2020年8月20日 (木)

タイルテラスができました

家を建てたとき、庭に関してはあまり考えてなくて、とりあえず車が止められるスペースを舗装してもらいました。坂道の途中に建っていることもあり、坂の下の方は高低差ができてしまい、芝で法面を保護してました。

 

20082001

でも、この法面の部分はもったいないし、なにより芝の管理が大変(>_<)。 この時期は刈っても刈ってもすくすく葉が伸びて、すぐにぼうぼうになってしまいます。虫もでるし。

そんなこともあり、この庭の有効活用を数年前から考えてました。基本的なアイディアとして、法面をコンクリート擁壁に変えて、さらにリビングの窓の前にタイルテラス(デッキ)を作ることにしました。

リビングの前にウッドデッキを作って、家の中から出入りできるようにするのは定番ですが、ウッドデッキだと

  • 定期的にメンテナンスしないと木が腐る~特に湿気の多い室蘭だと放置はできない
  • デッキの下の空間が嫌~動物が入り込んだり、昆虫や雑草の天国になる恐れがある
  • デッキの上に目隠しフェンスを建てられるほどの強度がない

実際、近所をみても、作ったはいいけど朽ち果てているウッドデッキがあちこちにあります。それに対して、タイルテラス(デッキ)だとほぼメンテナンスフリーだし、汚れても洗い流せばよいので掃除も楽。明るいタイルを選べば暗い?室蘭でも明るく過ごせそう!

ということで、去年の夏ごろから本格的に検討を開始しました。CADソフトを使って自分であれこれ図面を書いて、タイルや目隠しフェンスの選定まで全部自分でやりましたが結構楽しい作業でした。

完成した設計図を、家を建てる際にお世話になった土建屋さんにもっていって見積もりを依頼したところ・・・最初は想定の2倍ほどの見積もりが届き・・そこから、あれこれ設計変更して最終案が完成。すぐにでも依頼したかったのですが、他の工事がいっぱい入っていて、さらに冬季は工事ができないということで今年のGW明けに着工となりました。

20082003

ウッドデッキなら自分で資材を買ってDIYで作ることも可能ですが、さすがにタイルデッキは無理です。検索すると素人主婦がブロックなどを使い、DIYで作ったというブログがヒットしますが、凍結深度が60㎝もある北海道であの作り方はリスクがあります。一方、依頼した土建屋さんは、しっかりと砕石を固めてから鉄筋コンクリートで作ってくれました。

20082004

完成したタイルデッキです。広さは約6畳~6,7人でパーティーを開ける大きさをイメージしました。タイルはニッタイのパキオIIIです。当初はカタログを見て別なタイルにする予定だったのですが、たまたま出張で名古屋に訪れた際に時間があったので、ニッタイのショールームに飛び込んで実物を見せてもらったところ、想像とはちょっと違っており、別なタイルをいろいろと見た中でこのタイルの色と質感がよかったので決めてきました。カタログだけで決めなくてよかった。

フェンスはYKKAPのシンプレオSY-1型のH-120です。ほどほどの目隠し感があり、さらに、窓のサッシが同じYKKAPということでサッシと色合いがほぼ同じで統一感がでました。高さは120㎝で、座ると道路の通行人からの目線が隠れる高さです。

20082002

全景はこんな感じ。芝の法面がなくなってかなり広くなりました。土建屋さんのサービスで黒土を入れてくれましたが、ここの部分の活用方法は未定です。

完成したタイルテラスですが、南向きということもあり、夏はすごい日差しです。なんせ淡いベージュのほぼ白いタイルなので、照り返しがすごく、晴れた日はサングラスをしてないときついです。ということは想定済みだったので、ガーデンパラソルを購入。これの選定は結構苦労したので別記事へ・・・

さらにテーブルとチェアを買ってカフェ風にするのもよいかなぁとも思ったのですが、出しっぱなしにできるガーデン・ファーニチャーは高いんだよね。安いプラスチック製だと風で飛ばされるリスクがあるし。とりあえず折り畳みの椅子とテーブルを買うことにして、使う時だけ物置から引っ張り出すことにしました。

 

 

2020年8月18日 (火)

ルンバが家にやってきた

以前からロボット掃除機が欲しいなぁっと思ってました(とくに育児に追われている妻が)。何度か本気で購入しようと調べていたのですが、なかなか良いものが見つからなくて保留してました。

そこへ飛び込んできたのが、ジャパネットたかたのチャレンジデー、5年前の機種とはいえ、当時の最上位機種であるルンバ980が定価の約半額の5万円弱で販売~その日だけの限定価格!

ということで注文しちゃいました。

20081401

注文して、その週の木曜日に到着・・なんか注文したタイミングでは納期が数か月先だった人もいるみたいですね。

ロボット掃除機はもう何年も前から販売されてますが、なかなか安くならず、2万円前後の入門機、5万円クラスのミドルクラス、そして10万円クラスの上位機種という感じになってます。一つの部屋だけを掃除するのであれば、2万円クラスでも十分なのですが、複数の部屋を自動マッピングしながら効率的に掃除してくれる機能を追い求めると、どうしても10万円クラスになってしまいます。

さすがに掃除機に10万円は~と思っていたところだっただけに、絶好のチャンスとばかりに飛びついたわけです。

早速使ってみましたが、音は大きめ~事前にうるさいと知っていたので驚かず。私の家は1階だけで生活できるように寝室からリビングまで2LDK分を1階に集約しているのですが、ちゃんとすべての部屋を回って掃除してくれました。玄関から落ちることもありません。充電ベースからかなり離れた部屋でホームボタンを押してみたところ、迷わず一目散にベースに戻ってくれたのはさすがです。
 ただ、厚手のキッチンマットに引っかかってしまって身動きが取れなくなってしまったので、掃除のときは事前によけておく必要がありそう。

ダイニングテーブルの下、椅子の脚の間隔がルンバが通れるギリギリの幅なのですが、器用に中に入って丁寧に掃除してくれたし、ちゃんと椅子の脚の迷路から脱出してました。

じゃぁ、感動するほど賢いか?と言われると、ちょっと微妙で、途中で掃除を放棄して別な部屋に移動して掃除を始めて、しばらくすると戻ってきてやり残したところを掃除したり、なんか無駄な移動が見られます。一通り掃除したからそろそろ完了かな?と思っても、同じところを再び掃除を始めて、なかかな完了してくれません。 この辺は学習が進めば改善されるのかな?

 

2020年8月12日 (水)

WindowsUpdate でのトラブル対応

去年の8月から続いているトラブル、Windowsのメジャーアップデートをすると、サインインできなくなるトラブル、正確に書くと、アップデート後、正常に起動するものの、自分のMicrosoftアカウントでサインインすると、数秒でサインアウトしてしまうトラブルです。他のアカウントなら、問題なくログインできるので、自分のアカウントの「何かが」悪さしているらしい。

こういうトラブルは、同じ症状を訴える人がいて、そのうち修正パッチがリリースされるはずですが・・・結局1年経ったのにいまだに解決できず。これ以上アップデートを保留するわけにもいかず、対策することにしました。

対策といっても、既存のアカウントのデータを保存したのち、アカウントを削除、新規に作成したアカウントにファイルを戻す作業です。

現在のアカウントはMicrosoftアカウントを利用してい、一台のPCには一つしかアカウントを作れません。そこで、管理者アカウントでサインインして、ローカルアカウントを新規に作り、トラブルを起こしている既存のアカウントから、マイドキュメントやデスクトップのファイル、さらには、¥AppData\Roaming
にある、アプリの設定データを新規アカウントに移しておきます。そのうえで、既存のアカウントを削除。さらに、新規につくったローカルアカウントにMicrosoftアカウントを紐づけるて完了です。


同じSSD内でのファイルの移動だけなので、数百GBのデータの移動も一瞬で終わるので、作業全体は1時間ほどでできちゃいました。

新しいアカウントで無事にサインインでき、数日使ってみましたが特にトラブルはなし。日本語変換のデータとかは移さなかったので、今まで一発で漢字変換できていた単語ができないのがちょっとストレスです。

あとはファイルのバックアップの設定も新規に作り直す必要があるようです。

 

 

 

2020年8月 3日 (月)

伊達 善光寺のあじさい

先日、ニュースで伊達の善光寺のあじさいが綺麗だと放送されていたので、ドライブしてきました。このお寺は春には桜が綺麗なことでも知られてます。由緒あるお寺で境内を含めて雰囲気がとても気にいってます。

 

20080201

中に入るとさっそくアジサイがお出迎え。

20080203 20080202

夏の日差しですこし萎れかかってましたが見事でした。特に木陰のこのアジサイは色が鮮やか

20080204

このお寺がメインの目的だったのですが、ここから1㎞ほどさきにある道の駅でレイクヒルファームのアイスが食べられるんです。

20080205

ここの道の駅はうに丼でも有名ですね。地元野菜もなかなか良いものが売られてます。

帰り道に伊達のそば順に立ち寄って、遅めのランチ、2時半過ぎにもかかわらず駐車場が満杯で混んでました。そんなこともあり注文して20分待たされました。

20080206

しっかりと存在感のあるソバを頂きました。

伊達は日差しがあり気温も27℃くらいありましたが、室蘭は相変わらずの曇り空、帰り道、車に搭載されている車外温度計が、27、26、25・・室蘭に入るころには23℃まで下がり、霧雨が降ってきました。春から夏にかけてはこのように室蘭は雨、伊達は晴という天気が多いです。

先週も伊達方面にドライブしていて、伊達のパン屋さん、ベーカリー陽

20072501

や壮瞥の清水農園のトマト・ジェラートを食べたんですが

20072502

この日も伊達は晴れ、室蘭は雨でした。隣町とは思えない天気の違いです。

 

2020年6月 1日 (月)

法面の芝生の植え替え

敷地内に法面があり、芝生が植えてあるのですが、その芝・・というよりイネ科の雑草に近いのですが成長が早くて管理が大変で困ってました。昨年は芝刈り機のモーターが過負荷で焼けてしまったり。

なので、あまり成長しない品種に入れ替えることにしました。計画は昨年からしていて昨年の秋の段階で今ある芝を枯らして&刈り込んでおきました。4月の時点でこんな感じ

20060102

刈り取った草が冬の間に腐って肥料になることを期待していたけど、土に埋めないとダメですね。

購入した芝は雪印種苗の「ユーレカII」寒冷地向けの芝で、やせた土地でもO.K.で成長が遅くローメンテナンス、まさにぴったりの用途です。法面は100平米近くあるので、種を4kgほど購入。4月29日に撒いてみました。発芽には15℃くらいの気温が必要らしいので少し撒くのが早かったですが、雨が続く予報だったので、チャンスだと思って決断。

さすがに早すぎたようで撒いて一週間は変化なし、心配になってきたら、2週間経過した5月11日の写真

20060103

ちらほらと毛のようなかわいらしい芽が出てきました。この時期はまだ根が浅いので乾燥しないように気を付ける必要があるのですが、幸いなことに2,3日毎に雨が降ってくれたので確かりました。そして、昨日(5/31)の時点では

20060104

まだ背丈は短いけどかなり密度が増してきました。ただ、土がむき出しになって日当たりが良くなったこともあり、雑草の成長も早いです。特にノボロギクがあちこちからニョキニョク伸びてきて、大変です。

 

 

タイヤワックス

今年の春に新品の夏タイヤに履き替えたMy自動車、新品なのにタイヤのゴムが少し白っぽいのが気になってました。ゴムのコンパウンドにシリカとかでも混ぜているのからでしょうか? せっかくなので新品ぽくしたいのとタイヤの保護のためにワックスを買ってみました。以前、タイヤワックスはタイヤの寿命を縮めると聞いたことがあったのですが、それは油性タイプで、水性タイプなら大丈夫とのこと。

いろいろ評判を調べて買ったのが、シュラスターのタイヤコーティング+R

UVカット成分も入っているとのことで、青空駐車しているうちの車にぴったりです。早速使ってみたところ、

20060101

黒光りがすごくてちょっとやり過ぎ感がありますが、そのうち落ち着いてくるかな。一応6か月持つらしいです。

このワックス、未塗装の樹脂パーツにも良いとのことだったので、先日、メラミンスポンジで若返りをはかったパーツにも塗ってみましたが、まるで新品に戻ったかのような黒さが戻ってきました・・・写真を撮ったのですが、光の関係で塗る前より白っぽく写ってしまったので掲載しません。白化が目立たなかったリアのバンパー周りにも使ってみましたが、見違えるようになりました。

 

2020年5月25日 (月)

春の野の花たち

最近の週末は子供と近所を散歩してます。のんびり歩きながら、鳥の声を聴いたり、エゾリスを観察したりと自然と触れ合ってます。ここに住んで3年目ですが、今まで気が付かなかった野草の花が思った以上に咲いてました。最近、あちこちの庭に植えられているムスカリも結構野生化していて、空き地に青い花を咲かせたりしてます。

 

20052502

カキドオシ~近所の道端に群生してます。数株採取して鉢植えしてます。シソ科ってことで繁殖力が強いらしいです。

20052503

タチツボスミレ~これも近くの道端に群生してました。ハート形の葉っぱもかわいいです(写真には違う植物の葉も写ってます)。満開だったのが2週間くらい前で今は写真のように萎れてきてます。

20052505

うちの芝の中に紛れて咲いていた小さな花~名称不明。青い色をしたイヌノフグリが同じく芝生にたくさん咲いているので亜種とおもったけど、こっちが本物のイヌノフグリで、青い花はオオイヌノフグリなのかな?

20052504

楽山の山頂付近に群生したムラサキケマン~これも2週間くらい前がピーク、昨日行ってみたらほとんど散ってました。

 

2020年5月18日 (月)

樹脂パーツの若返りにはメラミンスポンジ

新車のときはピカピカだった車も年数を重ねるとだんだんとくたびれた感じになってきますよね。特に年数を重ねた車に見えてしまうのが、ヘッドライトの樹脂レンズの曇り&黄ばみ、そして、樹脂パーツが白っぽくなってしまうこと。

うちの車もご多分に漏れず、黒い樹脂パーツがすっかり白くなってしまいました。幸いなことに樹脂レンズは新品のようにきれいなままです。家の前に青空駐車しており、フロント部分には朝以外一日中太陽光が当たりますのでフロントの樹脂パーツがやられてます。リア側はほとんど大丈夫。

先日、白くなってしまったパーツは、水にぬらしたメラミンスポンジ(激落ちくん)でこすると元に戻るとの話を聞いたので、さっそく試してみることにしました。

まずはこする前

20051703

これ、元は黒かったんですよ! そして、こすって乾かした後は

200517023年は若返った感じです。上の写真と左右が逆ですが、左右とも同じように若返りに成功しました!

 

2020年5月11日 (月)

BD再生専用機の電源交換

リビングにおいてあるブルーレイ再生専用機・・・だったけど、ブルーレイは専用プレイヤーに任せることにしたので、単なるパソコンに成り下がっていますが、久しぶりに使おうと電源を入れてみたところ・・・電源が入らない(><) 電源ランプがついたり、つかなかったりなにやら挙動が不安定です。

通常、パソコンの正面の電源スイッチとは別に、背面の電源装置にもスイッチが付いていて、それをOFFにしてしばらくしてからONにしてみたところ(いわゆるコンセントの抜き差しに相当)、今度は完全に無反応になってしまった。中を開けて状態を確認したところ、

20051101

背面のスイッチをONにするとマザーボードに通電されて、ボード上の通電確認LEDが点灯するはずですが、それが点灯していません。マザーボードには正面スイッチのON/OFFとは関係なく、常時給電されていて、正面スイッチが押されるのを監視しながら待機状態になっていなければならないので、それが常時給電の確認LEDが消灯しているということは、電源の故障が強く疑われます。

実は同じような症状が昨年の秋にも発生したのですが、その時はいろいろいじっているうちに治ってしまいました。しかし、今度こそ故障のようです。

この電源、使用してるケースに付属のもので、2010年購入です。もう10年経つので寿命でしょうね。ほとんど使っていないパソコンですが、すでに述べたように、コンセントに差しているだけで、実際には動作し続けているので部品の劣化が発生していたのかも。

ネットでいまどきのおすすめ電源を検索して、ここ数年の定番である、AntecのNeoECO 550Goldを買いました。

20051102 20051103

ヨドバシ通販で買いましたが、いつものら即日出荷なのに、今回は数日かかった~たぶん、コロナの影響なんでしょうね。こんなイイ電源をあまり使わないリビングPCに投入するのはもったいないので、自室のメインPCに使用。で、おさがりとなったSeaSonicのSS-560KMを故障した電源と交換

20051104

左が故障した電源、ケースに付属していたものだから、怪しい製品だと思っていたら、なんとこっちもAntecでした。しかも80PLUS認定品。意外でした。

パソコンパーツの中で電源はPower Supply だけあって非常に重要な部品ですが、その品質・性能は目に見えてわかるわけじゃないのでなかなか選ぶのが難しいですね。故障しないことが最大の性能基準ですからね。その信頼性も、個人が数台買う程度じゃわからないし。

一応、パソコンオタクだった時代があり、秋葉原がパソコンの聖地だった90年代後半には毎週のように秋葉に通って、パーツを買ってました。そのころは、あのメーカーの電源がいいらしいという根拠があいまいな情報をもとに高い電源を買ったりしたものです。Cool&MasterとかEnermaxとか、SevenTeamとか、いろいろ買いました。最近は(といっても最後に買ってから8年近く経ってましたが)Seassonicを愛用しています。今回はAntecになりましたが。

で、交換したら、当然ばっちり起動! のはずが画面(TV)が真っ暗なまま、でもSSDのアクセスランプが点灯しているのでWindowsは起動している様子、なんでかなぁって思っていたら、HDMIケーブルの接触不良でした。こういう複合的なトラブルは勘弁してほしいな。

 

 

 

2020年5月 8日 (金)

タイヤもAmazonで買える時代

今年のGWはステイホームってことで、家でのんびり。暖かい日を狙って冬タイヤから夏タイヤに変えました。

もっと早くに変えてもよかったのですが、冬タイヤが2013年製のBSのブリザックVRX,冬はあまり乗らないこともありまだ溝は6㎜くらい残ってましたが、さすがに6シーズンも履かせたので今春で廃棄予定。このまま夏も履いたままでもよいけど、スタッドレスタイヤは走行音がうるさいし、制動性能も劣るので、夏タイヤに変えました。

その夏タイヤも昨年の段階でディーラーから交換を薦められていたので、新品に買い換えました。これまで履いていたいのが、購入時についていたブルーアース。そして、新しく買ったのがDunlopのルマンVです。

20050301

購入に際していくつか候補があったのですが、燃費性能とウエットグリップのバランスのよさ、そして音が静かだとの評判からこれにしました。Amazonの通販で購入。価格は4本で3万4千円(税込み)ほどした(185/65R15)。このタイヤをタイヤ専門店やカー用品店で買うと倍まではいきませんが、4割くらい高くなってしまいます。かつては通販の本屋だと思っていたAmazonですが、今ではタイヤまで買えてしまうんですね(Amazonのマーケットプレイスではなく、Amazon本体から出荷)。製造年月は2019年の第40~50週でした。

Amazonで安く買えるのですが、送られてくるのはタイヤ本体のみ。ホイールから古いタイヤを取り外して新しいタイヤに付け替える「入れ替え」、重心のブレを調整する「バランス取り」、古いタイヤの廃棄が別途必要になりますが、幸いなことに隣町で格安で、しかも通販で購入したタイヤ大歓迎のお店があったのでそこでお願いしました。しかも、通販の配送先に直接おそのお店を指定してもよいとのことでしたので、Amazonから直送しました。バルブ交換を含めて8千円弱でした。

新品タイヤにしてさっそく乗ってみましたが、段差を超えたときの衝撃音がまろやかになりました。走行音は思ったほど静かではなかったですが、スタッドレスと比較すると明らかに静かです。

この冬にはスタッドレスも新調する予定ですが、このお店に頼もうかな。

 

«リッチェルのビニル製品の修理