« 2018年5月 | トップページ

2018年6月の記事

2018年6月16日 (土)

洞爺湖マラソン~コース取りが重要

いまさらながら洞爺湖マラソンのネタ~来年以降のためのメモ書きです。
今年の伊達ハーフから投入したガーミン230J、GPSの精度が良くなって大満足です。GPSの補足もたいてい10秒くらいで完了するので、いままでのAresGPSとは全然違います。また、GPS時計が苦手とするカーブが多いトラックコースでもほとんど誤差なく計測してくれます。 高砂1丁目公園でのスピ練習でも、1㎞のラップはほぼ毎回同じ場所で鳴ります。
それでも、本番のマラソン大会で使うと距離がずれることが普通です。伊達ハーフのような非公認コースはそもそも距離が正しくないので、ずれて当然ですが、洞爺湖マラソンのような公認コースでもずれます。ちなみに、ゴールした時のMy時計は42.36kmを示してました。
フルマラソンは42.195mといいつつ、実際の公認コースはこれよりもやや長くなるようにコースがつくられてます。なので、長くなるのは当然なのですが、スタートして、4㎞目付近でもう、GPSの距離と1km毎に設置された距離表示が20mくらいずれてしまいました。
どうしてずれたのか気になっていたのですが、どうやらライン取りが原因だったようです。
マラソンの規則ではカーブでは最短距離になるように、いわゆるアウトーインーアウトで計測されます。なので、馬鹿正直に道なりに走ると遠回りすることになってしまいます。
洞爺湖マラソンでは、スタートしてから昭和新山への分岐点までは全車線規制しているので、右車線も走ってO.K.です。実際、スタート直後は両車線を使って皆さん走ってます。
しかし、温泉街を抜けて、サンパレスの付近になると、左車線しか走れないような雰囲気になります。特に先頭集団は先導車・白バイの後ろをついて走るので、それにつられて左車線を走ってしまいます。私は先頭集団からやや離れていましたが、前を走るランナーは全員左車線を走ってました。 で、この区間でライン取りでどのくらい距離に差が出るのかをジョギング・シミュレーターで比較してました。
比較した区間は温泉街を出て道道の合流地点から、昭和新山への分岐点までの区間です。
まずは、道なりに走った場合
18061603
3.267mとなりました。
つぎに、アウトインアウトで走った場合
18061604
この縮尺だとわかりにくいですが、拡大すると
18061605
こんな感じでインを攻めた走りをした場合です。このときの距離は3.246mとなり、道なりに走った場合よりも20mほど短くなりました。
ガーミンと距離ポストがずれ始めたのが、たしか4㎞地点だったはずなので、これが影響していたみたいです。20m・・・時間にすると5秒程度ですが、ちょっともったいないですね。
ちなみに、この区間から先は片側規制となって、左車線のみになります。カーブではコーンが立てられているので、ショートカットはできません。

風をよむ

一時期暑くなったと思ったら、今週は一転して寒い日が続いてますね。
今週は暖房を何度か入れてます。
この時期の室蘭は海霧と、気象レーダーに映らない雨雲による雨が降ることがよくあります。
予報では曇りなのに、ジトジトと雨が降ったりします。幸い、風が強い日はあんまりないんですけどね。
風といえば、気象庁のアメダスで1時間ごとの風速の実測値を見ることができます。これを見ていると、隣町と風が全然違うことがよくあります。例えば、6月14日の14時の観測値
18061601
室蘭と苫小牧はそこそこ強い風ですが、隣の登別とか白老はほとんど風がありません。それどころか、風向きが正反対です。
どうしてこんなことがおきるのか不思議ですが、マラソン大会の風速予想でいつも愛用しているWindy.comでこのときの風の流れを見てみると、
18061602
全体として北西の風で、石狩平野を通り抜ける風の影響で苫小牧の風が強くなってることがわかります。同じように室蘭も噴火湾を通ってきた風により風速が強くなってます。一方、登別と白老は、ルスツ・ニセコの山々が風よけになってます。さらに苫小牧・室蘭をすり抜けた風が回り込むように流れているので、逆向きの風になっている様子がよくわかります。
走っていると、登別から室蘭に入ったとたんに風が強くなることをしばしば体験しているのですが、こういうことだったんですね。

2018年6月10日 (日)

八雲ミルクロードレース2018

毎年参加している八雲ミルクロードレース、今年も行ってきました。
今年も目標は1時間18分台・・しかし結果は達成できず。
AM5:30起床、6:30出発、豊浦で高速を降りて、8:10頃に会場に到着。去年は八雲まで高速に乗り続けましたが、豊浦で下道に降りても到着時間にそれほど差がないことがわかりました。高速といっても対面通行で70㎞/h制限ですし、取り締まりが厳しい区間でもありますしね。
で、今年はパトカーのお世話にならずに済みました~ほっっと安心。この朝の時間は高速も下道も全然車が走っていません。
会場に近い駐車場は8時半頃には満車になってました。
天気は曇、気温は12~13℃くらいと走るにはちょうど良い天気。風は朝のうちは
それほど気にならない感じでした。
18061003
スタート10分前くらいに整列。皆さん遠慮して第1列目が空いていたので、一列目のイン寄り
を確保できました。

10:00よーいどーん
スタートしてすぐに10㎞の若いランナーが10人くらい飛び出していきます。そして、ハーフの赤いゼッケンは・・・前方にはだれもいない!まさかの先頭になってしまいました。これは意外な展開です。いつもはハーフも速いランナーがいるんですけど、今年はいないようです。そんな予想外の展開に戸惑いながらもそのまま競技場を出てロードへ。

最初の1㎞が3'42"・・・え"ぇ~遅すぎ。抑えてつもりはなかったんだけど、ハーフの入りは、いつもならあと10秒は速いんだけど、これが今の実力なのか!? いきなりテンションが下がる展開ですが、今日は後半勝負! とくに来月の函館マラソンを見据えて、ロング走の持久力を鍛えるのも今日のレースの目的です。

競技場をでてすぐに道路補修のため、砂利道が200m弱続きます(>_<) 石がごろごろしていて走り辛い。
そして、交差点を左折すると、向かい風区間に突入。ここは10㎞のランナーに風よけになってもらおうと思っていたのですが、前方の10㎞のランナーまで離れている。しかも、私の背後に数人のランナーがぴったりと張り付いて、私が風よけに使われてる・・・まぁ、たまにはこういう奉仕活動もいいのかな。
途中で、何人か前方のランナーに追いつきましたが、ペースが違うのでそのままパス。
2㎞のラップは3'46"~砂利道と向かい風があったとはいえ、遅すぎです。
そして、最初の坂道区間に突入。 坂を登っている間に背後にいたランナーさんは次々と脱落したようで、坂を終えた時点では、一人だけ残っていて、並走状態にちらっとゼッケンをみるとハーフの二けたナンバー・・ってことは同年代!?
これは負けられません。

ところが、坂を下り切った頃に前に出られて、じわじわと離される展開に。
平地に戻ってこのコース最大の山場である、第2の坂に入った頃には80mほどの差がついてしまいました。でも、後半勝負でまだ追いつけるとこの時点では思ってました。

この上り坂区間ではほぼ同じペースだったようで、距離は変わりません。そのまま折り返しを通過。ここで後続のランナーとの距離がわかりますが、3番手のランナーさんはナイトランに参加してくださっているもっ君でした! これは後半頑張らないと追いつかれそうな感じです。さらには同じくナイトランに来てくれているコッシーに水さんと、室ランナーさんが上位を占めてます。

下り区間に入ると、トップのUさんとの距離が一気に離れ始めました。カーブの多い区間では視界から消えることもあり、追いつくことを断念、単独走になってしまいました。

16km過ぎ、下りが終わり平地区間になったところで、脚が終わってしまった感じに、
特に四頭筋に疲労感があり、脚が前に出ていかない感じです。辛いながらも必死にペースをキープ。残り5㎞で時計を確認して、なんとか1時間20分は切れそうだったので、それだけが目標です。

ラスト1㎞、最後に力を振り絞ってペースアップ、それでも20-21㎞区間は3'42"
最初の1㎞と同じペース・・・よく言えば、イーブンペースで走れたってことでしょうか。
1時間20分ギリギリ切れたかな?と思っていたら、意外と余裕がありました。
でも去年より3秒遅いタイム・・・これは砂利道のせいってことにしましょうか。

ゴール後に気が付いたのですが、トップでゴールしたのは50代でした。
てっきり年代別2位だと思っていたので、嬉しいような嬉しくないような・・・

抽選会はいつも当たらないので、今年は出ないで帰ろうと思っていたのですが、ホタテ10kgが10人に当たると聞いて、最後まで残ってみました。しかし、何も当たらず~残念。
レースのピッチ分析です。
18061001
坂の登りで遅く、下りで速いのは当然ですが、スタート直後のピッチの遅さが気になります。逆に後半はピッチを上げることで、脚力の低下によるストライドの低下を補っているのかな。

2018年6月 9日 (土)

いちご狩り2018

いちご狩りに行ってきました。去年は引っ越しとか天候不順とかで行けませんでしたので、2年ぶりです。他の果物と違って、イチゴはその日赤くなったイチゴが無くなり次第その日の営業が終了してしまうので、なるべく開園と同時に行くのが吉。午後にノソノソトと行ってもどこも閉まってます。
とはいえ、朝が苦手なので、いつも遅くなってしまうのですが、今日は頑張って8時半過ぎには出発して、1時間弱で壮瞥の果樹園に到着。今年も浜田園にしました。
18060902
入園料は今年から値上がりして1080円、Webクーポン利用で1000円でした。室蘭は朝から霧雨でしたが、隣の伊達からは晴れており、昭和新山がくっきり
18060904
前日は一日中雨だったので、赤くなっている実が少ないのでは?と危惧してました。入園前の説明でも小ぶりのものしかない~とのことですが、実際にハウスに入ってみると
18060901
たしかに小ぶりのものが多いですが、大きくて完熟のイチゴもすぐに見つかります。やっぱ、熟れたイチゴは芳醇な味わいがいいですね。
夢中になって食べていたら、1時間もしないうちにお腹いっぱいになってしまい、退散。
入れ違いで団体客が入ってきました。入り口まで戻ってみると、入園1時間待ちの張り紙が張ってました。やっぱ、開園直後に行くのが正解だったようです。

2018年6月 3日 (日)

今年初乗り!? オロフレ峠へ

洞爺湖マラソン後、左ひざの鵞足炎に加えて腸脛靭帯炎っぽい症状が現れたのですが、チョウケイの方は数日でよくなったのですが、春から抱えている鵞足炎は相変わらず状態が良くないです。
内転筋の柔軟性が低下して、その筋肉の付着部である鵞足部が過度に引っ張られて炎症を起こしている感じです。 ということは、ランで着地のたびに症状が悪化しますが、ペダルを漕ぐだけのサイクリングなら悪化しないはず!? ということで、すっごく久しぶりに愛車を動かしてみました。引っ越ししてから一度も乗っていないので、ロングライドは2016年の秋以来のはずです。 完全に空気が抜けたタイヤに空気を必死になって入れたら、手のひらの皮がむけて痛い(>_<) 電動ポンプが欲しいなぁ。
 
ここ数年のロードバイク業界のことを調べてみると、リアが11速化していたり、ワイドリムがブームになって、タイヤサイズも700×23Cから25Cに主流が変わっているんですね。さらにはロードのフレームでも28Cに対応しているものがでてきているとか。
そもそも私の愛機(TESTACH Cyclo-5)はシクロクロスに分類されるフレームです。これを選んだ最大の理由は700×28Cのタイヤサイズに対応していることでした。もともと通勤用なので、歩道の段差とか排水溝の溝とかを気にせずにガンガン走れるように28Cのタイヤサイズを長らく愛用してます。 このサイズがロードバイクでも異端ではなくなってきた昨今の潮流は大歓迎です。
 
今日のサイクリングコースはオロフレ峠往復の約70㎞ 高低差1000mの比較的ハードなコースです。オロフレ峠を超えて伊達まで行くルートもあるのですが、それだと90㎞を超え、1年半のブランクの体にはさすがにきついと思って止めました。
18060301
登別市内から坂道が始まって、カルルス温泉までは比較的緩い斜度、坂であることをあまり意識しません。そして、カルルス温泉から山頂近くのトンネルまでの約5.5㎞が斜度8~9%の坂が続く最大の難所です。休むことなく延々と続くので坂好きにはたまらないコースです。
フロント50/34tのコンパクトクランク、リアが11-28tとワイドなスプロケなのですが、もう一段低いギヤが欲しいところです。
このコース、交通量は少ないし、絶景が楽しめるのがよいですね。
18060301_2
まだ雪が残ってました。で、旧道に入ったところで通行止めにより展望台には行けませんでした。
18060304
帰宅後調べてみたら、まだ冬季通行止めで、翌日の朝10:00閉鎖解除とのこと・・・半日来るのが早すぎました。
久しぶりに乗ったせいなのか、目の老化なのかわかりませんが、下りでの前傾姿勢+上目遣いで、視界の動きの速さに目が付いていかない感じがあります。しばらく乗っていれば改善するのかもしれませんが、今度乗るのは何か月後かなぁ・・・

« 2018年5月 | トップページ