« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »

2019年3月の記事

2019年3月27日 (水)

メインPCのHDDをSSDに換装~Windows10再インストール

2013年に更新したメインPC,基本的に不満なく使っていましたが、起動時の遅さが気になってました。Windows10自身の起動は早いのですが、そこからWebブラウザを立ち上げて使えるようになるまでの時間が長いです。その間、HDDがガリガリとアクセス音を立ててます。一足先にSSDに換装したリビングのPCはめちゃ起動が早くなり快適なだけに、その遅さが余計に気になってました。

また、現在使っているHDD2台(2010年製)がたまにアクセス中に変な音がすることがあるのと、CrystakDiskInfoで状態を確認してみたところ、


19032602_2


Dドライブに黄色信号が点灯してました。セクタに異常が発生して代替処理が行われています。動作時間も1万6千時間をこえて、そろそろ寿命かなということろです。

ということで、メインPCもSSDに載せ替えることにしました。どうせ更新するなら、マザーやCPUも一新して、NVMe M.2接続な高速SSDにしたい気持ちもあったのですが、SATA接続でも十分早いので、リビングPCと同じCrucial MX500を購入しました。

このメインPC。HDDを2台搭載していますが、当初はRAID1(ミラーリング)設定により1台の仮想ディスクとして運用してました。ところが、ある日にBIOS設定をしくじってRIADを解除してしまい、それぞれC:ドライブ、Dドライブと別々なDISKとして運用してます。しかもややこしいことに、SATAの0チャンネルにD:ドライブ、1チャンネルにC:ドライブを割り当てた上に、D:ドライブのブートパーティションから起動して、C:ドライブのWindowsを立ち上げるという変な設定になっています。


そんな面倒な設定だったことを忘れて、D:ドライブを外して、購入したSSDを接続して・・・


 


19032601_1


電源を入れてみたところ・・・当然ブートドライブが消失したので起動しません。
そこから苦闘がはじまります。WindowsのインストールDVDで起動して、修復メニューから
19032602_1


スタートアップ修復を試みましたが、失敗。コマンドプロンプトから
bootrec /fixmbr や、bootrec /fixboot を実行することで、とりあえず、MBRの書き込みに成功して、Windowsを起動しようとする画面が出るようになりましたが、
19032603

この画面の後、起動に失敗してしまいます。さらに、あれこれトライしているうちに、C:ドライブが読めなくなってしまいました。これはCHKDISKコマンドで修復できましたが、いくつかのファイルを壊してしまいました。


ということで、Windowsの修復はあきらめて、SSDに新規にWindows10を入れることにしました。


昔と違って、今のWindowsはインストールがとても簡単になりましたね。昔ならいろいろなデバイスドライバーを用意したりして、半日仕事だったのが、今ではほとんど何も考えずにインストールできてしまいました。Windows10自身もMicrosftの公式サイトから最新版ダウンロードできます。もちろん、別途ライセンスを持っている必要がありますが、Microsoftアカウントを持っていて、そのパソコンでサインインして使っていれば、ライセンス情報はそのアカウントに紐づけられます。なので、今回のようにWindowsを新規に入れなおしても、サインインすれば、問題なく使えます。


OSのインストール後は、旧HDDからデータのコピーとアプリの再インストールが待っています。とりあえず、マイドキュメントのファイルをコピーして、Webブラウザ(Firefox)やメールソフト(Thunderbird)などを入れ終わったところです。ブラウザ設定や過去のメールデータは


C:\Users\ユーザ名\AppData\Roaming\Mozilla\Firefox\

C:\Users\ユーザ名 \AppData\Roaming\Thunderbird
に保存されているので、これらを古いHDDからコピーしてくれば、設定やデータを引き継ぐことができます。ということで、今このブログ記事も書くことができてます。


 


 

2019年3月23日 (土)

東京マラソン2019~準エリート選考基準(北海道の場合)

東京マラソンの準エリートの選考基準、公式ページから要約すると
  • 陸連登録していること
  • その登録した都道府県の選考レースにでること(北海道の場合は函館マラソン)
  • 基準タイムをクリアした人の中で上位40~50人が選ばれます。北海道は競技人口が多いので50人まで選ばれるようです。
選考基準はフルマラソンなら男子2時間55分以内、女子3時間40分以内。ハーフマラソンなら男子1時間21分以内、女子1時間45分以内
です。正直この基準はちょっと緩い(特に女子)ので、函館マラソンでこの基準をクリアした人は50人以上います。

となると、ハーフとフルの上位者から選んでいき、どこかで打ち切るわけですが、その基準が不明です。そこで、公式記録から北海道の準エリートランナーを抽出して、函館マラソンの結果を照らし合わしてみました。

以下の結果は一部手作業で行ったため、公式なものではありません。
  • 北海道から出場した準エリート(DNS含む):男子21人、女子24人
  • 男子の内訳:ハーフで獲得15人(最遅タイム1:18:15)、フルで獲得6人(最遅タイム2:47:47)
  • 女子の内訳:ハーフで獲得18人(最遅タイム1:37:40)、フルで獲得6人(最遅タイム3:21:16)
こうやってみると、フルで獲得している人が男女とも少ないです。もともと函館マラソンはハーフはタイムを狙える大会、フルは過酷なコースということなので、フルで狙うのは厳しいですね。男子は公式の参加基準をかなり余裕をもってクリアしないと参加資格をゲットできない感じです。
女子も基準タイムでは厳しいですが、ハーフで95分を切っていればとりあえず安全圏ってところでしょうか。もちろん、次年度以降どうなるかわかりませんが。

2019年3月 6日 (水)

東京マラソン2019~後日

東京マラソン、走った後は靴擦れとかは無かったのですが、インナーパンツのゴムひもで股ずれができたのと、膝同士がぶつかったときに少しすれてしまいました。
そして、右足の外側が少し痛みます。この痛み、短腓骨筋腱付着部炎な感じです。前回東京マラソン走った時は左足にこの症状がでましたが、今回は右足、ちょっとした左右のバランスの悪さと、着地の時に外側に荷重がかかり過ぎているのが原因かも。幸い症状は軽いので数日で治りました。

せっかく東京にきたので、年休を取って月曜まで滞在することにしました。ホテルはお気に入りの舞浜ユーラシア。塩分の強い温泉なので、股ずれの所がしみた~。

翌月曜日はディズニーで遊ぼうかと思っていたのですが、あいにくの雨模様。どこに行こうか迷っていたら妹からの助言をもらって、幕張のアウトレットに行ってきました。アシックスではライトレーサーRS5が安く売っていたのでそれを買おうかと思ったのですが、隣のナイキに行ったところ、ズームペガサス35が7100円ほどで売っていたので衝動買いしていました。

19030601
同じくナイキのヴェイパーフライ4%やズームフライと同系統の厚底シューズです。ただし、トップ選手がこぞって履いているヴェイパーとは違い、これには反発力を高める『バネ』が入ってませんので、ジョグ用です。日本記録を出した大迫選手もジョグに使っているとか。

試履きしてみると、たしかに重心を前に持っていくとコロっと転がるような感覚があり、勝手に足が前に出る感じです。重量は275gと重たい部類に入りますが、あまり重さは感じられません。踵の接地面が跳ね上がっているので、着地の時に地面に接触することがありません。

欠点といえば、踵のヒールカップが浅めで、ブカブカする感じがしてフィット感がいまいちです。逆にこっちのほうがアキレス腱にあたらないからいいんだという人もいるらしいので、好みの問題ですね。

アウトレットを回った後は銀座に移動してプラプラ。三越に手荷物を預けて、東急プラザとかを回りました。夕食はお気に入りの酒粕ラーメンのお店「風見」 17:30開店に合わせて入店。美味しくいただきました。

がしかし、食べながらふと時計をみると時刻は18時近く。そういえば飛行機は19:30、出発15分前までにはチェックインしないといけないことを考えると全然余裕がないことに気が付きました。

慌てて三越に戻ってB1Fのカウンターで荷物を受け取って、東銀座駅から空港直行の電車に乗りました。19時前にのは空港に到着したのでセーフでしたが、一本電車を逃していたら危なかったかも。

2019年3月 5日 (火)

東京マラソン2019~当日

東京マラソン、目標の2時間45分にあと一歩届かず・・・

宿泊は新宿の小田急センチュリーサザンタワー,夜景を見ながらのんびり過ごしました。22

Fからの夜景は綺麗でした。
19030501
前日はこんなにきれいな空だったのに・・・・
夕食は新宿駅の地下街で中華そば大盛
19030502
寝付きは悪くなかったのですが、練習の成果を発揮しなくては~というプレッシャーから、ここ最近のレースの中ではいつになく緊張していて数日前から悪夢を見てました。

AM5:30にアラーム,実際の起きたのは6時前。前日まで天気予報では曇のち雨で,雨が降り出すのが夕方からだったので,雨の心配はないと思っていたたところ,朝起きて予報をみると・・なんと朝から雨の予報。外をみるともうぽつぽつ降り出しているではないですか! びっくり~そして急にやる気がダウン↓↓↓

朝食はコンビニおにぎり2個,アサリ味噌汁。レース前にヴィーダーinゼリー1個
(ほんとはバナナを追加で食べる予定が買い忘れた)

7:40にホテルを出発,エレベーターで一緒になったデンマークからの参加者に道案内を頼まれたので,一緒に会場へ。このときすでに弱い雨が降ってました。

スターと会場は激込み,トイレはどこも長蛇の列。幸いなことに尿意はなかったのでトイレには並ばず,着替えと荷物預け。当初Tシャツだけで走るつもりでしたが,それだと冷えると判断して,中に長袖を着ました。結果としてこれは正解でした。スタートまではゴミ袋をかぶって,保温&雨除けしました。

荷物預けは並ばないで済みましたが,整列場所への入り口が分からず迷ってしまった。途中で聞いたスタッフに間違った場所を教えられたり(>_<)

整列した時刻は覚えていませんが,Aブロックの中ほどに整列。男女分かれて並ぶので,周りは速いランナーばかり,周囲の会話が,普通に福岡国際に出た話題とか,3分40秒/㎞で行くとか・・レベルの高い会話が飛び交ってます。

スタート2分前にゴミ袋を脱いで畳んで短パンの後ろに挟んでおきました(ゴール後にすぐに着れるようにと思ったのですが、走っているうちにパンツの中に落ちてきたので途中でゴミ箱に捨てました)。

9:10よーいどーん
スタートロス:19秒,通過順位は800番台でした。
スタートライン通過まで予想以上に時間がかかりました。路面には脱ぎ捨てたカッパとか落ちていて危なかった。

最初の5㎞まで下り基調,調子よく飛ばせます。ただ,カーブが多く,しっかり先を読まないとカーブの外側を走ってロスしてしまいます。5㎞の給水は左右に給水所があるのですが,ほとんどのランナーがカーブ外側の左の給水所を使ってました。

00-05km ラップタイム18分53秒(3'47"/km)

下りなのに思ったほどタイムが良くありません。寒さの影響でしょうか? この辺で,苫小牧のSさんが声をかけてきました。その後、しばらくついて行きましたが10㎞の給水で見失いました。

それにしても,3分40秒/km台で走るランナーが数百人もいる大会は壮観です。洞爺だとこのペースで走るランナーは数十人だけに,こんなにも速いランナーがいるんだぁ~と感動してしまいました。外国人ランナーもかなり多かったです。周りはほとんどランシャツ姿が多くて,ときどき,カッパを着たままのランナーがいる程度でした。

05-10km ラップタイム19分03秒(3'49"/km)

あいわらず前後に多くのランナーがいます。その熱気の影響なのかそれほど寒くない,むしろ熱いくらいで首元を緩めて冷たい風を入れたりしたくらいです。

10-15km ラップタイム19分08秒(3'50"/km)

今回,GPSの誤差が大きくて全然参考にならなかったです。しかも声援がすごくて1㎞毎のラップ音を聞こえないことが多くて全然役立たず。なので自分のペースが全然わかりませんでした。ときどき,股関節周りの筋肉の張りを感じることがありましたが,問題なく走れてました。

15-20km ラップタイム19分24秒(3'53"/km)

中間点通過もまずまずのタイムでまだ2時間45分は射程圏内な感じです。しかし,徐々にペースが落ちてきました。
20㎞手前でゼリーを摂取。給水は5㎞毎のポカリだけを取りました。

20-25km ラップタイム19分44秒(3'57"/km)

実はこの辺で45分切りは無理だと思い始めて,モチベーションダウン。サブ50に目標を切り替えようかと思い始めました。

25-30km ラップタイム19分55秒(3'59"/km)

あまりGPSが信用できないとはいえ,ペースが4分/km前後まで落ちてしまったことは気が付いてました。
空腹感やのどの渇きもなかったので,もう1個のゼリーは取らず,30㎞以降は給水も取りませんでした。

30-35km ラップタイム19分55秒(3'59"/km)

残り10㎞付近で時計を見ると2時間5分ちょうど・・・ということは残りを4分/kmで走りきればまだ45分切りが狙えることに気が付きました。これでがぜんやる気がでてペースアップ。この辺から周りのランナーをどんどん抜いていきます。足も結構元気に動くし,これはまさかのネガティブラップができるんじゃない!?なんて思ってしまいました。実際にはそこまでペースは上がってなかったんですが。

この付近でドラえもんの仮想をしたランナーが近くにいて,その声援がすごかった・・はっきり言うとちょっと煩かったです。幸い,ドラえもんのペースが速くて,先に行ってくれました。

35-40km ラップタイム20分16秒(4'03"/km)

36㎞の折り返し後,さすがに脚が疲れてきてペースが落ち始めてしまいました。残り5㎞で時計をみると45分切りには20秒ほど足りない感じ・・厳しくなってきました。でも、周りは私以上に失速している人が多くてどんどん抜いていきます。20㎞以降200人ほど抜いたようです。

40km-Goalラップタイム8分56秒(4'04"/km)

40㎞を過ぎると着地音がバタバタとしてきて,ペースもダウン。それでもここ最近のレースではペースの落ちこみは少なかったです。残り1㎞,石畳の道路に入ってからがやたら長く感じました。

ゴール直前の直角コーナー,インに入ったら前のランナーが急減速して行き場を失ってちょっとロス。1秒くらいなので大したことないのですが,最後ちょっともったいなかった。

そしてゴール,ネットタイムでも45分切りには15秒ほど足りませんでした。いろいろと課題が見えたレースでした。
そして,ゴール後,延々と歩かされるのですが,ここで体がすっかり冷え切って大変でした。ゴール直後に渡されるのが冷たい水・・・いらないのでもらいませんでした。そして,一番先に欲しい完走タオルと保温アルミ箔シートの配布場所が遠い(>_<)

これだけの大人数のランナーなのに沿道から見つけてくれてたくさんの声援をもらいました。そして応援ナビからの応援もありがとうございました。
ガーミンのログを見ると
19030501_2
ビルの影響なのか、誤差が出まくりです。特にゴール付近は酷いです。43.3kmも走ったことになってました。

2019年3月 1日 (金)

東京マラソン2019~前々日

東京マラソンの前々日になりました。2年前に参加して以来の2回目となります。以前はほとんど興味のない大会だったのですが、一回くらいは出てみようかと思って参加したのが2年前、もうこれでいいや~と思ったけど、去年の大会をTVで見ていたら、また出たくなったので今年も参加することにしました。なんせ反則に近いくらいの高速コースですし、応援も凄いし。
週間予報をずーとチェックしていたのですが、当初は雨予報・・・この時期の雨はかなり辛いので意気消沈していたのですが、最新の予報では『曇りのち雨』。レースは午前中なので雨には当たらなさそうです。しかも曇りで日差しがないので暑くなる心配もなし、Windy.comによると風も弱い。となるとタイムが狙えそうです。
まずはお約束の勝負服アップ
19030101
先日購入したアシックス ターサージール6で勝負します。試履きは5㎞しかしてませんが、レースはいつもターサージールなので、ほぼ新品でも不安はなし。ソックスは愛用のターサーソックスがなくて、アディダスの滑り止め付きのやつにします。これがちょっと心配です。
2年前は長袖で着たのですが、ちょっと暑かったので、今年はTシャツで勝負します。万が一雨なら、ごみ袋で胴体だけ防水したいと思います。 帽子は雨が降らなければいらないかな。
さて、レースペースですが、正直わかりません。この時期のレースはほとんど走ったことがないので、予想がつきません。前回は故障でほとんど練習していなかったので「ファンラン」だったので参考になりません。
 今年は、故障せずに冬を乗り越えたし、年明けからほぼ毎週ロング走をして走りこんでます。いつも雪道を走って故障していたので、今年は基本的に雪道で長い距離は走らないようにしました。これが良かったみたいです。幸いなことに今年は雪が少なくて、1か月下旬まで白老の積雪が無かったのでロードでロングできましたし、2月は入江の陸上競技場で走りこみました。この競技場、除雪してくれるので真冬でも走れるんです。しかも冬は利用者が少ないので、第一レーンを独占して走れる日が多いです。
ただし、左回りのトラックばかり走ったせいで、左右のバランスがちょっと崩れてしまった気がします。それはともかく、ハーフ走で1時間20分、4分/kmで30㎞ペース走がきっちり走れているので、かなり仕上がっているはずです。なので、目標タイムは2時間45分切りです。詳細なペース計画はありませんが、スタート後は下り坂もあるので3分40秒/km台の前半で攻めていこうと思います。

« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »