« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »

2020年5月の記事

2020年5月25日 (月)

春の野の花たち

最近の週末は子供と近所を散歩してます。のんびり歩きながら、鳥の声を聴いたり、エゾリスを観察したりと自然と触れ合ってます。ここに住んで3年目ですが、今まで気が付かなかった野草の花が思った以上に咲いてました。最近、あちこちの庭に植えられているムスカリも結構野生化していて、空き地に青い花を咲かせたりしてます。

 

20052502

カキドオシ~近所の道端に群生してます。数株採取して鉢植えしてます。シソ科ってことで繁殖力が強いらしいです。

20052503

タチツボスミレ~これも近くの道端に群生してました。ハート形の葉っぱもかわいいです(写真には違う植物の葉も写ってます)。満開だったのが2週間くらい前で今は写真のように萎れてきてます。

20052505

うちの芝の中に紛れて咲いていた小さな花~名称不明。青い色をしたイヌノフグリが同じく芝生にたくさん咲いているので亜種とおもったけど、こっちが本物のイヌノフグリで、青い花はオオイヌノフグリなのかな?

20052504

楽山の山頂付近に群生したムラサキケマン~これも2週間くらい前がピーク、昨日行ってみたらほとんど散ってました。

 

2020年5月18日 (月)

樹脂パーツの若返りにはメラミンスポンジ

新車のときはピカピカだった車も年数を重ねるとだんだんとくたびれた感じになってきますよね。特に年数を重ねた車に見えてしまうのが、ヘッドライトの樹脂レンズの曇り&黄ばみ、そして、樹脂パーツが白っぽくなってしまうこと。

うちの車もご多分に漏れず、黒い樹脂パーツがすっかり白くなってしまいました。幸いなことに樹脂レンズは新品のようにきれいなままです。家の前に青空駐車しており、フロント部分には朝以外一日中太陽光が当たりますのでフロントの樹脂パーツがやられてます。リア側はほとんど大丈夫。

先日、白くなってしまったパーツは、水にぬらしたメラミンスポンジ(激落ちくん)でこすると元に戻るとの話を聞いたので、さっそく試してみることにしました。

まずはこする前

20051703

これ、元は黒かったんですよ! そして、こすって乾かした後は

200517023年は若返った感じです。上の写真と左右が逆ですが、左右とも同じように若返りに成功しました!

 

2020年5月11日 (月)

BD再生専用機の電源交換

リビングにおいてあるブルーレイ再生専用機・・・だったけど、ブルーレイは専用プレイヤーに任せることにしたので、単なるパソコンに成り下がっていますが、久しぶりに使おうと電源を入れてみたところ・・・電源が入らない(><) 電源ランプがついたり、つかなかったりなにやら挙動が不安定です。

通常、パソコンの正面の電源スイッチとは別に、背面の電源装置にもスイッチが付いていて、それをOFFにしてしばらくしてからONにしてみたところ(いわゆるコンセントの抜き差しに相当)、今度は完全に無反応になってしまった。中を開けて状態を確認したところ、

20051101

背面のスイッチをONにするとマザーボードに通電されて、ボード上の通電確認LEDが点灯するはずですが、それが点灯していません。マザーボードには正面スイッチのON/OFFとは関係なく、常時給電されていて、正面スイッチが押されるのを監視しながら待機状態になっていなければならないので、それが常時給電の確認LEDが消灯しているということは、電源の故障が強く疑われます。

実は同じような症状が昨年の秋にも発生したのですが、その時はいろいろいじっているうちに治ってしまいました。しかし、今度こそ故障のようです。

この電源、使用してるケースに付属のもので、2010年購入です。もう10年経つので寿命でしょうね。ほとんど使っていないパソコンですが、すでに述べたように、コンセントに差しているだけで、実際には動作し続けているので部品の劣化が発生していたのかも。

ネットでいまどきのおすすめ電源を検索して、ここ数年の定番である、AntecのNeoECO 550Goldを買いました。

20051102 20051103

ヨドバシ通販で買いましたが、いつものら即日出荷なのに、今回は数日かかった~たぶん、コロナの影響なんでしょうね。こんなイイ電源をあまり使わないリビングPCに投入するのはもったいないので、自室のメインPCに使用。で、おさがりとなったSeaSonicのSS-560KMを故障した電源と交換

20051104

左が故障した電源、ケースに付属していたものだから、怪しい製品だと思っていたら、なんとこっちもAntecでした。しかも80PLUS認定品。意外でした。

パソコンパーツの中で電源はPower Supply だけあって非常に重要な部品ですが、その品質・性能は目に見えてわかるわけじゃないのでなかなか選ぶのが難しいですね。故障しないことが最大の性能基準ですからね。その信頼性も、個人が数台買う程度じゃわからないし。

一応、パソコンオタクだった時代があり、秋葉原がパソコンの聖地だった90年代後半には毎週のように秋葉に通って、パーツを買ってました。そのころは、あのメーカーの電源がいいらしいという根拠があいまいな情報をもとに高い電源を買ったりしたものです。Cool&MasterとかEnermaxとか、SevenTeamとか、いろいろ買いました。最近は(といっても最後に買ってから8年近く経ってましたが)Seassonicを愛用しています。今回はAntecになりましたが。

で、交換したら、当然ばっちり起動! のはずが画面(TV)が真っ暗なまま、でもSSDのアクセスランプが点灯しているのでWindowsは起動している様子、なんでかなぁって思っていたら、HDMIケーブルの接触不良でした。こういう複合的なトラブルは勘弁してほしいな。

 

 

 

2020年5月 8日 (金)

タイヤもAmazonで買える時代

今年のGWはステイホームってことで、家でのんびり。暖かい日を狙って冬タイヤから夏タイヤに変えました。

もっと早くに変えてもよかったのですが、冬タイヤが2013年製のBSのブリザックVRX,冬はあまり乗らないこともありまだ溝は6㎜くらい残ってましたが、さすがに6シーズンも履かせたので今春で廃棄予定。このまま夏も履いたままでもよいけど、スタッドレスタイヤは走行音がうるさいし、制動性能も劣るので、夏タイヤに変えました。

その夏タイヤも昨年の段階でディーラーから交換を薦められていたので、新品に買い換えました。これまで履いていたいのが、購入時についていたブルーアース。そして、新しく買ったのがDunlopのルマンVです。

20050301

購入に際していくつか候補があったのですが、燃費性能とウエットグリップのバランスのよさ、そして音が静かだとの評判からこれにしました。Amazonの通販で購入。価格は4本で3万4千円(税込み)ほどした(185/65R15)。このタイヤをタイヤ専門店やカー用品店で買うと倍まではいきませんが、4割くらい高くなってしまいます。かつては通販の本屋だと思っていたAmazonですが、今ではタイヤまで買えてしまうんですね(Amazonのマーケットプレイスではなく、Amazon本体から出荷)。製造年月は2019年の第40~50週でした。

Amazonで安く買えるのですが、送られてくるのはタイヤ本体のみ。ホイールから古いタイヤを取り外して新しいタイヤに付け替える「入れ替え」、重心のブレを調整する「バランス取り」、古いタイヤの廃棄が別途必要になりますが、幸いなことに隣町で格安で、しかも通販で購入したタイヤ大歓迎のお店があったのでそこでお願いしました。しかも、通販の配送先に直接おそのお店を指定してもよいとのことでしたので、Amazonから直送しました。バルブ交換を含めて8千円弱でした。

新品タイヤにしてさっそく乗ってみましたが、段差を超えたときの衝撃音がまろやかになりました。走行音は思ったほど静かではなかったですが、スタッドレスと比較すると明らかに静かです。

この冬にはスタッドレスも新調する予定ですが、このお店に頼もうかな。

 

2020年5月 5日 (火)

リッチェルのビニル製品の修理

ベビー用品で有名なリッチェルの製品をいくつか使ってます。

ふかふか授乳クッション」と「ふかふかベビーバスW」はともに愛用してます。といっても授乳クッションは妻がお気に入り。ベビーバスは沐浴担当の私のお気に入り。どちらもビニル製で空気を入れて膨らませて使うタイプです。

ベビーバスは柔らかいのでぶつけて怪我をする心配はないですし、中央の突起がこれまた便利で、おまたに挟むことで、赤ちゃんが水の中にずり落ちるのを防止してくれるし、この突起に体を載せて、洗ったりとよくできた製品です。

ところが、授乳クッションを使い始めて2,3か月経過したところで、突然空気が抜けるようになってしまいました。調べてみたところ・・

20050201

補強?のために入れられた2本のライン(少し厚くなっています)の終端部分から空気が漏れていました。拡大すると

20050202いかにも割れそうな部分です。自転車のパンク修理と同じ要領で、ビニルテープを四角く切って、粘着のりを取り除いてパッチを作り、塩化ビニル専用の接着剤で貼り付けました。ちなみに、この「ボンド ビニル用」、100円ちょっとの安い接着剤なのですが、なぜかホーマックには売っていなかったので、イエローグローブで購入。

修理して安心していたら・・1週間後再び「パンク」。修理ミスかと思ったら、修理したのとは別な個所(2か所)から漏れてました。これはもう設計上の問題かもしれません。予防的にほかの箇所も接着剤で塗り固めておきました。

それから1週間くらいしたら、こんどはベビーバスもパンク! やはり、同じように補強ラインの終端が割れて、そこから空気が漏れてました。こっちも同じ問題を抱えているようです。こっちも修理して再び問題なく使えるようになりました。

 

 

« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »