« 岩見沢トレラン2018~当日 | トップページ | オロフレ山登山 »

2018年8月16日 (木)

8cm屈折望遠鏡自作~鏡筒製作編

火星大接近に合わせて急きょ作ることにした8㎝屈折望遠鏡の製作記
先日アップした鏡筒準備編の続編、鏡筒の本体編です。
鏡筒本体はホームセンターで購入した塩ビパイプVU75です。1mにカットされたものを購入してきて、さらに焦点距離を考慮して80㎝ほどにカットしました。これを対物レンズを収めたセルにジョイントでつなぎました。ジョイントはかなりきつくて、かなりの力で押し込む必要がありました。なので外れる心配はなさそうなので、接着剤は使っていません。
 
一方、接眼レンズ側は、パイプとの間に隙間があるので、アルミテープを巻いて太くし、最後は薄いステンレステープで調整しました。
18081701
これをパイプに押し込んでとりあえず外見上は完成です。
18081702
みるからに下水パイプを連想させる色ですが、後日白いカッティングシートでも張って望遠鏡らしい外見に仕上げる予定です。今は火星が大接近しているうちに完成を急ぎます。
 
次は鏡筒内部の処理・・迷光対策です。惑星を見る分にはあまり影響はないかもしれませんが、明るい月とかを見る際には、この対策をしないとコントラストが大幅に低下してしまいます。そこで購入したのが、黒の植毛紙です。
18081703
写真左が黒のケント紙、右が購入した植毛紙です。左の紙はグレーに写っていますが、ちゃんとした黒です。そして、植毛紙は吸い込まれそうなくらい真っ黒です。これをパイプの中に貼るだけで十分な効果が期待できます。ちなみに、裏面は粘着のあり・なしが選べますが、情報を集めたところ、粘着なしの方が張る作業が楽とのことでしたので、粘着無しタイプを購入しました。
 
通常の望遠鏡は内部をつや消し黒で塗るだけでなく、遮光環を何枚か入れて迷光対策をします。ということで、3枚ほど入れることにしました。これは黒のケント紙をカッター付きコンパスで切り抜いて作成しました。
18081704
遮光環の枚数や位置、内径の計算方法はちゃんとした方法があるのですが、今回は適当に内径7㎝、6㎝、5㎝の3枚にしました。ただし、設置する位置はレンズからの光をカットしないように計算しました。具体的には焦点距離(実測970mm)の位置にφ30mmの大きさ(イメージサークル)で集光すると仮定して、その光をぎりぎりカットしない位置を計算して配置しました。高倍率のアイピースを仮定すると、もっと絞っても良いのですが、低倍率での使用も考慮しました。
 
遮光環自体はペラペラの紙なので、鏡筒のパイプの余りを3㎝幅で切り出して、写真のように19mmほど切れ目を入れると、鏡筒の中に納まるので、これに遮光環を張り付けて鏡筒内に押し込みました。このコの字のパイプの内側にも植毛紙をしっかり貼りました。
18081705
これは遮光環を2枚目まで入れたときの様子です。外側に広がる光のリングが、塩ビパイプによる反射です。
最終的には接眼レンズを取り付けるドローチューブや、対物レンズ外側のレンズフードの内側にも植毛紙を貼りました。最終的にはこんな感じになりました。
18081706
これは対物レンズ側から鏡筒を覗いた様子です。外側に塗料が剥がれて白くなっている個所がありますが、これはレンズのセルとの接合面で光の通り道ではないので無問題です。このように鏡筒内は真っ黒です。
18081707
これは逆にアイピース側から鏡筒内部を撮影したものです。写真ではわかり辛いですが、一番手前にあるドローチューブ入り口の遮光環のエッジが光ってうっすらとリングがみえます。これは後日対策しようと思います。
もう完成ですが、どうせなら徹底的に対策をしようと思い対物レンズ自体も対策しました。
18081710
レンズをセルに収めた様子ですが、レンズのふちが白く光ってます。
18081708
レンズを取り出した様子です。このレンズの側面をマジックで黒く塗りました。いわゆるコバ塗りです。本当は専用の塗料を使った方がよいのですが、そこまでお金をかけたくありません。
18081709
これでも十分効果がありそうです。
昼間にテストしてみましたが、遮光環とかコバ塗により、植毛紙だけのときよりもあきらかにコントラストが向上しました。
鏡筒が完成したので火星とか土星とか、あるいは遮光効果が期待できる月面を見たいのですが、今年の夏は雨続きでなかなかチャンスがやってきません。

« 岩見沢トレラン2018~当日 | トップページ | オロフレ山登山 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173234/67064152

この記事へのトラックバック一覧です: 8cm屈折望遠鏡自作~鏡筒製作編:

« 岩見沢トレラン2018~当日 | トップページ | オロフレ山登山 »