2018年6月16日 (土)

洞爺湖マラソン~コース取りが重要

いまさらながら洞爺湖マラソンのネタ~来年以降のためのメモ書きです。
今年の伊達ハーフから投入したガーミン230J、GPSの精度が良くなって大満足です。GPSの補足もたいてい10秒くらいで完了するので、いままでのAresGPSとは全然違います。また、GPS時計が苦手とするカーブが多いトラックコースでもほとんど誤差なく計測してくれます。 高砂1丁目公園でのスピ練習でも、1㎞のラップはほぼ毎回同じ場所で鳴ります。
それでも、本番のマラソン大会で使うと距離がずれることが普通です。伊達ハーフのような非公認コースはそもそも距離が正しくないので、ずれて当然ですが、洞爺湖マラソンのような公認コースでもずれます。ちなみに、ゴールした時のMy時計は42.36kmを示してました。
フルマラソンは42.195mといいつつ、実際の公認コースはこれよりもやや長くなるようにコースがつくられてます。なので、長くなるのは当然なのですが、スタートして、4㎞目付近でもう、GPSの距離と1km毎に設置された距離表示が20mくらいずれてしまいました。
どうしてずれたのか気になっていたのですが、どうやらライン取りが原因だったようです。
マラソンの規則ではカーブでは最短距離になるように、いわゆるアウトーインーアウトで計測されます。なので、馬鹿正直に道なりに走ると遠回りすることになってしまいます。
洞爺湖マラソンでは、スタートしてから昭和新山への分岐点までは全車線規制しているので、右車線も走ってO.K.です。実際、スタート直後は両車線を使って皆さん走ってます。
しかし、温泉街を抜けて、サンパレスの付近になると、左車線しか走れないような雰囲気になります。特に先頭集団は先導車・白バイの後ろをついて走るので、それにつられて左車線を走ってしまいます。私は先頭集団からやや離れていましたが、前を走るランナーは全員左車線を走ってました。 で、この区間でライン取りでどのくらい距離に差が出るのかをジョギング・シミュレーターで比較してました。
比較した区間は温泉街を出て道道の合流地点から、昭和新山への分岐点までの区間です。
まずは、道なりに走った場合
18061603
3.267mとなりました。
つぎに、アウトインアウトで走った場合
18061604
この縮尺だとわかりにくいですが、拡大すると
18061605
こんな感じでインを攻めた走りをした場合です。このときの距離は3.246mとなり、道なりに走った場合よりも20mほど短くなりました。
ガーミンと距離ポストがずれ始めたのが、たしか4㎞地点だったはずなので、これが影響していたみたいです。20m・・・時間にすると5秒程度ですが、ちょっともったいないですね。
ちなみに、この区間から先は片側規制となって、左車線のみになります。カーブではコーンが立てられているので、ショートカットはできません。

風をよむ

一時期暑くなったと思ったら、今週は一転して寒い日が続いてますね。
今週は暖房を何度か入れてます。
この時期の室蘭は海霧と、気象レーダーに映らない雨雲による雨が降ることがよくあります。
予報では曇りなのに、ジトジトと雨が降ったりします。幸い、風が強い日はあんまりないんですけどね。
風といえば、気象庁のアメダスで1時間ごとの風速の実測値を見ることができます。これを見ていると、隣町と風が全然違うことがよくあります。例えば、6月14日の14時の観測値
18061601
室蘭と苫小牧はそこそこ強い風ですが、隣の登別とか白老はほとんど風がありません。それどころか、風向きが正反対です。
どうしてこんなことがおきるのか不思議ですが、マラソン大会の風速予想でいつも愛用しているWindy.comでこのときの風の流れを見てみると、
18061602
全体として北西の風で、石狩平野を通り抜ける風の影響で苫小牧の風が強くなってることがわかります。同じように室蘭も噴火湾を通ってきた風により風速が強くなってます。一方、登別と白老は、ルスツ・ニセコの山々が風よけになってます。さらに苫小牧・室蘭をすり抜けた風が回り込むように流れているので、逆向きの風になっている様子がよくわかります。
走っていると、登別から室蘭に入ったとたんに風が強くなることをしばしば体験しているのですが、こういうことだったんですね。

2018年6月10日 (日)

八雲ミルクロードレース2018

毎年参加している八雲ミルクロードレース、今年も行ってきました。
今年も目標は1時間18分台・・しかし結果は達成できず。
AM5:30起床、6:30出発、豊浦で高速を降りて、8:10頃に会場に到着。去年は八雲まで高速に乗り続けましたが、豊浦で下道に降りても到着時間にそれほど差がないことがわかりました。高速といっても対面通行で70㎞/h制限ですし、取り締まりが厳しい区間でもありますしね。
で、今年はパトカーのお世話にならずに済みました~ほっっと安心。この朝の時間は高速も下道も全然車が走っていません。
会場に近い駐車場は8時半頃には満車になってました。
天気は曇、気温は12~13℃くらいと走るにはちょうど良い天気。風は朝のうちは
それほど気にならない感じでした。
18061003
スタート10分前くらいに整列。皆さん遠慮して第1列目が空いていたので、一列目のイン寄り
を確保できました。

10:00よーいどーん
スタートしてすぐに10㎞の若いランナーが10人くらい飛び出していきます。そして、ハーフの赤いゼッケンは・・・前方にはだれもいない!まさかの先頭になってしまいました。これは意外な展開です。いつもはハーフも速いランナーがいるんですけど、今年はいないようです。そんな予想外の展開に戸惑いながらもそのまま競技場を出てロードへ。

最初の1㎞が3'42"・・・え"ぇ~遅すぎ。抑えてつもりはなかったんだけど、ハーフの入りは、いつもならあと10秒は速いんだけど、これが今の実力なのか!? いきなりテンションが下がる展開ですが、今日は後半勝負! とくに来月の函館マラソンを見据えて、ロング走の持久力を鍛えるのも今日のレースの目的です。

競技場をでてすぐに道路補修のため、砂利道が200m弱続きます(>_<) 石がごろごろしていて走り辛い。
そして、交差点を左折すると、向かい風区間に突入。ここは10㎞のランナーに風よけになってもらおうと思っていたのですが、前方の10㎞のランナーまで離れている。しかも、私の背後に数人のランナーがぴったりと張り付いて、私が風よけに使われてる・・・まぁ、たまにはこういう奉仕活動もいいのかな。
途中で、何人か前方のランナーに追いつきましたが、ペースが違うのでそのままパス。
2㎞のラップは3'46"~砂利道と向かい風があったとはいえ、遅すぎです。
そして、最初の坂道区間に突入。 坂を登っている間に背後にいたランナーさんは次々と脱落したようで、坂を終えた時点では、一人だけ残っていて、並走状態にちらっとゼッケンをみるとハーフの二けたナンバー・・ってことは同年代!?
これは負けられません。

ところが、坂を下り切った頃に前に出られて、じわじわと離される展開に。
平地に戻ってこのコース最大の山場である、第2の坂に入った頃には80mほどの差がついてしまいました。でも、後半勝負でまだ追いつけるとこの時点では思ってました。

この上り坂区間ではほぼ同じペースだったようで、距離は変わりません。そのまま折り返しを通過。ここで後続のランナーとの距離がわかりますが、3番手のランナーさんはナイトランに参加してくださっているもっ君でした! これは後半頑張らないと追いつかれそうな感じです。さらには同じくナイトランに来てくれているコッシーに水さんと、室ランナーさんが上位を占めてます。

下り区間に入ると、トップのUさんとの距離が一気に離れ始めました。カーブの多い区間では視界から消えることもあり、追いつくことを断念、単独走になってしまいました。

16km過ぎ、下りが終わり平地区間になったところで、脚が終わってしまった感じに、
特に四頭筋に疲労感があり、脚が前に出ていかない感じです。辛いながらも必死にペースをキープ。残り5㎞で時計を確認して、なんとか1時間20分は切れそうだったので、それだけが目標です。

ラスト1㎞、最後に力を振り絞ってペースアップ、それでも20-21㎞区間は3'42"
最初の1㎞と同じペース・・・よく言えば、イーブンペースで走れたってことでしょうか。
1時間20分ギリギリ切れたかな?と思っていたら、意外と余裕がありました。
でも去年より3秒遅いタイム・・・これは砂利道のせいってことにしましょうか。

ゴール後に気が付いたのですが、トップでゴールしたのは50代でした。
てっきり年代別2位だと思っていたので、嬉しいような嬉しくないような・・・

抽選会はいつも当たらないので、今年は出ないで帰ろうと思っていたのですが、ホタテ10kgが10人に当たると聞いて、最後まで残ってみました。しかし、何も当たらず~残念。
レースのピッチ分析です。
18061001
坂の登りで遅く、下りで速いのは当然ですが、スタート直後のピッチの遅さが気になります。逆に後半はピッチを上げることで、脚力の低下によるストライドの低下を補っているのかな。

2018年6月 9日 (土)

いちご狩り2018

いちご狩りに行ってきました。去年は引っ越しとか天候不順とかで行けませんでしたので、2年ぶりです。他の果物と違って、イチゴはその日赤くなったイチゴが無くなり次第その日の営業が終了してしまうので、なるべく開園と同時に行くのが吉。午後にノソノソトと行ってもどこも閉まってます。
とはいえ、朝が苦手なので、いつも遅くなってしまうのですが、今日は頑張って8時半過ぎには出発して、1時間弱で壮瞥の果樹園に到着。今年も浜田園にしました。
18060902
入園料は今年から値上がりして1080円、Webクーポン利用で1000円でした。室蘭は朝から霧雨でしたが、隣の伊達からは晴れており、昭和新山がくっきり
18060904
前日は一日中雨だったので、赤くなっている実が少ないのでは?と危惧してました。入園前の説明でも小ぶりのものしかない~とのことですが、実際にハウスに入ってみると
18060901
たしかに小ぶりのものが多いですが、大きくて完熟のイチゴもすぐに見つかります。やっぱ、熟れたイチゴは芳醇な味わいがいいですね。
夢中になって食べていたら、1時間もしないうちにお腹いっぱいになってしまい、退散。
入れ違いで団体客が入ってきました。入り口まで戻ってみると、入園1時間待ちの張り紙が張ってました。やっぱ、開園直後に行くのが正解だったようです。

2018年6月 3日 (日)

今年初乗り!? オロフレ峠へ

洞爺湖マラソン後、左ひざの鵞足炎に加えて腸脛靭帯炎っぽい症状が現れたのですが、チョウケイの方は数日でよくなったのですが、春から抱えている鵞足炎は相変わらず状態が良くないです。
内転筋の柔軟性が低下して、その筋肉の付着部である鵞足部が過度に引っ張られて炎症を起こしている感じです。 ということは、ランで着地のたびに症状が悪化しますが、ペダルを漕ぐだけのサイクリングなら悪化しないはず!? ということで、すっごく久しぶりに愛車を動かしてみました。引っ越ししてから一度も乗っていないので、ロングライドは2016年の秋以来のはずです。 完全に空気が抜けたタイヤに空気を必死になって入れたら、手のひらの皮がむけて痛い(>_<) 電動ポンプが欲しいなぁ。
 
ここ数年のロードバイク業界のことを調べてみると、リアが11速化していたり、ワイドリムがブームになって、タイヤサイズも700×23Cから25Cに主流が変わっているんですね。さらにはロードのフレームでも28Cに対応しているものがでてきているとか。
そもそも私の愛機(TESTACH Cyclo-5)はシクロクロスに分類されるフレームです。これを選んだ最大の理由は700×28Cのタイヤサイズに対応していることでした。もともと通勤用なので、歩道の段差とか排水溝の溝とかを気にせずにガンガン走れるように28Cのタイヤサイズを長らく愛用してます。 このサイズがロードバイクでも異端ではなくなってきた昨今の潮流は大歓迎です。
 
今日のサイクリングコースはオロフレ峠往復の約70㎞ 高低差1000mの比較的ハードなコースです。オロフレ峠を超えて伊達まで行くルートもあるのですが、それだと90㎞を超え、1年半のブランクの体にはさすがにきついと思って止めました。
18060301
登別市内から坂道が始まって、カルルス温泉までは比較的緩い斜度、坂であることをあまり意識しません。そして、カルルス温泉から山頂近くのトンネルまでの約5.5㎞が斜度8~9%の坂が続く最大の難所です。休むことなく延々と続くので坂好きにはたまらないコースです。
フロント50/34tのコンパクトクランク、リアが11-28tとワイドなスプロケなのですが、もう一段低いギヤが欲しいところです。
このコース、交通量は少ないし、絶景が楽しめるのがよいですね。
18060301_2
まだ雪が残ってました。で、旧道に入ったところで通行止めにより展望台には行けませんでした。
18060304
帰宅後調べてみたら、まだ冬季通行止めで、翌日の朝10:00閉鎖解除とのこと・・・半日来るのが早すぎました。
久しぶりに乗ったせいなのか、目の老化なのかわかりませんが、下りでの前傾姿勢+上目遣いで、視界の動きの速さに目が付いていかない感じがあります。しばらく乗っていれば改善するのかもしれませんが、今度乗るのは何か月後かなぁ・・・

2018年5月22日 (火)

ブルーレイ再生専用機~マイナーチェンジ

2010年から稼働しているブルーレイ&DVD再生専用機、もう8年目に突入です。再生ソフトをPowerDVD16にしたところ、ブルーレイやDVDの動きの激しいシーンでコマ落ちするようになり、そろそろ更新かなぁ~と一度は検討したのですが、まだ様子見です。とりあえず再生ソフトをPowerDVD13にバージョンダウンすることでコマ落ちは解消しています。
とはいえ、今のマシンに二つの大きな不満が残ってます。
  1. CPUファンの音がうるさい。
  2. ハードディスクのアクセス音がガリガリうるさい上に読み書きが遅くてイライラする。
特にリビングのフローリングに置いてから音が響くようになりました。使っているハードディスク(日立HDS724040KLS)は400GBと容量は十分にあるのですが、2005年製造ということで、そろそろ寿命的に怪しくなってきました。そんなこともあり、思い切ってSSD(solid state drive)に交換することにしました。CPUファンと共に通販で購入。
18052201
まずは、CPUファン、Corei5-661に付属のファンは結構うるさいです。
18052202
CPUの負荷に応じて回転数を制御する機能を有効にすると多少は軽減されるのですが、CPU負荷が高まるととたんにうるさくなります。で、何か安くて良いクーラーがないか検索したところ、CoolerMaster X Dream i117 が目に留まりました。 古い製品ってこともあり、2,500円ほどで購入できました(Amazon.com)。
取り付け方法はリテールクーラーと同じなのですが、4本のピンを押し込んだときに、ひとつだけ、カチっとロックする感触が弱かったピンがあったのが気になってます。CPU温度は十分に低くて問題なさそうなので放置してます。騒音は19dBAということで、めちゃ静かになりました。
次はハードディスクのSSDへの換装です。 本当はM.2接続のSSDが欲しかったのですが、そのためにはマザーボード、CPU、メモリを交換する必要があり、PC丸ごと買い替えるくらいのお金がかかってしまいます。 しかたなく、従来のHDDと同じインターフェイスである、2.5インチSATAタイプのSSDにしました。 さらに、値段と性能のバランスを考えて、Crucial MX500を購入。ヨドバシで約1万円で購入(ポイント還元を考えると実質9千円)。 SSDは将来マザーボードを交換しても使い続けることができるので、悪くない投資だと思ってます。
交換作業は、メーカーのサイトに丁寧な説明があるので、それに従って行いました。古いHDDからOSごとそっくりコピーするソフトをダウンロードして実行するだけで30分強でデータ移転が完了。移転後は、HDDを取り外して、SSDで起動、問題なくWindowsが起動しましたし、Windowsのライセンスも問題なく認証されました。
18052204
PCケースには2.5インチベイがないので、隙間にとりあえず押し込んでおきました。データコピー直後に触っても全然熱くなかったので放熱を気にする必要は特になさそうです。
交換後は、もちろん無音、100%半導体メモリだから当然ですが、ガリガリ音が全くしないのもちょっとだけ寂しいですね(^^)。 で、速度は明らかに速くなりました。電源を入れてからWindowsが立ち上がって、操作できるまでの時間が全然違います。ベンチマークソフト(CrystalDiskMark 6)で速度を比較してみたところ、交換前のHDDは
20180518
これが交換後のSSDでは
20180521
特にランダムアクセスでけた違いに速くなりました。これで当分はストレスなく使えそうです。でも、このSSDはもっとスピードが出るらしいです。使っているマザーはSATA2(3Gbps)までしか対応していないので、SATA3(6Gbps)で接続するともっと速くなるようです。さらにBIOS設定で通信プロトロルがIDEモードに設定してあるので、これをAHCIにするとさらに速くなるそうです。これは設定を変えて、Windowsのレジストリをいじるだけなので、今度試してみたいと思います。

2018年5月20日 (日)

洞爺湖マラソン2018~当日

洞爺湖マラソン~目標の2時間45分達成できず撃沈しました。

今年も前泊~土曜日は冷たい雨で最高気温は10℃以下と肌寒い天気でした。
18052001
サンパレスに宿泊しましたが、やっぱここの温泉は最高です。ロビーとかも綺麗ですが、客室とか食事とかは普通なんですけどね。

夕食後、特にすることもなかったので10:30には就寝Zzzz...。

AM5:30起床。外を見ると雲一つない快晴!

18052002

 あれれ、今年も暑くなりそうだ。
7時半にホテルを出て、会場へ~ゴール付近に近づくとランナー密度が高まり気分が高揚してきます。
久しぶりに会う知り合いとかとあいさつしたりして8:50頃にスタート地点へ。去年は待機場所でしっかり整列されたんですが、今年は事前に整列させることもなく、かなり集合場所に人が集まってきた時点で道路に案内された。なんとか2列目をゲット。

しかし、かなり後から割り込んできたランナーに前に入られて3列目になっちゃったけど。

日差しは強いですが、去年ほど熱くはないかな?
スタートラインへの移動とプラカードの退避がスタート直前となっていて、ちょっとハラハラ。例年よりちょっと段取りが悪い感じでした。

9:30よーいどーん
無難にスタート、最近、ランの走り始めは膝が痛いのですが、今日は全然痛くありません。
あまり飛ばしているつもりはなかったのですが、最初の1㎞が3'36" オーバーペースですが、まぁ、いいか。前方をみると、トップからパラパラと5,6人いて、それに続いて20人ほどの大集団、私はその集団から少し後方に位置しました。風はほぼ無風だったので、無理に集団に入る必要はないし、集団だと給水が大変なので、このポジションをキープ。ペースからすると集団は2時間40分くらいの目標なのかな?

5㎞通過18:45、0-5kmラップ18'42"(3'44"/km)

5㎞通過は想定通りです。給水が終わってふと気が付くと前方の集団との距離が離れてしまってましたが無理に追わないことにしました。また、ガーミンと1㎞毎の距離ポストがずれしまいました。近くを走る他のランナーのガーミンも私と同じタイミングでラップが鳴っていたので、謎です? 結局このずれはゴールまで続きました。

10㎞通過37:45、5-10kmラップ19'00"(3'48"/km)

10㎞通過もほぼ予定通り、ここまで順調です。前方の集団もすこしばらけてきてきました。何人か後方から追い上げてきたランナーに抜かれたのですが、3人ほどのランナーさんに同時に抜かれたときに声を掛けられました~伊達でも途中まで並走した苫小牧のSさんでした。抜かれはしましたが、すぐに追いつくことができたので、ここからしばらく、3,4人で並走が続きました。

15㎞通過56:57、10-15kmラップ19'12"(3'50"/km)

15㎞通過もややペースが落ちてきますが、まだ想定通り。森林地帯でしたが、向かい風が強くなってきました。ここは前を走るランナーさんを風よけに使わせてもらいました。相変わらず3人ほどで並走状態。登りで抜いて、下りで抜かれる状態が続きます。

20㎞通過1:16:36、15-20kmラップ19'39"(3'56"/km)

森林地帯を抜けた付近でSさんに前を行かれてしまいました。無理したら追いつけますが、後半のことを考えて今のペースをキープ。中間点通過は1時間21分11秒、予定より少し遅れてしまいましたが、向かい風だったし、まだ目標の2時間45分達成には余裕があります。

そして迎えたりんごのへた・・いきなり向かい風が襲います。でも、坂を上っているときって風があまり気になりません。とはいえ、ペースは落ち気味。しかも運が悪いことに前方に風よけになるランナーがいなくて、逆に私の後ろに数人のランナーが・・風よけに使われてしまいました。それでも坂の途中から抜いたり抜かれたりの状態になりましたが、そのころには向かい風は収まってました。そのころ、驚いたことに洞爺湖マラソン連覇中のランナーさんに追いついて追い越しました。今年は故障中だったのでしょうか?

25㎞通過1:37:25、20-25kmラップ20'49"(4'10"/km)

折り返し後、すぐにRockyさんとすれ違いました。これはすぐに追いつかれるなと覚悟。さらには後方から女性の声がすることに気が付きました。

りんごのへたが終わって平地になったころにその女性のトップランナーに抜かれましたが、それと同時にRockyさんにも抜かれました。声をかけて、一緒についていこうかとしましたが、全然ペースが違って、あっという間に離されてしまいました。例年なら、平地に戻ってからペースが戻るのですが、今年はペースが上がりません。

30㎞通過1:57:00、25-30kmラップ19'35"(3'55"/km)

前半区間はアップダウンもあり、ペースが把握し辛いのですが、30㎞を通過してしばらく直線の平地があるので、今のペースを確認できるのですが、4分7秒/㎞を連発~予想以上に遅いペースにがっかり。最低でもここは4分/㎞を切りたかった。でも、全然ペースが上がりません。心肺は余裕があって、ジョグ気分なのですが、脚が全然動きません。これって、4月末のマゾ練習と全く同じ状態、やっぱり本番で奇跡は起きないものですね。

35㎞通過2:17:53、20-25kmラップ20'53"(4'11"/km)

32㎞付近で前方のRockyさんとの距離が縮まったような気がしたのですが、カーブの連続区間に入って完全に姿が見えなくなってしまいました。前後にランナーもいなくて、孤独な走り・・・もう目標の2時間45分は完全にあきらめ。一時は2時間50分も諦めようかとも思いましたが、さすがに思いとどまって我慢の走り。残り5㎞の看板がでてからは、時計を見ながらゴール予想。2時間50分切りが確実になってからは守りの走り。幸い、一度だけ右の内転筋がピクピクしましたが、それ以外は特に危ないところはない感じ。37㎞地点のチームの応援を受けましたが、ペースアップの余地はない感じです。

40㎞通過2:39:19、35-40kmラップ21'26"(4'17"/km)

ここまでペースが落ちるとは予想外・・道マラでもこのペースまで落ちることはなかなかないんだけどなぁ。
国道に合流したところで前方に失速したランナーが視界に入ってきたので、追いつこうとちょっとだけ頑張ってみました。

18052003_2

今年もゴール直前には前後にランナーがいない一人旅状態です。

40-Goalラップ9'18"(4'14"/km)

結局目標より3分半も遅いタイムでゴール、不調だった去年よりも2分も遅いタイムとなってしまいました。

快晴でしたが暑さはそれほど感じませんでした。もともと暑さに強いってこともあり、スポンジとかも特に必要だとは感じませんでした。30㎞以降の失速は、ただただ練習不足、しかもロング走不足ですね。ハーフまでならなんとか誤魔化せますが、やっぱりフルは30㎞までがアップで、そこからが勝負ですね。

前日夜の体重59kg、レース後の入浴後の体重57.5kg 思ったより脱水してました。
沿道からの応援ありがとうございました。

ペース分析をみると、20㎞までは例年通りですが、それ以降の落ち込みが酷過ぎますね。リンゴのヘタの登り区間(20-25㎞)は過去4年間は4分/km前後を維持してましたが、今年は向かい風ってこともありいつも以上に遅くなってます。

18052001_2

2018年5月19日 (土)

洞爺湖マラソン2018~前日

春のレースシーズンの山場、洞爺湖マラソンの前日となりました。PBを出している大会なので、毎年気合を入れて臨んでます。

前哨戦となる4月の伊達ハーフで1時間16分台を出した年は洞爺で2時間41分台を出しているので、今年も狙える・・・と行きたいところだったのですが、鵞足炎を引きずってしまい4月、5月と満足に走り込みをできなかったので、調子は今一つ。先日のこいのぼりマラソンも去年並みのタイムとなってしまいました。

ということで、今年の目標は2時間45分、去年より1分ほど速いタイムを目指します。想定しているペース配分は、過去の実績をもとに、考えてみました。
17052101
スタートロス:0秒
00-05kmペース3'45"/km, 05km通過18分45秒
05-10kmペース3'47"/km, 10km通過37分40秒
10-15kmペース3'50"/km, 15km通過56分50秒
15-20kmペース3'53"/km, 20km通過1時間16分15秒
20-25kmペース4'03"/km, 25km通過1時間36分30秒
25-30kmペース3'50"/km, 30km通過1時間55分40秒
30-35kmペース3'58"/km, 35km通過2時間15分30秒
35-40kmペース4'07"/km, 40km通過2時間36分05秒
40-Goal ペース4'05"/km, Goal予想2時間45分03秒

天気予報は朝から晴れ、日の出とともに気温がどんどん上昇するようです。去年ほどじゃないかもしれませんが、暑くなりそうです。気になる風は、いつものWindty.comによると、
18051901
室蘭は風がやや強いですが、洞爺湖はそれほどの風ではなさそうです。しかし、森林地帯を抜けて平地となる15-20km付近は向かい風になりそう。この区間は集団を探して風よけに使うのがよさそう。でも、この辺になるとたいてい数人の小グループになっていることが多いんだよなぁ。 辛くなってくる30㎞以降はやや追い風ですが、山陰になることと、風速と走る速度が一致して熱気が籠る恐れがありそうです。

勝負服はいつもの感じ
18051901_2
シューズはターサージール5、まだ150㎞しか履いていないので状態は良好です。
時計はもちろんガーミン230Jです。精度も高いので信用することにしてます。設定で画面に表示する項目を選べるのですが、距離、時刻に加えて、スタートからの平均ペースを表示させることにします。これなら、例えば、4分/kmならゴール予想2時間50分って具合に、目標ペースから遅れているかどうかがわかります。 目標の2時間45分で走るのは3分54秒/kmペースが必要となります。

補給食はいつものアスリチューン2個にしました。17㎞付近と30㎞付近で補給予定です。
今まで、レース前に何かしらの痛みを抱えていても、レース中に痛くなることはなかったので(疲労骨折で唯一のDNFとなった2011年伊達ハーフは除く)、今回もあまり心配はしていません。



2018年5月13日 (日)

登別こいのぼりマラソン2018

洞爺湖マラソン1週間前の恒例の地元の大会である、登別こいのぼりマラソンを走ってきました。

予報では曇りのち雨でしたが、AM6:10に起床した時にはすでに路面は濡れてました。ただ、まだ降り方が弱いです。

7:15に家を出て、7時半過ぎには会場到着。雨は降っていますが去年ほど寒くはありません。
18051302

スタート20分前に軽くアップ、4月に入ってから痛めている鵞足炎は痛いけどなんとかなりそう。スタート3分前になっても誰も整列しなかったので、最前列の一番内側をゲット
するとみんなぞろぞろと整列・・・このローカルな雰囲気がいいですね。

このコース、去年までは10㎞より若干短かったのですが、去年はスタート地点が100m移動して、距離が長くなってました。それでも目標は35分台です。

9:00よーいどーん
スタートして100mもしないうちに、よるかぜ、北極星さんの札幌ランナーが前にでます。そして我らが地元ランナーである、Rockyさん、Kさんらで先頭グループ、私はすでについていけず、第2集団に。

1㎞目ラップ:3'27"
第2集団の先頭をキープ。ここまでは悪くないタイム。真横にはよるかぜのKさんがピタリと
並走・・この展開がこの後ずーと続きます。

2㎞目ラップ:3'38"
自分としては3分半ペースで走っているつもりだったので、時計をみてまさかのラップに思わずGPSが狂ったかな?と思いました。 春まで使っていたGPS時計のアレスGPSなら精度が悪いので10秒くらい狂うことはよくあることなのですが、毎秒測位のガーミン230Jで狂うわけないよなぁ!? なんでだろう?体感的には落ちていないんだけどな?と疑問に思いながら走ります。

3㎞目ラップ:3'40"
これで、自分のペースが本当に落ちていることを実感。予定では坂の手前までは3分半/kmペースで行くつもりだったんだけど、予想外にペースが上がりません。先頭集団との距離はどんどん離れていきますが、脱落した一人を抜くことができました。

4㎞目ラップ:3'40"
5㎞目ラップ:3'54"
だめだこりゃ。そして、坂道に突入、今年はあまり無理しないで自然体で登ることにしました。並走するよるかぜのKさんは相変わらず並走状態。
しかし、高速道路を横切ったあたりで急速に息遣いが聞こえなくなり失速したようでした。でももう坂の終盤、差をつけるには距離が短すぎます。
前方をみるとRockyさんの姿が見えましたが、追いつけるような距離ではありません。

6㎞目ラップ:4'25"
折り返し後、下りでは、ピッチを上げて走ることを意識してみました。

7㎞目ラップ:3'20"
坂の途中で後ろから急速に近づいてくる足音が・・やっぱりきたか~という感じであっさり抜かれてしまった。でも、後半の平地勝負に持ち越すためにはここで離されるわけにはいきません。必死で追いかけます。
すると、坂の終盤であっさりと追いついて、坂が終わる前に抜くことができました。

8㎞目ラップ:3'28"
9㎞目ラップ:3'33"
なんだ、平地でもちゃんと3分半ちかいペースでるじゃん。前半のスローペースは
いったいなんだったんだろうか?
18051301
写真提供:Koujiさん

残り1㎞の看板がみえたところで、Kさんがスパート、これについていくことができず。そのままはなされたままゴール。

10㎞目ラップ:3'17"

スタート位置が変更になって、ほぼ距離は10㎞になったようですね。
年代別ではRockyさんに続いての2位、でもタイム差はかなりあります。
団体戦は圧倒的大差でよるかぜさんが優勝、我らはナイトキングスは去年に引き続て2位でした。

平均ピッチは185、スタート直後は200近く、上り坂ではピッチが落ちてました。

****反省点・・というか言い訳*****
1.スピ練をサボっていたのに水曜ナイトランで飛ばし過ぎた。しかもこの日が ピークだったかも、このときの疲労が少し残っていた。

2.金曜に、レースで履く予定のTakumi Sen Boostの試履きランで3分40秒/kmしかでなかったのに、走り方の合わせこみを十分に行わなかった。結局本番でもこのペースになっちゃったし。

3.金曜の夜に酒を飲み過ぎてしまい、土曜日は二日酔いに脱水状態

4.土曜の午後に庭いじりに夢中になって、穴掘りとかにかなり筋力を使って しまった。これは致命的だったかも。

なんか悪いイメージまま洞爺を迎えることになりそうですが、残り1週間で体調を整えてがんばります。

2018年5月 6日 (日)

家庭菜園

春になり、せっかく庭があるので、何か植えようってことになり、今年のGWはホームセンターとか、種苗店巡りをしてました。

最初に買ったのがブルーベリー、これは結局コメリの通販で買いました。寒さに強いハイブッシュ系のチャンドラー2本とデューク1本、当初、チャンドラーだけにするつもりだったのですが、違う種を近く植えると実が多く成るとのことだったので、買い足しました。

植えるにはは石ころだらけで雑草も生えにくい土、ブルーベリーは酸性の土を好むということなので、ピートモスからなる専用の土を購入して植えました。
18043001
これはデュークです。届いた時点で花が咲いていたのですが、今年は結実させないで成長させることを重視したいので、花は摘んでしまいました。

次は、隣町の伊達に行って買ってきたミニトマトとか
18050503
これは近くの生協で買ったものです。
18050502

さらに生協で行者ニンニクの苗が安く売っていたので衝動買い・・・以前から買いたいと思っていたのですが、ホーマックとかの苗は小さい上に高いので躊躇してました。
18050501
これは葉の数からして5年以上経過したと思われるりっぱなもの、これがこの値段はお買い得です。
植えて2週間ほどになりますが、つぼみが出来てきました。

«洞爺湖マゾ練習2018