« スピーカー購入 | トップページ | 地震その後 »

2018年9月22日 (土)

台風と地震

今月はバタバタと忙しくてブログは後回しにしてました。
東胆振地震が発生したとき、私はススキノのホテルの11Fで寝てました。
前日から札幌にきてました。家を出たときはAM5:30、早朝でまだ台風の強風が吹き荒れ、JRは運休、高速道路も千歳空港まで通行止めでした。国道を車で移動中、白老や千歳で停電が発生して信号が止まっているところが何か所も・・こんな光景は数年前の室蘭・登別大停電以来です。まさかそれを翌日にも体験することになるとは・・・
 
札幌市内も落ち葉が道路を覆ってました。
18092201
2004年の台風18号を思い出します。あのときは北大のポプラ並木が倒れ、私は自転車で出勤中に自転車ごと飛ばされそうになりました。
今回の台風は朝には通り抜けていたので天気は急速に回復し、夕方には綺麗な虹が・・
18092202
明日はきっといい日になりそうって雰囲気だったのですが・・・その深夜に地震発生。
 
大きな揺れですぐに目を覚まし、揺れている途中で緊急地震速報で携帯がなりました。鳴る前から大地震だと直感してした。直後に起きてTVやパソコンを開いて情報を調べていたら停電・・・ホテルの非常用電源が作動し、部屋に一つ照明が点灯しました。
 
翌朝、まだ停電。スマホで情報収集。たまたま今月から料金プランを変更して、1GBまで定額プランに変更しておいて本当に助かりました。ホテル内の移動は非常階段ですが、これが暗くて足元が全然見えません。かろうじて赤いランプがついてますが、全然役に立ちません。ライトを持っていないとかなり危険です。実際、なんども壁にぶつかったりしました。
ホテルの非常電源の発電機の音が夕方に止まり、水が出なくなってしまいました。おそらく燃料が切れたんでしょう。
18092203
TV塔も当然真っ暗。こんな景色もう一生みることはないと思います、と思いたいです。
朝食は前日の夜に買い込んであったので助かりました。札幌市中心街のコンビニは開いているところはどこも長蛇の列でした。セイコマは営業中、セブンイレブンもほとんどの店が開いていて、停電でも電池式のバーコードリーダーでレジ作業をしてました。おそらく事前に停電対策をしてたんでしょうね。それに対してローソンは閉店。大手でも災害対応にずいぶんと差がでましたね。
18092204
札幌駅はこんな感じ。まぁJRが止まるのはそれほど珍しくないので!、貴重な写真ではないなぁ。
 
自家用車で札幌で来ていたので帰ることができましたが、もともと札幌で給油するつもりだったので、室蘭にもどるだけのガソリンがありません。開いているスタンドはどこも長蛇の列だと聞いていたのでがっくり。でも給油しなければならなかったので、高速道路の輪厚PAで給油。ここでも20分近く並びました。さらに2000円分の給油制限でした。
 
帰宅してみると停電中。同じ町内ですでに復旧しているところがあったので、残念な気分。幸い、家の中の見渡しても落下物はほとんどなく、被害はありませんでした・・・
TVや食器棚、本棚とか倒れやすいものは事前に転倒防止の固定をしていたのが役に立ったみたい。
が、夕食の準備中、食器棚の扉を開けたところ、落ちかかっていたガラス食器が2枚落ちて割れちゃった。
18092206
掃除機が使えないのでガムテープでひたすら破片回収。手痛い損害です。でも、不用意に扉を開けるのが危険だと気が付いたおかげで、隣のグラスの棚を開けるときは、下にクッションを置いてから慎重に開けました。予想通り、ワイングラスとかが落ちかかっており、不用意に開けていたら大損害になるところでした。
 
室蘭・登別大停電を経験しているので、カセットコンロは2台持ち、ガス缶も6本あったので熱源の心配はなし。水道は出ていたので水の心配もなし。トイレも、手動で水を流す方法を覚えていたので問題なし。非常食はもう少し常備しておけばよかったなぁと後悔です。
エコキュートなのでタンクに熱湯が残っているはずなのに、停電中はなぜかお湯がでませんでした。なんでだったのかな? 停電復旧とともにお湯が出たのでタンクにお湯は溜まっていたのは確かなのですが。

« スピーカー購入 | トップページ | 地震その後 »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173234/67195188

この記事へのトラックバック一覧です: 台風と地震:

« スピーカー購入 | トップページ | 地震その後 »