« ブルーレイ再生専用機~マイナーチェンジ | トップページ | いちご狩り2018 »

2018年6月 3日 (日)

今年初乗り!? オロフレ峠へ

洞爺湖マラソン後、左ひざの鵞足炎に加えて腸脛靭帯炎っぽい症状が現れたのですが、チョウケイの方は数日でよくなったのですが、春から抱えている鵞足炎は相変わらず状態が良くないです。
内転筋の柔軟性が低下して、その筋肉の付着部である鵞足部が過度に引っ張られて炎症を起こしている感じです。 ということは、ランで着地のたびに症状が悪化しますが、ペダルを漕ぐだけのサイクリングなら悪化しないはず!? ということで、すっごく久しぶりに愛車を動かしてみました。引っ越ししてから一度も乗っていないので、ロングライドは2016年の秋以来のはずです。 完全に空気が抜けたタイヤに空気を必死になって入れたら、手のひらの皮がむけて痛い(>_<) 電動ポンプが欲しいなぁ。
 
ここ数年のロードバイク業界のことを調べてみると、リアが11速化していたり、ワイドリムがブームになって、タイヤサイズも700×23Cから25Cに主流が変わっているんですね。さらにはロードのフレームでも28Cに対応しているものがでてきているとか。
そもそも私の愛機(TESTACH Cyclo-5)はシクロクロスに分類されるフレームです。これを選んだ最大の理由は700×28Cのタイヤサイズに対応していることでした。もともと通勤用なので、歩道の段差とか排水溝の溝とかを気にせずにガンガン走れるように28Cのタイヤサイズを長らく愛用してます。 このサイズがロードバイクでも異端ではなくなってきた昨今の潮流は大歓迎です。
 
今日のサイクリングコースはオロフレ峠往復の約70㎞ 高低差1000mの比較的ハードなコースです。オロフレ峠を超えて伊達まで行くルートもあるのですが、それだと90㎞を超え、1年半のブランクの体にはさすがにきついと思って止めました。
18060301
登別市内から坂道が始まって、カルルス温泉までは比較的緩い斜度、坂であることをあまり意識しません。そして、カルルス温泉から山頂近くのトンネルまでの約5.5㎞が斜度8~9%の坂が続く最大の難所です。休むことなく延々と続くので坂好きにはたまらないコースです。
フロント50/34tのコンパクトクランク、リアが11-28tとワイドなスプロケなのですが、もう一段低いギヤが欲しいところです。
このコース、交通量は少ないし、絶景が楽しめるのがよいですね。
18060301_2
まだ雪が残ってました。で、旧道に入ったところで通行止めにより展望台には行けませんでした。
18060304
帰宅後調べてみたら、まだ冬季通行止めで、翌日の朝10:00閉鎖解除とのこと・・・半日来るのが早すぎました。
久しぶりに乗ったせいなのか、目の老化なのかわかりませんが、下りでの前傾姿勢+上目遣いで、視界の動きの速さに目が付いていかない感じがあります。しばらく乗っていれば改善するのかもしれませんが、今度乗るのは何か月後かなぁ・・・

« ブルーレイ再生専用機~マイナーチェンジ | トップページ | いちご狩り2018 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173234/66795523

この記事へのトラックバック一覧です: 今年初乗り!? オロフレ峠へ:

« ブルーレイ再生専用機~マイナーチェンジ | トップページ | いちご狩り2018 »