく、伊達ハーフより明らかに使い切った感がありました。

今年はスピ練習用のAsics ライトレーサーRS4で走りました。反発力ではターサーに一歩及ばない感じなので、本番ではもう少し速く走れるといいかなぁ。

今年も給水・給食などのサポートをしてくれたクラブのメンバーに感謝。そして、この日は他クラブも走ってましたが、知り合いからもたくさんの声援をもらえました。嬉しかったなぁ。


2017年4月16日 (日)

伊達ハーフマラソン2017~当日

伊達ハーフ~80分は切れました。

AM6時起床、朝食をのんびり食べていたら8時近くになってしまい、慌てて出発。それでもお予定通り、8時半頃に到着、去年と同じ駐車場~ここは結構穴場ですが、場所はナイショ。

10時15分頃に軽くアップ。ここ最近は、500mくらい走らないと鵞足炎の痛みがでることが多いのですが、この日はなぜか痛みがありません。暖かくなることで筋肉の柔軟性が良くなったのかな?

10時半ころに整列しましたが、すでに多くの人が並んでいて、先頭の1時間20分以内のブロックの8列目付近、ちょうどナイトライダーさんがいたのでその隣に並びました。今年も1時間40分も怪しい人が前方にたくさん並んでるけど、ローカル大会だし、目くじらを立てるほどじゃないか。

風は弱風、気温は10℃~15℃程度だったと思いますが、整列中に日差しがあるとジリジリと暑さを感じます。しかも一瞬だけでしたが、ポツポツ雨も降って、湿度もかなり高い感じ。ここ数年では一番暑く感じました。

10時50分 よーいどーん
スタートの渋滞の影響は5秒くらいかな。今年も前方に並んでいた遅いペースのランナーに引っかかったりしました。その渋滞もすぐに解消され、国道を横切る付近になると順位もおちついてきました。去年は先頭集団が見える位置でしたが、今年はそれよりも少し後ろの位置。

ペースは去年より少し遅いペース、シューズはTakumi Sen Boostなので、踵着地するとブレーキがかかってしまうので、ストライドを無理に伸ばさず、重心の下のフラット着地を心がけました。

サイクリングロードに入ってから、ペースが落ちてきたランナーを拾ってじわじわと順位アップ、少し先に作ACの作田さんが見えてますが、距離は離れたり縮んだり。

5㎞通過18:09、0-5㎞通過ラップ18:09(3分38秒/km)

去年より5秒/km遅いペースでした。まぁ、こんなものでしょうか。

伊達ハーフでは基本的に給水は取らないのですが、今年はさすがに暑かったので、おもわず取って、一口飲んで残りは頭とか背中に。

サイクリングロードが終わっていよいよ坂道区間、ここにくると坂の得意・不得意で順位が入れ替わります。下りで二人ほどのランナーに抜かれましたが、トンネル前の登りで楽に追いつける・・・つもりでしたが、思ったよりハムの疲労感が・・・
無理すると攣るかなぁっと思ってちょっとパワーセーブ。 それでも、トンネルの中でペースアップして、抜いていったランナーに追いつくことができました。

10㎞通過37:00、5-10㎞通過ラップ18:51(3分46秒/km)

ここでも去年より5秒/km遅いペースですが、ほぼ順調。脚の痛みとかはありません。

トンネル区間の後半、なんだか大きな声で声援をしている人がいる・・・こんなトンネルで応援って、変わった人もいるんだなぁ~って思っていたら、応援の声の主はトンネルの外~ロッキーだん、DAMAさん&あちコさんの声援団でした。

トンネルを抜けてから緩斜面区間、ここでまず溜まった乳酸を処理しながらペースを上げます。作田さんとの距離も変わらずでしたが、ジワジワ追いつきたい気分、でも、なかなかペースが上がりません。

15㎞通過56:47、10-15㎞通過ラップ19:47(3分57秒/km)

去年より9秒/km遅いペース、去年かここの区間向かい風だったのに、それよりも遅いペース、ここでついに練習不足が露呈してきました。

残り6㎞下り区間、今年は向かい風ってこともあり、下りをあまり感じることができませんでした。 10㎞のランナーと合流した付近で一人のランナーに抜かれてしまいましたが、その後あまり差が広がらず、食らいついていきました。その先12秒くらい先に作田さん、しかし、10㎞のランナーさんの陰に隠れているうちに距離を離されてしまいました。

20㎞通過1:15:30、15-20㎞通過ラップ18:43(3分45秒/km)

去年より10秒/kmも遅いペース、走っているときはここまでペースが落ちている感じはしてませんでした。むしろ、去年と同じくらいじゃないかな~なんて思ってましたが、残り2㎞の地点で時計を見たら、1時間12分ちょうど・・・ってことはゴールタイムは1時間19分前後、とりあえず80分切りは確実、でも19分を切るのは厳しいってことでちょっとモチベーションダウン。

結局、前のランナーに追いつけることなくゴールとなりました。連続入賞も途切れてしまいました。

ゴール後、痛めていた脚の痛みはなかったのですが、右足に親指の根元にでっかい水ぶくれができてしまいました。
17041605

筋肉の疲労感はあまりなく、うーん、力を出し切れていない感じです。
沿道からのたくさんの応援ありがとうございました。

2017年4月15日 (土)

伊達ハーフマラソン2017~前日

北海道のマラソンシーズン開幕を飾る 伊達ハーフマラソン前日となりました。
今年は全然走れていないので、全然やる気なし。
相変わらず、左足の足底が痛いし、鵞足炎も再発気味。走った翌日休むとかなり回復するので、一日おきに走ってますが、走力は全然戻ってきていません。

さて、明日の天気は悪くなさそうです。気温も10℃程度になりそうなので、走り易い天気かな。
風は、Windtyによると、
17041501
去年ほどの風はなさそうだな。それにしてもこうやってみると、室蘭って風が強いよね。
でもって、お約束の勝負服をアップ
17041501_2
某カワサキのバイクじゃないけど、グリーン一色だね。 今年はいつものターサージールではなく、AdidasのTakumi Sen Boostで走ります。軽いし、Boostの反発が気持ちよいし、それでいてクッションもあるし。じゃじゃ馬シューズなのでフルはきついけど、ハーフなら何とかなりそう。シューズに合わせて、ソックスも緑にしてみました。まだ履いたことのないソックスなので、当日、いつものターサーソックスに戻すかもしれません。

予想タイムは全然想像がつきません。過去のタイムを並べると、
2011年 DNF(疲労骨折で途中リタイア)
2012年 1時間25分台
2013年 1時間17分台
2014年 1時間17分台
2015年 1時間16分台
2016年 1時間16分台

この調子なら、今年は1時間15分台・・・ってなる予定だったのですが、現状1時間20分切り
を狙うのが精いっぱいかなぁ。


より以前の記事一覧