« FA-130RA互換!? モータの性能チェック | トップページ | スノースコップの補強 »

2017年12月16日 (土)

CD-Rの不良品

CD-R,DVD±R, BD-R と記録DISKも年々大容量化が進んでいると同時に、かつてのCD-Rの値段でBD-Rが買えるようになってきました。 もっとも、デジカメ画像をはじめとして、保存したいデータ量もメディアの進化以上に増加していて、撮った写真や動画を1年ごとに保存しようと思っても、もうBD-Rでも厳しくなってきました。

こんな時代なので、CD-Rなんて徹底的なコストダウンが求められるんでしょうね。そのツケなのか、買い置きしてあったCD-Rでデータを書き込んでふと、記録面を見てみたら・・・
17121602

まるでインクをこぼしたかのようなシミが!拡大してみてみると、
17121603
色素の塗りむら? 製造過程を想像するに、高速回転させたディスクに色素を垂らして遠心力で外周方向に均一に伸ばしていくんでしょうけど、その過程でなんらかのエラーがあったんでしょうね。

こんな不良品は、画像検査で簡単にチェックできそうですが、それすらしていないのでしょうか。ちなみに、製品名は
17121601
実際にはどっかのメーカが製造したOEMなんでしょうけど。 


« FA-130RA互換!? モータの性能チェック | トップページ | スノースコップの補強 »

デジタル家電」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173234/66166255

この記事へのトラックバック一覧です: CD-Rの不良品:

« FA-130RA互換!? モータの性能チェック | トップページ | スノースコップの補強 »