« LED照明の進歩 | トップページ | ブルーレイ再生専用機~そろそろ更新? »

2017年3月23日 (木)

短腓骨筋腱付着部炎

また、なんだかややこやしい病名のタイトルですが・・・・

あいわらず私の脚は「ガラスの脚」で「故障のデパート」状態です。

昨年の夏ぐらいから続いていた右足の足底筋膜炎は年明け以降、いつの間にか治ってました。それと入れ替わるように、2月に入って、左膝の鵞足炎を発症。

治りきる前に東京マラソンを迎えてしまったわけですが、その翌日から、左足裏の外側が痛くなりました。

17032101
場所としては写真の指で押さえているあたりです。走った翌日とかは、歩いたり、座っているときでも痛みがでることがあります。 痛い場所が土踏まずなら足底筋膜炎ですが、明らかに場所が異なります。 ここはサッカー選手に多い、第5中足骨の疲労骨折(ジョーンズ骨折)や捻って骨が折れる下駄ばき骨折の個所ですが、心当たりのある怪我はしてないし、疲労骨折するほど走っていないし・・・

ということで、どうやら、タイトルにある「短腓骨筋腱付着部炎」で間違いないと思います(解説とかはここのページとか)

痛いのは足裏なのですが、原因を作っているのは脛の筋肉です。基本的にランナーに多い、オーバーユース~ようするに走り過ぎの故障の一つです。足底や腸脛靭帯炎ほど有名ではないので、発症する人は少ないみたいです。

走り過ぎってほど走っていないのですが、鵞足炎を気にして着地が外側荷重になった影響とかが大きいかもしれません。それに、毎年冬になるとどこか故障していて、以前はシンスプリントを必ず発症してましたが、今年はシンスは全く大丈夫。そこかわり、この場所をやってしまった感じです。 寒さで筋肉が固くなっているうえに、ストレッチ不足が悪かったかも。

そういえば、ここの痛み、2010年に初めて走ったマラソン大会(札幌マラソン)の直後にもなったっけなぁ。あの時はもっと痛みが酷かったけど、3週間くらいで治ったように記憶してます。今回もそれくらいで治るとよいのですが。


« LED照明の進歩 | トップページ | ブルーレイ再生専用機~そろそろ更新? »

ランニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173234/65053740

この記事へのトラックバック一覧です: 短腓骨筋腱付着部炎:

« LED照明の進歩 | トップページ | ブルーレイ再生専用機~そろそろ更新? »