« 2018年10月 | トップページ

2018年11月の記事

2018年11月15日 (木)

吉祥航空

先日、出張で中国の上海&杭州に行ってきました。現在北海道の観光人気ということもあり、中国から千歳への直行便が多数飛んでます。ということで、吉祥航空を使って、千歳から乗り換えなしで直接上海に飛ぶフライトにしてみました。往復で5万円ちょっとです。沖縄に行くのと同じくらいかな。
 
千歳の国際線ターミナル・・久しぶりに利用しましたが、雰囲気が海外の空港ですね。この写真を見て千歳空港だと気が付く人って日本人はあまりいないんじゃないかな。
18111402
飛行機は沖止めされているので、バスでの移動です。
18111403
はるか先に飛行機が見えます。
18111404
空港ターミナルをこんな離れた場所から見られるのは貴重な経験かも。
18111405
機材はエアバスA320・・だったかな。往路はエコノミーの最前列で足元に余裕があったのですが、帰りはエコノミーの後方席。左右のピッチは比較的余裕がありましたが、前後のピッチがせまく、膝が前の座席にあたっりぱなしで窮屈でした。さすが利用客がほぼ100%短足低身長なアジア人(日本人を含めて)だけあって、ぎりぎりまで乗客を詰め込んでいるんでしょうね。おまけに個人モニターもなし。機材で言うと国内向けLCCの機材って感じですね。約4時間のフライトでしたが、何もすることがなかったです。
 
機内食はこんな感じ
18111406
おやつの詰め合わせって感じです。注意書きは中国語でしたが、生の果物の持ち込みがダメってことが何となく読めました。乗客もほとんど中国人ってこともあり、CAも中国語で呼びかけてきます。ドリンクでコーヒーを頼んだら、初めから砂糖とミルクが混ぜられてました。こんなところも日系航空会社とは違います。
 
帰路は上海を9時過ぎに出発する便、これもまた沖止めでバスで移動。しかも第2ターミナル出発だったのに飛行機は第1ターミナル側に止めてあったようで、延々とバスで移動となりました。18111407
昼頃の便ってこともあり、機内食には行きと同じお菓子の詰め合わせに加えて、蒸しパンが付いてました。
18111408
でも、国際線としてはちょっとしょぼいですね。フライトタイムは4時間弱の予定でしたが、追い風だったのか、3時間ほどで千歳に到着。国際線としては短距離なのにこんなにも早く着くことがあるんですね。
 
千歳ではバスではなく、ゲートに到着してブリッジを使って降りることができました。
安いし、発着の時間帯も悪くないけどまた使いたいとは思わないかなぁ。
 

2018年11月 6日 (火)

フィンエア&ヘルシンキ初体験

しばらく忙しい時期が続いたのですがようやくひと段落、気が付くともう11月・・・(汗
で、今頃になって9月の出来事を・・・
地震の直後の日曜からヨーロッパに出張でした。一時は停電で行けないのではと心配したのですが、なんとか無事に準備して出発。
千歳空港はまだ売店が再開できず閑散としてました。
18110501
成田経由で、ヘルシンキまではJALのB787、やっぱJALは機内食も美味しいし快適です。
日本からヨーロッパに飛ぶ便は北回りでシベリア上空を通過して、フィンランド方面から南下してヨーロッパに入ります。なので、ヘルシンキはまさに欧州の入り口。ここで乗り換えると、最短距離で欧州各地に行くことができるので、便利なロケーションです。そんなこともあって、地元フィンエアをはじめとしてアジアからの飛行機が多数押しかけます。
ヘルシンキ空港自体は比較的コンパクトな設計で、乗り継ぎ時間も1時間もかからないことを売りにしていたのですが、あまりにも便数が増えて、しかも夕方に殺到するものだから、空港内は大混雑。
18110502
写真はまだ空いている場所を取りましたが、トイレにも行列、ラウンジの入り口も入場待ちの列ができてました。
入国審査では、日本人向けの自動化ゲートもありましたが、列を整理する係員が込み具合をみて有人ゲートに行けと言われたので、有人ゲートで入国審査を受けました。
そこも長蛇の列、しかもヨーロッパの入国では珍しいことに、いろいろと質問してきます。いきなり滞在日時を聞かれて・・・準備してなかったので焦ってしまった。帰る曜日はわかるけど、それが今日から数えて何日目ってすぐには答えられないですよね。
フィンランドからこの日の目的地のミュンヘンまではA321でした。ミュンヘン到着後は空港内のビアガー(エアブロイ)でビールと白ソーセージで乾杯
18110504
18110505
9月上旬で過ごしやすい天気、気持ちの良い天気の下で飲むビールは格別です。しかも結構安い・・・ここのビールは市内より安いらしいし、この場で醸造しているので、鮮度も抜群。飲むならここですね。
・・・ここから滞在中の話をすっとばして・・・
帰りは再びヘルシンキ経由。このときも夕方で空港内は大混雑。出国審査では自動化ゲートを使いましたが、なかなか顔を認識してくれなくて、時間がかかってしまった。ふと眼鏡を外すような指示が書かれた絵が張られているのを見つけて、眼鏡を外したらすぐに認識してくれた。
日本とは違い、自動化ゲートを通過してもパスポートにハンコを押してくれます。乗り継ぎはこの出国審査だけでしたが、ゲートに到着まで30分もかかってしまい、到着したときにはファイナルコールになってました。
ヘルシンキから成田までの便はA350-900でした。エアバスはあんまり乗り慣れていないので奇妙な感じです。
機内食はまぁ、一般的なレベル。可もなく不可もなくといったところです。
18110508
座席構成は3+3+3構成はゆとりがありました。ただ、トイレの後ろの席で前は壁なので、足元広々なのはよいのですが、左右の通路を行き来するのがここしかないので、トイレ待ちの乗客ばかりか、CAまでもがここを通ります。そのたびに脚を引っ込めるのは面倒。しかも左右それぞれ2台あるトイレのうち、窓側のトイレの存在に気が付かない客が結構いて、そこが空いているのに私の前を通って反対側に行こうとする客に、空いているトイレを教えてあげたり・・・あんまり快適じゃないです。

10時間弱で到着するのはありがたい反面、夕方発朝着の便としては、寝る時間が短いのが難点。食事して眠くなるまで映画見てたりしてたら、睡眠時間は3時間も取れなかった。こういうときはパリ→東京便の方がよかったりします。それとときどき、映画の再生がフリーズしてしまいました。隣の人も同じタイミングでフリーズしてました。まるで昔のWindowsのような不安定さはちょっと頂けないな。

« 2018年10月 | トップページ