« 室蘭・登別~探検ラン その1? | トップページ | タイヤもAmazonで買える時代 »

2020年5月 5日 (火)

リッチェルのビニル製品の修理

ベビー用品で有名なリッチェルの製品をいくつか使ってます。

ふかふか授乳クッション」と「ふかふかベビーバスW」はともに愛用してます。といっても授乳クッションは妻がお気に入り。ベビーバスは沐浴担当の私のお気に入り。どちらもビニル製で空気を入れて膨らませて使うタイプです。

ベビーバスは柔らかいのでぶつけて怪我をする心配はないですし、中央の突起がこれまた便利で、おまたに挟むことで、赤ちゃんが水の中にずり落ちるのを防止してくれるし、この突起に体を載せて、洗ったりとよくできた製品です。

ところが、授乳クッションを使い始めて2,3か月経過したところで、突然空気が抜けるようになってしまいました。調べてみたところ・・

20050201

補強?のために入れられた2本のライン(少し厚くなっています)の終端部分から空気が漏れていました。拡大すると

20050202いかにも割れそうな部分です。自転車のパンク修理と同じ要領で、ビニルテープを四角く切って、粘着のりを取り除いてパッチを作り、塩化ビニル専用の接着剤で貼り付けました。ちなみに、この「ボンド ビニル用」、100円ちょっとの安い接着剤なのですが、なぜかホーマックには売っていなかったので、イエローグローブで購入。

修理して安心していたら・・1週間後再び「パンク」。修理ミスかと思ったら、修理したのとは別な個所(2か所)から漏れてました。これはもう設計上の問題かもしれません。予防的にほかの箇所も接着剤で塗り固めておきました。

それから1週間くらいしたら、こんどはベビーバスもパンク! やはり、同じように補強ラインの終端が割れて、そこから空気が漏れてました。こっちも同じ問題を抱えているようです。こっちも修理して再び問題なく使えるようになりました。

 

 

« 室蘭・登別~探検ラン その1? | トップページ | タイヤもAmazonで買える時代 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 室蘭・登別~探検ラン その1? | トップページ | タイヤもAmazonで買える時代 »