« リッチェルのビニル製品の修理 | トップページ | BD再生専用機の電源交換 »

2020年5月 8日 (金)

タイヤもAmazonで買える時代

今年のGWはステイホームってことで、家でのんびり。暖かい日を狙って冬タイヤから夏タイヤに変えました。

もっと早くに変えてもよかったのですが、冬タイヤが2013年製のBSのブリザックVRX,冬はあまり乗らないこともありまだ溝は6㎜くらい残ってましたが、さすがに6シーズンも履かせたので今春で廃棄予定。このまま夏も履いたままでもよいけど、スタッドレスタイヤは走行音がうるさいし、制動性能も劣るので、夏タイヤに変えました。

その夏タイヤも昨年の段階でディーラーから交換を薦められていたので、新品に買い換えました。これまで履いていたいのが、購入時についていたブルーアース。そして、新しく買ったのがDunlopのルマンVです。

20050301

購入に際していくつか候補があったのですが、燃費性能とウエットグリップのバランスのよさ、そして音が静かだとの評判からこれにしました。Amazonの通販で購入。価格は4本で3万4千円(税込み)ほどした(185/65R15)。このタイヤをタイヤ専門店やカー用品店で買うと倍まではいきませんが、4割くらい高くなってしまいます。かつては通販の本屋だと思っていたAmazonですが、今ではタイヤまで買えてしまうんですね(Amazonのマーケットプレイスではなく、Amazon本体から出荷)。製造年月は2019年の第40~50週でした。

Amazonで安く買えるのですが、送られてくるのはタイヤ本体のみ。ホイールから古いタイヤを取り外して新しいタイヤに付け替える「入れ替え」、重心のブレを調整する「バランス取り」、古いタイヤの廃棄が別途必要になりますが、幸いなことに隣町で格安で、しかも通販で購入したタイヤ大歓迎のお店があったのでそこでお願いしました。しかも、通販の配送先に直接おそのお店を指定してもよいとのことでしたので、Amazonから直送しました。バルブ交換を含めて8千円弱でした。

新品タイヤにしてさっそく乗ってみましたが、段差を超えたときの衝撃音がまろやかになりました。走行音は思ったほど静かではなかったですが、スタッドレスと比較すると明らかに静かです。

この冬にはスタッドレスも新調する予定ですが、このお店に頼もうかな。

 

« リッチェルのビニル製品の修理 | トップページ | BD再生専用機の電源交換 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« リッチェルのビニル製品の修理 | トップページ | BD再生専用機の電源交換 »