« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »

2019年11月の記事

2019年11月13日 (水)

ワインアプリVivino

お酒は基本的に週末しか飲みません。以前は金曜の夜に坂道練習して、そのまま汗だくでセイコーマートに立ち寄ってワンコイン・ワインを買う生活をしてました。で、日曜日にももう一本(^^)。計2本/週って感じでワインを消費していたのですが、どうせならもう少し美味しいワインを飲みたいってことで、日曜日に1本だけ、そのかわり単価を1000円前後にアップして飲んでいるのが最近の生活です。

お気に入りのワインとかが特にあるわけじゃないのと、いろいろなワインを楽しみたいので、デパート(丸井今井or伊勢丹)で時々企画している「ボルドー金賞受賞ワインセット」とかを購入しています。さすが、500円前後のワインより美味しく、時々これはイイ!と思うものもあります。

ほんとは、ボルドーよりもブルゴーニュ地方のピノノワール種のワインが好きなんだけど、ピノノワールで美味しいワインって2千円超になってしまうので、なかなか買えないです。

ボルドーワインに限定してもすごい数の銘柄があって、美味しかったワインを覚えるのが難しい・・・
そこで、以前知り合いから教えてもらった、スマホアプリ「Vivino」をインストールして使っています。

19111301

このアプリのいいところは、ワインのラベルの写真を撮るだけで、データーベースから、銘柄の詳細、五つ星まである星の数での評価、平均価格、飲んだ人のレビューとかがたちどころに表示されます。さらに、自分の評価も書きこんで保存できます。やはり、値段が高く、評価の星の数が多いワインは確かに美味しいですね。

丸井今井のよくある12本で1万円ほどのセット商品、このアプリで表示される平均価格からするとお買い得なようなです。ときどき2千円クラスのワインが入っていますし、それは明らかに美味しいです。一方、先日買った伊勢丹のセット商品には、300円クラスのワインが入っていて、ちょっと残念な感じ、(300円台は2017年のもので、セットに入っていたのは平均900円の2015年のものでした。飲んでみたら美味しかった)

ワイン以外にもウイスキーも好きなのですが、こっちはやっぱり2千円以上じゃないと美味しくないので、なかなか買えないです。もっとも40%が基本だから、一晩で飲むのは無理だし、それを考えたらワインより安いのですがなかなか買えないです。しかも国産ウイスキーはどれも高くなって手が出ません。昔は山崎とか手軽に買えたんだけどなぁ。

逆に、10年ほど前にヒースローの免税店で購入したボウモアの21年物の限定品のスコッチ、2万円ほどで購入したけど、なかなか開封する勇気がなくて、今まで眠らせていました。先日、ふと価格を調べてみたら、メルカリとかで5万円超で取引されているみたい。こうなるとますます飲むのがもったいないです。

« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »