« 2018年6月 | トップページ

2018年7月の記事

2018年7月13日 (金)

BDプレーヤー購入

ここ最近、リビングのオーディオ・ビジュアル関係の更新熱にかかってます。
妻がいまあるスピーカー(KENWOOD LS-K731)に不満を感じ始めたのがきっかけです。これは値段の割に評価が高いスピーカーなのですが、リビングの広さで鳴らすにはパワー不足が否めません。
そんなわけであれこれ機器の更新を考えていたんですが、ブルーレイの再生環境も改善したくなりました。今はBD/DVD再生専用PCを使って再生しています。先日、HDDからSSDに換装して、Windowsの起動が感動的に早くなったのですが、それでも、PCを立ち上げて、再生ソフトを起動して視聴するのは面倒だったりします。私自身が操作するのなら良いのですが、妻が操作するには、手順が複雑すぎます。
さらに致命的なのが再生ソフト(PowerDVD16)が肝心なシーンでコマ落ち&ブロックノイズを発生してしまうこと。PowerDVD13にダウングレードしたら改善するのですが、古いVersionのサポートはいずれ打ち切られることを考えると、PC再生に限界を感じてました。そこで、BDプレーヤーを購入することにしました。基本的に光学ドライブは故障率が高く、消耗品だと思っているので、高価なBDレコーダーは買う気はありません。再生専用のBDプレーヤーは今は1万円で十分おつりがくるくらいまで安くなってます。これなら数年で壊れてもあきらめがつきます。
もう少しお金を出して2万5千円くらい出せば4K対応でUltra HD-Blue-rayにも対応した機種が買えるのですが、TVが4K非対応なので意味ないので却下となりました。
ということで購入してきたのが、SonyのBDP-S1500です。9千円弱で購入できました。PanasonicのDMP-BD90ならさらに安いのですが、LAN端子が無いので却下となりました(ブルーレイは定期的なアップデートが必須)。
18071201
通販で購入したのですが、届てみると非常に小型軽量でびっくり。PC用の5インチドライブにスイッチ類を取り付けただけって感じです。
接続&初期設定は特に難しいことはありませんでした。HDMIでテレビに接続するので、音声もそのままTVから再生されます。それだと今ある5.1chサラウンドスピーカーが使えないのですが、それに関しては現在発注しているAVアンプが届いたら、改めて接続しなおす予定です。
話を戻してスピーカーは現在迷い中。視聴して決めたいとのことなので、そうなると札幌まで行かないと難しいのでそれまでお預けかな。メーカーでいうと、YAMAHA, B&W, DALI, モニターオーディオ、JBL、この辺が候補になるのかな。5万円超のピュアオーディオ系のスピーカーは国内メーカーはもうあまり力を入れていない感じですね。ハイレゾブームですが、イヤホン・ヘッドフォンが売れ筋なんでしょうか。

2018年7月 2日 (月)

函館マラソン2018~当日その2と翌日

函館マラソン、走った後はホテルに戻り、延長料金を払って車を出庫してもらってから、ランチ! 向かった先はラッキーピエロ、やっぱり函館に来たからには食べないとね。私はあんかけ焼きそば・・・結構ボリュームがありました。
 
その後、この日の宿である、湯本漁火館へ
18070301
入り口に温泉が流れていて、道路を渡った先にある海まで流れ込んでました。
源泉はかなり熱いらしく、それが湯船に直接流れ込んでいるので、冷たい水で薄めないととてもじゃないけど熱くて入れないです。でもいい湯でした。 ちなみに、ここの露天風呂、駐車場から丸見え・・・
 
ここは食事が美味しいことで有名、今夜のお品書き
18070302
18070306
お酒をたっぷり使って煮込んだ煮魚が美味しかったなぁ。
 
翌日・・この日は朝から暑い、早朝の霧が晴れてきて、函館山が見えてきました。
18070307
最初に向かったのが、函館牛乳のアイス118
無添加で溶けやすいとのことだったので、カップで頂きました。
18070303
これが絶品、濃厚だけど、後味が舌に残らずさっぱりとしていて、とにかく美味しかった。ここは絶対リピートしたいです。
 
その後、思い付きで函館山に歩いて登ろうか~という話になって、登山口まで行ったのですが、パラパラと雨が降り出したのと、虫よけとかを持ってきていなかったので断念。実際、たまたま登山口にいらしたガイドさんにいろいろ話を伺っている間に、妻は虫に刺されてました。
その後、歩いて麓に降りて、金森倉庫とか、昨日走ったコースを改めて眺めてみたり、
そして昼食は五島軒のカレー
18070304
味は普通かな。
食べた後は別腹!ってことで向かったのが、住宅街に佇むフランス菓子の店ペシェ・ミニオン
18070401
ここのケーキは絶品すぎです。店の雰囲気とか店員さんの対応とかもよくて、ここもリピート確定です。
 
最後に美味しいケーキを食べて、2泊3日の函館遠征を終えて帰路につきました。途中で立ち寄った昆布館とその向かいの道の駅の屋外温度計は午後4時半にもかかわらず29℃を示してました。しかも湿度も高い(><)。もし、この日にマラソン大会でしたら、地獄でしたね。
 
平日の夕方の高速道路、交通量が全然ないんですね。森町の付近まで前後誰もいない状態が続きました。
 

2018年7月 1日 (日)

函館マラソン2018~当日その1

函館マラソン~目標の2時間50分切りは達成しました。
今年は公式サイト経由でルートイングラィンティア五稜郭に前泊しました。良いホテルなのですが、ホテルの駐車場が500円、これはよいとして、翌朝10:00までに出庫しないと追加料金が発生します。マラソン走った後に取りに行ったら追加料金1000円かかってしまいました。ホテルの近くの駐車場の中には24時間最大500円のところがあるので、そこに留めておくべきでした。夕食は近くのハセガワストア―と買ったやきとり弁当です。
18070203
やきとりなのに豚肉なのは室蘭やきとりと一緒です。
 
*当日*
AM5:30に起床、外を見ると霧
18070204
AM6:00に前日にコンビニで購入したおにぎり2個とバナナ、シジミ味噌汁で最後の補給。
AM7:45にホテルを出て会場へ、この時すでにかなりの雨が・・・前日の予報では曇のち雨で25℃程度の予想したが、雨の天気に変わってくれたので、気温は20℃ちょっとと、夏のレースとしては悪くない感じです。
 
会場に到着後、応援席でウロウロしていたら、室ランナーのコッシーと遭遇、さらに何気なく座った席の隣がTさんにイブリジニーの皆さんでした。参加者8千人ほどの大人数なのに室ランナーとの遭遇率高すぎです。
 
整列は8時40分までとなってましたが、8時半の時点で雨が降り続いているせいなのか、だれもグランドに出ようとせず、8時半を過ぎてようやく集合場所に並び始めたので、それをみて私も整列に向かい、前から3列ほどの位置を確保! ゴミ袋に首の部分だけ穴を開けた即席カッパは大活躍、スタート直前に脱いでみると、この気温でも体が濡れると冷えますね。

9:10よーいどーん
スタートロスは1秒、最初の1kmの入りが3'40"~想定通りのペースです。しかし1㎞地点からハーフの最後尾に追いついてしまい、そこからハーフのランナーを追い抜いていく展開に。ハーフは右、フルは左のルールは守れていますが、序盤はコーナーが多く、ライン取りがうまく取れなくて少し遠回りになる箇所がありました。そのせいなのか、1㎞毎の距離ポストよりガーミンのGPSの1㎞毎のラップが早く鳴る状態になってしまいました。このずれは結局ゴールまで続いて、ゴール時の私のガーミンの記録では42.42㎞走ったことになってました。

05km通過  18:56  0-05kmラップ18:55 (3分47秒/km)


5㎞通過は想定通りでしたが、4㎞目に3'54"と予想外に遅いラップが出てしまってちょっと焦りモード。後で気が付いたのですが、この区間は登りでした。この付近で同年代のランナーを含めて何人からのランナーに前に行かれてしまいました。
5㎞通過後、緩い下りが続いたのち、最初の登りセクションに到着。坂の継続時間で言えばコースの中で最大の坂です。ここを4分/kmを少し切るペースで登り切ります。
 
10km通過  38:04  5-10kmラップ19:37 (3分55秒/km)
 
まずまずのペース、第一折り返しで前を走るランナーとの位置関係をチェック。50mほど前にいる3,4人のランナーを追いかける展開です。
 
折り返し後、下りですが3'50"/km程度しかあがらず、そこからアップダウンが何度も続く区間に入り、1㎞毎のペースが乱高下して、自分のペースが速いの遅いのかよくわかりません。この付近では単独走になっていて、ちょっと孤独と不安を感じながらのランです。
 
15km通過  58:04 10-15kmラップ19:31 (3分54秒/km)
 
この第2折り返しまでの区間が一番つらく感じたかも?第2折り返し後、漁火通りに向けて下っていく区間で徐々に自分の走りのリズムがつかめてきました。ペースも4分/kmを少し切るペースで楽に走れるようになってきました。

20km通過1:17:37 15-20kmラップ19:33 (3分55秒/km)


ハーフ通過が1時間21分台だったので、一安心。ペースも安定してますし、目標の2時間50分切りはこのままの調子ならいけそうな感じです。
しかし、ハーフのランナーと再合流後、道が混雑、ハーフが右、フルが左のルールは完全に無視されて、逆に右車線がスカスカだったので、そこを走りました。給水所は左にしかないのですが、立ち止まって給水しているハーフのランナーが給水所にたくさん群がっていて、ペースを落とさないととても取れるような状態じゃなかったです。

25km通過1:37:34 20-25kmラップ19:57 (3分59秒/km)

ハーフのランナーが先に折り返して、フルのランナーは直進して坂を一気に駆け下ります。下った先で折り返し、今度はその下った坂を登りなおさなければなりません。つくづく、このフルのコースは嫌がらせのようにきついコースです。でも、登りも結構余裕を感じながら登ることができました。

登り切った先で再びハーフと合流。この付近では左側に空いていたので、そこを走りました。しばらくして、後ろから数人のランナーに追いつかれて、しばらく一緒に並走、ペースが微妙にアップダウンしていたようで抜いたり抜き返したりを繰り返しました。
18070202
撮影:コータ君
30km通過1:57:38 25-30kmラップ20:04 (4分01秒/km)

ここからがフルは勝負ですが、まだ4分/kmペースを維持できてます。残りは4分15秒/kmペースでも2時間50分を切れる計算なので、かなり余裕があります。ここから高架橋を登ったり下りたりのアップダウンが続きますが、かなり楽に感じました。ここで、女子のトップランナーに抜かれてしまいました。ついていくにはちょっとペースが違い過ぎたので見送り~。

35km通過2:18:05 20-25kmラップ20:27 (4分05秒/km)

2年前に脚が攣ったポイントも無事に通過、まだ脚には余裕があります。今年の洞爺との記録を比較すると35㎞の通過タイムはほぼ同じ。ここから洞爺ではペースを落としたのですが、今日は走りに余裕がありました。さらに序盤に抜いていった数人のランナーに追いついて抜くことができました。久しぶりに35㎞以降が楽に感じたレースです。

40km通過2:38:49 25-30kmラップ20:44 (4分09秒/km)

さすがにペースが落ちてきましたが、もう無理をしないで走ってました。前後少し空いていたので順位変動もなさそうだし、タイムも2時間50分切りは確実でした。

とはいえ、ラスト1㎞は長く感じて、競技場、まだかなぁ~と思いながらラストスパート。

目標の2時間50分切りを達成するとともに、今年の洞爺のタイムを上回ることができました。レース中、何度かスコールのような雨にあたったのですが、そのおかけげで、熱くなった体を冷やすことができたので、夏のレースとしては走りやすいコンディションでした。少なくとも暑いよりはるかにましでした。水たまりはバシャバシャするとロスになるので、極力避けたのですが、派手に水しぶきをあげてしまったところが何カ所かあります。そんなところを道新のカメラマンに激写されて、翌日の新聞の地方版にフルカラーででっかく掲載されてしまいました(^^)

ゴールして歩いていると、なにやら右足のアキレス腱に痛みがある! なんだろうっと見てみたら、ソークスとシューズが赤く染まって・・・靴擦れを起こしてました。今までこのシューズではなったことのない症状なので、雨のせいかのかな。それ以外は疲労感はありますが、脚が攣ることもありませんでした。
洞爺湖マラソン以降、1か月しかありませんでしたが、30㎞以降のペースアップを目標に重点的にトレーニングした効果が出た感じです。スタートして5㎞以降、35㎞地点まで3分55~4分5秒の範囲に収まっているのは、先行突っ込み型が多い私の走りとしてはかなり異例のイーブンペースでした。
沿道からのたくさんの応援ありがとうございました。

« 2018年6月 | トップページ