« Blade100コンデンサお漏らし | トップページ | HP »

2007年1月 8日 (月)

ポール・メイエ モーツァルトクラリネットコンチェルト

Paulmeyer01
ぶらりと立ち寄ったCD屋さんで見かけたので買ってきました。
ポール・メイエは大好きなクラリネット奏者で,十数年前にNHK-FMでその演奏を聞いて以来のファンです。

モーツァルトの協奏曲はプリンツとかシュミドールといった,ドイツ・ウィーンの「正統派」なCDを何枚か持っていて良く聴いているのですが,愛器のBuffet Cramponじゃ,まねしてくても出せない音色。。やっぱ,ドイツ式のクラリネットって違う楽器なんだよなぁっと思ってしまいます。

一方,フランス系クラリネット奏者のポール・メイエの演奏は,やっぱり近親感が沸きます。サンサーンスのソナタもこの人の演奏が1番好きですね。
このCDのモーツァルトもロンド形式な3楽章の生き生きとした演奏が印象的です。それに,ジャケットの写真もカッコイイですよね。

そーいえば,この人,11月に来日して札幌交響楽団と競演するんですよね。今から楽しみ。演目は

指揮:尾高忠明(
            ヴァイオリン:堀米ゆず子
            クラリネット:ポール・メイエ          

ドビュッシー/牧神の午後への前奏曲、ラプソディ
            武満徹/ファンタズマ・カントス、遠い呼び声の彼方へ!
            ドビュッシー/交響詩「海」

だそうです。

« Blade100コンデンサお漏らし | トップページ | HP »

クラシック」カテゴリの記事

クラリネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173234/13395611

この記事へのトラックバック一覧です: ポール・メイエ モーツァルトクラリネットコンチェルト:

« Blade100コンデンサお漏らし | トップページ | HP »