« SPAMラッシュ | トップページ | Windowsでリアルタイム制御 »

2007年11月10日 (土)

札幌交響楽団第503回定期演奏会

指揮:尾高 忠明
独奏:ポール・メイエ(クラリネット) ,堀米 ゆず子(バイオリン)

ドビュッシー/牧神の午後への前奏曲
Debussy/ Prélude a" L'Après-midi d'un faune"

武満徹/ ファンタズマ/カントス
Toru Takemitsu/ Fantasma/Cantos(1991)

ドビュッシー/クラリネットと管弦楽のためのラプソディ
Debussy/ Première rapsodie

武満徹/遠い呼び声の彼方へ!
Toru Takemitsu/ Far Calls.Coming,far!(1980)

ドビュッシー/交響詩「海」
Debussy/ La Mer

ついに待ち望んだ日がやってきました。あの,ポール・メイエの生演奏を地元で聞けるなんて・・最高に幸せなひとときを満喫できました。

とにかく・さすが! 武満徹の作品では,緊張感のある音色,決して下品ではなく,それでいて鋭い高音,そしてppでさえも澄み切った音。さすが世界にその名をとどろかす名奏者! そして一音一音の表情が豊かななのは流石です。
この曲はリチャード・ストルツマンの委嘱で作られた作品だそうですが,たしかにストルツマンに合いそうな曲ですね。

ドビュッシーのラプソディーも,一瞬アレっと思うほど,音の雰囲気が変わって,波静かな海にぷぷかぷか浮かんでいるような心地よい音色。この曲はピアノ伴奏版が有名ですが,オケ版は初めて聴きました。

で,もう前半だけでお腹いっぱいになってしまって,後半はあんまり真面目に聴いていませんでした・・・1演奏会に二人のソリストって多くないですか?

« SPAMラッシュ | トップページ | Windowsでリアルタイム制御 »

クラシック」カテゴリの記事

クラリネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173234/17033390

この記事へのトラックバック一覧です: 札幌交響楽団第503回定期演奏会:

« SPAMラッシュ | トップページ | Windowsでリアルタイム制御 »